仕事の馴れ合いが嫌いになってしまう原因とあなたに与えるデメリット

仕事の疑問

仕事というのは、とにかく基本的に人間同士が関わりあう率の高い作業でもあります。

ですが、その人間関係が馴れ合いという規模になってしまうと

ビジネスでの運営上わずらわしいことも多々あります。

  1. 特に仲のいいわけでもないのに毎日ランチを食べに行く
  2. お互いが変に気を使っているため居心地が悪い
  3. 建前だらけのぬるま湯のような関係

などなど、こういったように馴れ合うのが嫌になってしまう場面は多々あります。

ここでは馴れ合いが嫌いになってしまう原因について

考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



仕事の馴れ合いが嫌いになってしまう原因

■馴れ合いはモチベーションをも下げるから

馴れ合いが嫌いになってしまう原因の中で最も重要視されるのが、

お互いが適度な距離感を持てないようになってしまう事です。

 

仕事でのモチベーションも徐々に下がってくる傾向になることも多々あります。

そればかりではなくお互いに礼儀正しい態度を取り続けられないことによって様々な障害も出てくるのです。

 

どこまでが馴れ合いであるか、ということについては自分でもよく考えてみるべきです。

お互いのパートナーシップもうまく連携することができれば

結果的に仕事というのはうまくいくものなのです。

 

ですが、馴れ合いが嫌いになってしまう原因が常に頭の中にあるという場合には、

職場の人との付き合い方がうまくいっていない証拠でもあるのです。

馴れ合いが常に存在することにより、

仕事上でもマイナス面を感じることがあるでしょうし、

馴れ合い自体が嫌で嫌で仕方がないという環境に陥っている状態です。

■馴れ合うとお互いの尊重もしなくなるから

では実際に馴れ合いが嫌いになってしまう原因は、

どのような根拠から成り立っているものなのでしょうか?

例えばお互い頑張り馴れ合い過ぎれば、

互いを尊重するという精神も薄らいでしまいます。

これが仕事上の影響へとつながってしまうのです。

あまりにも馴れ合い過ぎると、仕事の効率も悪くなってくる事でしょう。

馴れ合いの環境にあれば、仕事も押し付け合いになってくるかもしれません。

こういったことが積み重なってくると

結果的にできる仕事がたくさんあるのに

規定の時間までに終えることができないというようなデメリットまでも発生してきます。

■馴れ合いが嫌いになってしまう原因は仕事場以外の時間も取られてしまうから

一緒に働きたくない

馴れ合いが嫌いになってしまう原因になってしまうもう一つの原因は、

職場以外でもお互いがコミュニケーションを取らざるを得ないという面があります。

誰でも仕事が休みの日にはじっくりと休息したいものです。

それでこそ日常的な仕事への情熱も持ち続けることができるのです。

ところが馴れ合いという現象が始まってしまうと

飲み会などに誘われてしまったり

もっと仲良くしようという雰囲気になってしまい

結果的に自分のプライベートな時間まで奪われてしまうことがあるのです

中にはそれを楽しいと思ってしまう人もいるでしょう。

ですが、馴れ合いが嫌いになってしまう原因について常に考えている人は、

そういう環境から脱却したいと願うから今の環境が嫌になっているのです。

やはり人間関係というのは重要な部分ではありますが、

一線を敷いていくということが最も重要になります。

 

そうでないと、コミュニケーションにこだわってしまうあまりに、

仕事もスムーズにこなすことができませんし、

余計な会話をしている間に重大なミスが起こってしまったり、

作業中に事故が起こる可能性までもあるのです。

だからこそ、馴れ合いという状況から脱却しなければならないのです。

■仕事で自分の意見があっても言い出す事が出来なくなる

例えば仕事場で重要な決め事をしなければならないとします。

そしてそれは白黒はっきりつけなければならないことです。

ここで馴れ合いという環境に陥っていた場合、

自分の意見をはっきりと言うことができるでしょうか?

お互いが間に合っている場合には

場の雰囲気に流されてしまい

自分の意見をちゃんと言うこともできないのです。

それが最も会社にとって有利だと感じていても

コミュニケーションというツールがあるので否定することができなくなってきます。

そうなってしまうと、余計な仕事を抱えなければならないかもしれません。

やらなくてもよいことを仕事上で繰り返し行わなければならないのです。

■馴れ合いをやめなければ緊張感が無くなり利益も減ってしまう

仕事場ではお互いの緊張感が非常に必要になってきます。

もちろん仕事上のコミュニケーションはうまくいってこそ、

職場の雰囲気も良くなるというメリットがあります。

ですが馴れ合いの環境になってくるとお互いの利益が少しずつ減ってくるのです。

例えばどこかの居酒屋に入ったとします。

そこは常連客馴れ合う店主が経営しています。

馴れ合いという状況が発生しているので、

新たな顧客が来てもそちらの注文をおろそかにしてしまいます。

そうすると新たな顧客は、

もうその居酒屋を再利用することはないでしょう。

このように馴れ合いの環境が広がりつつあると

結果的に消費者にまでも迷惑をかけてしまうものなのです

仕事というのは結果的に作り手とそれを消費する人で成り立っています。

いつまでも馴れ合いの環境が続いていると、

お互いが甘えてくる環境になってしまいますし、

その馴れ合いの状況によって集客力も減ってくるわけです。

■馴れ合いが持続すると作業効率が悪くなる

仕事の要領が悪い人の改善策

馴れ合いが嫌いになってしまう原因のもう一つの理由は、

作業効率が恐ろしく衰えてしまうという点もあるでしょう。

馴れ合いの環境がさらに悪化してしまうと、

仕事の時間内に余計な話をペラペラと話していることもあるのではないでしょうか?

仕事中にもかかわらず仕事に専念できないのです。

嫌々ながら対応していればそのうちに仕事上でのミスを犯してしまうかもしれません。

だからこそ職場では適度なコミュニケーションの取り方をしていくべきなのです。

まとめ

馴れ合いが嫌いになってしまう原因はこのように

いくつものデメリットがあるからこそ嫌いだと思ってしまうのです。

馴れ合いが嫌いになってしまう原因について

自分で思い悩んでいるのであれば適度に

人間関係のあり方自体を変えていく必要性があります。

そうすれば余計な残業などをしなくて済むことになりますし、

プライベートでも充実した時間を過ごせることでしょう。

このような人間関係を断ち切るのは容易では無いのかもしれませんが、

社会人としてどのようにやればよいのかという事も今一度考えるべきなのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ