仕事に慣れない辛さを乗り越える方法を3つ紹介します

仕事上での心の悩み

自分の能力や適性に合った仕事についている人は、いったいどのくらいの数いるでしょうか?

中には一生続けていける職業だと自覚して仕事をしている人もいるのでしょうが、

そうではない人もたくさんいるはずです。

特に新卒の社会人や転職をしたばかりなど仕事に就いてまだ間もない頃は、

仕事に慣れないことが本当に辛く感じるものです。

では、そんな仕事に慣れない辛さを乗り越える方法とはどんなことでしょうか?

その方法を具体的に3つ挙げてみます。

スポンサーリンク



仕事に対してまじめに向き合って辛さを乗り越える

正義感が強い人

仕事の格言のひとつに

「習うより慣れろ」

という言葉があります。

習うことを最初から求めるのではなく、

とにかく経験こなして慣れていけという考え方です。

ただ「慣れようと思っているのに慣れないから辛いんじゃないか」という気持ちが自然とわいてきます。

しかし、そこで心が折れないようにしないといけません。

その辛さを乗り越える方法は

「慣れていけば昨日の自分よりもきっと成長する」

という事実を意識することです。

自分では気づきにくいかもしれませんが、

毎日仕事とまじめに向き合って取り組んでいけば確実に成長します。

 

慣れないような仕事ですからその歩みは遅いかもしれませんが、

成長しないわけではありません。

そのことに希望を持てば、仕事に慣れない状態を辛抱できます。

そして、何か少しでも仕事の達成感を覚えられるようになれば、

少しずつ楽しくなってきます。

また、どういう段取りで進めれば良いのかもわかるようになってきます。

ですので、仕事に対してとにかくまじめに向き合い、

仕事ができる実感を覚えることで慣れない辛さを乗り越えられます。

仕事に関係ない周りの人間に話を聞いてもらう

職場慣れ

仕事が上手くいかないときは、

24時間仕事のことを考えてしまいがちです。

そうすると仕事に慣れない現実を常に意識することになってしまい、

心がとても苦しくなります。

 

仕事のことを考えるのは決して悪いことではありませんが、

いつも考えていたのでは心が休まりません。

心が休まらないとたとえ休日でも落ち着かなくなってしまって、

次に出勤するのを憂鬱に感じるようになってしまいます。

それではますます仕事のことが辛くなってしまいますので、

たまにはリフレッシュ目的の気分転換をしなければいけません。

そこで頼りになるのが、仕事に関係ない周りの人間です。

家族はもちろんのこと、恋人や学生時代の友人でも構いません。

仕事に慣れないことや失敗してしまって落ち込んだエピソードを素直に話すのです。

そうすることで、仕事に慣れないで悩んでいることが相手に伝わります。

その話を聞けば、

誰でも何かしらのアドバイスや励ましの言葉を言うのが普通です。

その言葉は決して目新しいような言葉ではないかもしれませんが、

仕事に慣れなくて辛い思いをしているときには良い薬になります。

また、

よくあるパターンなのが相談した相手も同じ悩みを抱えていた

ということです。

特に相談相手も仕事をしていれば、

自分と同じように仕事に慣れないことに悩んでいるかもしれません。

もしも悩みを打ち明けたことでその事実が判明すれば、

仕事に慣れないことに悩んでいるのは自分だけではないとわかりますので、

それだけでも心がだいぶ軽くなります。

誰かに相談しただけでは根本的な解決にはならないのかもしれませんが、

ひとまず相談することによって他の人の考え方を知ることができます。

それは辛いと思っている気持ちをフッと和らげてくれますので、

とても効果的です。

ですから、仕事とは関係ない誰かに相談するのは、辛さを乗り越える方法としておすすめです。

ビジネス本を買って仕事の上手な進め方を知る

最近では本を読まない人が多くなったと言いますが、

仕事に慣れないことに悩んでいるならビジネス本を読んでみると

問題解決のヒントになるかもしれません。

 

書店へ行けばわかることですが、

ビジネス本が販売されているコーナーにはビジネス本がたくさんあります。

そのジャンルは多岐に渡っており、

営業や事務や販売など職種によって

どんな仕事をすれば良いのかを書いたものや、

管理職や経営者向けのビジネス本もあります。

 

それらを読んで仕事の参考にすれば、

仕事に慣れないで困っていたのが嘘のように

その状況を脱することができるかもしれません。

ビジネス本は仕事で悩み苦しんできた人が

どうやってその状況から抜け出したのかをわかりやすく書いています。

特に自分と同じ業種か職種の人が書いたビジネス本は、

非常に参考になるはずです。

さらに同僚や先輩や上司との付き合い方など、

仕事のうえで接する人間の上手な付き合い方について書いているビジネス本もあります。

それらを読んでおけば仕事に慣れないせいで居づらくなっている職場でも

柔軟に対応できるようになるかもしれません。

このようにビジネス本を読むことによって、仕事に慣れないことの辛さを克服するきっかけになることがあります。

まとめ

新卒で初めて社会人として働き始めたり

あるいは転職をしてまったく新しい環境で仕事をすることになれば、

仕事に慣れないのは当たり前です。

能力や適性の面が仕事に大きく関係してきますので、

仕事に慣れるまでのスピードにはそれぞれで個人差があります。

ただ、その事実がわかっていないと慣れないことに焦りを覚えてしまって、

仕事をとても辛く感じるようになってしまいます。

 

ですが、そこで諦めてしまうともっと苦しくなってしまいます。

  • ですのでまずは仕事に対してまじめに向き合い
  • 時には仕事と関係ない周りの人間に悩みを聞いてもらい
  • さらにビジネス本を読んで仕事の進め方について新しい知識を増やせば

仕事に慣れない状況から一歩前進することができます。

仕事に慣れるまではどうしても時間がかかりますので、

すぐにはこの問題が解決しないのかもしれません。

 

しかし、その状況にへこたれることなくいろいろな方法を試していけば、

辛さは少しずつ和らいでいきます。

仕事に少しでも慣れてくれば仕事をすることそのものがだんだんと怖くなくなりますし、

経験を積むことによって心は強くなっていきます。

仕事に慣れないときはとても辛いかもしれませんがそれを乗り越える方法は必ずあるので、

上記の3つのことをぜひとも頭に入れておいてもらいたいです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ