会社でえこひいきしてもらえる人の特徴

雰囲気の悪い職場
仕事の疑問

あなたの周りにはえこひいきされる人というのはいませんか?

あいつばっかりなんで?

なんでいつもあいつだけ得するんだ…

と納得のいかない人もいるかもしれませんが

そんなえこひいきされる人には共通の特徴があるのです。

今回はそんなえこひいきされるひとの特徴について仕事を例にしてまとめてみました。

スポンサーリンク



素直な性格

えこひいきしてもらえる人の特徴として一番多いのが

「素直な性格の人」

です。

上司に対して逆らったりせず、

横柄な態度で命令されても嫌な顔をせずに「はい」と返事ができる人です。

上司が間違ったことを言ってもその場で指摘したりせず、

後から「あのう、先程の件で確認したいことがあるのですが」とこっそり相談に来ます。

その様な人には上司は普段は意地悪なことを言って一見いじめている様に思えます。

しかし残業をした時に飲みに誘ったり、

誰に任せて良いか分からない仕事を振るなど、

いざという時にえこひいきして貰えるのです。

自分が扱い易い人は仕事を任せても楽ですので、真っ先に名前が浮かんでくるのです。

謙虚な姿勢

新入社員の頃は、仕事で分からないことがあったらすぐに上司や先輩に質問できました。

しかし入社して何年も経つと

「今更こんなこと訊いたらバカにされる」

と思ってそのままにしてしまう人が多いのです。

或いは上司を見下していて、

分からなくても意地を張って質問をせず自分で一生懸命調べて解決させようとする人もいます。

そんな中、分からないことを

「すいません、今更ながら質問してもよろしいでしょうか」

と言える人は、上司から見て可愛いと思うものです。

口では「何だ今まで何を覚えてきたんだ」と言いますが、

頼られるというのは悪い気がしないものです。

人に仕事を教えることで優越感を持てますので、

謙虚な部下はえこひいきされる対象になります。

日頃から「○○、大丈夫か」と声を掛けて貰えたり、

「コレを覚えておけよ」とコツを教えて貰えたりするのです。

気が利く

何かと気が利く人は側に置いておけば便利なので、

えこひいきされ易くなります。

雑用的なことを進んでこなし

「文房具の注文ありませんか」

「郵便局行きますけどおつかいありますか」

等と、自分の用事プラスひと手間かける人は上司から好かれます。

備品をきちんと管理して故障していたり不具合があるものは修理に出しておくなど、

部署内でスムーズに仕事が回る様に気配りができる人もえこひいきされます。

自分の仕事が早く終わった時や、

人がトラブルで大変な時に

「何か手伝うことはありますか」

と声をかけるのは中々できないことです。

普通なら自分の仕事を引き伸ばして関わらない様にするのですが、

そんな時に進んで手伝ってくれる様な人は評価が高くなります。

 

今度はその人に何かあった時に逆に助け船を出してあげたり、

配置換えがある時には責任ある仕事を任せようと考えてくれるのです。

上司からの期待値が高い人は、何かとえこひいきしても育てようとしてくれるものです。

上司と性格が似ている人

上司といっても様々なタイプがあります。

バリバリと仕事ができるタイプの上司の場合、

やはり仕事が出来る部下をえこひいきするものです。

一方のんびりとしていてお世辞にも有能とはいえない上司の場合、

同じ様に鈍感な部下をえこひいきすることもあります。

上司も人間ですので、自分と似た様な性格をしている部下はカワイイものです。

自分と性格が似ていれば、仕事の覚え方や感覚的なことも類似しているので教え易くなります。

コミュニケーションも取り易く、多少きついことを言っても理解して貰える筈だと安心していられるのです。

仕事ができる上司は仕事ができる部下に対して、

自分の仕事を任せて直接ノウハウを教えます。

仕事ができない上司は仕事ができない部下に対して、

能力をに見合った分だけの仕事を与えるので、大きなミスや納期に間に合わないなどのトラブルを避けられます。

但し後者の場合は上司からはえこひいきされても、

自分が成長できない為に昇進や昇給しにくくなります。

人事的なことは上司の力でだけではどうにもならないので、

力のない上司の方針がそのまま本人の実力になってしまうのです。

役員や取引先の親族

当然ながら、会社の社長や役員の親戚や、

取引き先の娘や息子などは無条件でえこひいきされます。

責任がある仕事を任され、

しかもサポート体制もバッチリなので必ず成果に結びつく様になっているのです。

こちらの場合、えこひいきをされているというよりも、

本人が社会性がなく自分の立場に慣れているので自然に非常識な行動を取ってしまい、

それを周囲が黙認しているという方が正しいと言えます。

もしもその様な立場の人とお付き合いをしたり婚約する様なことなあれば、

その人もえこひいきの対象になるのです。

地味でも努力する人

目立った活躍をしているのではないけれども、

毎日地味な作業を黙々とこなしている人はえこひいきされます。

特に女性で、

データの入力がメインでお喋りもせずにひたすら作業に打ち込んでいる人は、

一目置かれる存在となります。

すぐにトイレや給湯室にたむろして噂話に花を咲かせる女性よりも、

いつ見ても同じ体勢で作業をしている人は大切にしたいと思うからです。

この様な人はたまにミスをしたり、急に休みを取っても文句を言われないのです。

逆に帰り際などに上司が気を使って話し掛ける場面もあります。

救世主的な存在

たまに部署内で上司よりも仕事ができる部下がいます。

上司が苦手な仕事を率先して手掛けてくれるのは有難い存在です。

その様な人は常に自分の懐刀として側に置き、会議や外出の際に随行させるのです。

個人的に仕事を流してそれがきちんとできれば、更にえいこひいきをして貰えます。

上司にとって部下が下剋上することに不安感があるものですが、

現在の自分の立場を守る為には必要な存在だと思ったら、打算的にえこひいきをします。

その部下が昇進して自分と同じ立場になると、ガラリと態度を変えて冷たくなるのです。

見た目が良い

男性上司の場合、やはり女性の部下で見た目の良い人はえこひいきされがちです。

見た目が劣る女性と比較して、

少し努力をしただけでも大きく評価されることもあります。

これは好き嫌いですので仕方ありませんが、

あくまで普段の態度でえこひいきをしているのであり、

人事考課的には平等になります。

あくまで会社ですので、派手なメイクや露出の多いファッションではなく、清潔感が大切になります。

顔立ちが整っているというよりも、身だしなみがきちんとしていれば十分です。

スポンサーリンク



ページの先頭へ