あまのじゃくな性格の人との上手な付き合い方7つ

人との接し方

みなさんの周りには天邪鬼「あまのじゃく」な性格の人はいますか?

天邪鬼「あまのじゃく」とは相手が言ったことと反対のことをついしたくなる人や

ひねくれていたりする人のことを指します。

例えば

  • このボタンは絶対に押してはダメ!というとどうしても押したくなってしまう
  • やろうとしていたことを先にやってと言われるとやりたくなくなってしまう
  • 好きなことでも相手と同じものだとその人の前では好きではないという

などなど、なかなかに扱いづらい性格と言えるでしょう。

今回はそんな天邪鬼(あまのじゃく)の人の性格を知り、

どうすればうまく付き合っていくことができるのかについて

記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


天邪鬼(あまのじゃく)な人との上手な付き合い方

デリカシーのない人

可愛い面もあるということを知る

天邪鬼の人はどうしても素直になれないので

可愛くない発言をしたり、

嫌味を言ったりします。

ですが、その部分を除けば本当は普通の人なのです。

ただ、素直になれないので、言い方が良くなかったり

優しく言えなかったりするだけで

思いやりや優しさなど良い面もたくさんあります。

ひねくれた発言が気になってしまうだけなので、その発言は気にしないで普通に接してあげましょう。

天邪鬼だからといってあなたが避けてしまったらもっと天邪鬼になってひねくれた発言をしますよ。

まずは、天邪鬼の人も普通の心を持った人間なんだということを理解してあげると良いですね。

自分が素直になる

世渡り上手

人は付き合う相手に性格が引っ張られてしまうものです。

天邪鬼な人は何かが原因で天邪鬼なってしまいます。

もしかしたら本人も自分が天邪鬼であることを悩んでいるのかもしれませんね。

素直になりたくてもプライドが邪魔して素直になれない場合もあります。

そこで、あなたまで相手に合わせてひねくれた発言をしたり、

相手の言った事にいちいち怒っていたら逆効果になってしまいますよ。

相手がいくらひねくれた発言をしたとしてもあなたはそれに引っ張られないようにしましょう。

そして、天邪鬼の人が何かをしてくれたら素直に

「ありがとう」

といいましょう。

そうすることで天邪鬼の人はあなたに心を許してくれる可能性があります。

まずはあなたが素直になるところをみせつけて相手を素直にさせてみましょう。

あなたの素直なところに引っ張ってあげると天邪鬼が徐々に改善する可能性があります。

普通の人と変わらないと思うこと

天邪鬼の人はただ素直になれないだけで内面は普通の人とまったく変わりません。

素直に自分の気持ちを態度に表したり行動したり出来ないだけなのです。

天邪鬼の人の行動を良く観察していると普通の人とやっていることや考えていることは変わらないのですよ。

まずはそこを理解してあげると良いですね。

何か言われても「普通の人と同じ」と考えて普通に接すれば上手に付き合うことが出来ますよ。

天邪鬼な人に合わせることはありません。

あなたはあなたでしっかりとやる事をやり天邪鬼の人と上手に付き合っていきましょう。

嫌味を言われたり腹がたつ事を言われても「中身はみんな一緒」と思ったら少しのことでは腹がたたないはずです。

言葉の裏を考えてみる

天邪鬼の人は「好きなものを好き」といえない性格です。

人が選んだものと違う物を選びたくなるのが天邪鬼の特徴なのですが、

天邪鬼の人がいると思ったら言葉の裏を考えてみると良いでしょう。

良く考えてみると結局は「好き」と言っていることと変わらない場合があります。

「どうしてそういう物の言い方しか出来ないのか」

と考えるのではなくて

「この言葉の裏にはどんな意味があるのだろう」

と考えると相手の考えていることが分かる可能性がありますよ。

そうすれば「本当は好きだといいたいのにこういう表現しか出来ないんだな」

という事に気がつきます。

そのような事に気が付けば天邪鬼の人と上手に付き合っていけるでしょう。

天邪鬼の人と付き合うポイントは言葉の言うとおりに取らないということです。

そして、天邪鬼の人は自分の本心を誰かに分かってほしいと心の中では思っているので、

そのことに気がついてあげればあなたに心を開いてくれる可能性ありますよ。

天邪鬼な人との上手な付き合い方はあなたが一番の理解者になってあげることが大切です。

適度な距離を保つ事

天邪鬼の人と上手に付き合いたいからといっていきなり距離を縮めたがる人がいますが、

それは絶対にNGです。

天邪鬼の人は警戒心が普通の人よりも強いので余計にイヤなことを言われてしまいます。

嫌な事を言うのは自分の心を守っているサインなので無理に近づかないようにしましょう。

天邪鬼な人は自分の領域に他人を入れるのをいやがります。

ですので、上手に付き合うにはまずはある程度の距離をもって付き合うことが大切です。

ですが、あまりに距離が遠すぎても仕事に支障が出てしまうことがあります。

どうしてもコミュニケーションを取っていかないといけない事もありますよね。

そういう場合は徐々に距離を縮めていくことが大切です。

天邪鬼の人に心を開いてもらうにはかなりの時間が必要でしょう。

根気も必要ですし、傷つくこともあるかもしれません。

ですが、根は優しい人が多いので一度心を開いたら必ずあなたの味方になります。

そして、友達も多くはない方なのでかなり友好的な関係を築く事ができます。

天邪鬼の人は心を許した相手の事は裏切らないので

上手に付き合うには最初は適度な距離を持って接する事が大切です。

そして、徐々に近づいて心を許してもらいましょう。

優しくしすぎない

年上の部下

天邪鬼の人と上手に付き合いたいからと言ってあまりに優しくしてしまう人がいますが、

これは絶対にやってはいけません。

天邪鬼の人は心を開いていない相手にいきなり優しくされると

「何か裏があるのでは」

と思う可能性が高いです。

基本的に初対面や親しくない人の事を信頼していないので優しくしすぎないようにしましょう。

そこまで親しくない場合は普通に接していく事が大切です。

もちろん時には思いやりを持って接する事も必要なのですが、

それは滅多に見せないほうが良いでしょう。

それよりも相手とコミュニケーションを取って心を開いてもらう事が大切です。

一度心を開いてくれたらあなたの優しさも素直に受け取ってくれるようになるので、

最初は少し我慢して普通に接していく事が大切です。

相手のタイプを知ること

天邪鬼といっても色々なタイプがあります。

本当に言っている事とやっている事が逆な人もいますし、

そこまでではないタイプの人もいます。

どのタイプかは最初からは分からないので上手に付き合うためには

まずは相手の反応や行動、言動などを見てみる事をおすすめします。

そのため、最初は第三者として観察してみると良いでしょう。

天邪鬼がひどい人はそう簡単に心を許してはくれませんし、

少しの天邪鬼なら少し仲良くなったらすぐに心を開いてくれます。

まずは相手がどれくらいの天邪鬼なのかを知ってからどう接していくか決めてみる事が大切です。

スポンサーリンク


ページの先頭へ