目上の人にだけヘコヘコする情けない人特徴と心理

ヘコヘコする人
人との接し方 仕事の疑問

目上の人にヘコヘコで自分より下だと感じている人には「ドヤァ」といったような困ったちゃんには手を焼いてしまうものです。

自分がもし上の立場なら気にならないかもしれませんがそうではなかった場合、一緒にいるだけで疲れてしまいますしヘコヘコしている所を見ると

「情けないなぁ」

「小物感が半端ないな」

などと感じ自分まで恥ずかしい気持ちになってしまうものです。そんなヘコヘコするひとはどういった特徴を持っていてどんな心理でそういった行為を行っているのか?ということについて今回は考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



ヘコヘコする人の特徴と心理

1.自分よりも権力のある人に近づく

目上の人にだけヘコヘコする情けない人の特徴と言われて多くの人がイメージするのが「コバンザメ」です。

媚びる人には、自分よりも権力があり人に近づいていつも一緒にいたがるという特徴があります。

それは自分にとって何かしらメリットがあったり、

一緒にいることで自分も権力があると人から思われたい為です。特に飲み会ではマークした上司の側にちゃっかりと座り、プライベートな話等も聞きだそうとします。

誰に対しても媚びるのではなく、ちゃんと人を選んでいるのです。例えば部署の上司が皆から慕われていてリーダーシップがある場合、その上司に媚びます。

しかし仕事のできない上司だと見限り、その部署でナンバー2に媚びるか、或いは上司の更に上の立場である役員や社長に媚びるのです。

このタイプの媚びる人は、

自分の仕事に役立つ情報が欲しかったり、

異動や昇進に有利になる様に働きかけて貰いたいという心理が働いています。

周囲から見れば明らかに態度が違うので見え見えですが、意外と媚びられている人は気づかずにいい気分になっているものです。

情けないのですが現代社会では処世術として必要なテクニックと言えるでしょう。

2.常に笑顔で接してくる

目上の人にだけヘコヘコする情けない人の特徴として、話し掛けられたらとにかく笑顔で対応するという点があります。
その前にどんなに忙しくて険しい顔をしていても、

「やってられないよ」と文句を言っていても、目上の人が来ると180度態度が変わるのです。

 

笑顔で媚びることで、自分の印象を良くして好感を持たれたいと思っています。

相手のことを事前に調べていて、趣味や相手が興味を引きそうな話題を用意しているのです。

目上の人と話すときにはひときわ大きな声で、笑い声も大袈裟なのが特徴です。

常に他の人よりも自分に多く話し掛けて欲しい、自分は特別な存在になりたいと模索しています。

しかしたまに自分に都合の悪い話題になったり、

目上の人から質問をされて回答ができないこともありますそんな時にも同じ様な笑顔で私はあなたの味方ですのでこれ以上責めないで下さいということをアピールします。

 

このタイプの人の心理としては、ヘコヘコと媚びながらも実は相手を上手に利用してやろうという気持ちがあります。

何かあった時に目上の人のノウハウや人脈を生かして対処して貰いたい、自分の意見が通り易い職場にして欲しいと思っているのです。

自分がミスした時にもなるべく丸く収まる様に、笑顔を絶やしません。

3.人の意見に同調する

目上の人にだけヘコヘコする情けない人の特徴として、相手の意見に反論せず「その通り」と同調するという点があります。

それまで反対意見を述べていても、

目上の人が一声「こうしよう」と言うと、「そうですね、いいですよね」とガラリと態度を変えるのです。

本来ならば自分の考えを述べて討論することでお互いの信頼関係を深めてくものですが、

媚びる人は反対意見を言って対立することを恐れているのです。

「イエスマン」という言葉がありますが、良く考えずに相手の意見に同調する為に周囲からは良く思われません。

 

しかしイエスと言ってしまった後にその仕事を任されて実力が及ばず窮地に立たされることもあります

このタイプの媚びる人の心理として、とにかく自分を信頼して欲しいと思っています。

時間をかけて信頼関係を築くのではなく、手っ取り早く信用して貰い、重要な仕事を任せて欲しいと思っているのです。

しかし残念ながら目上の人から見れば、この様な人は益々信頼できないと思われることになるでしょう。

4.やたらとお世辞が上手

お世辞

目上の人にだけヘコヘコする情けない人の特徴として、とにかくお世辞が上手です。言葉の内容だけではなく、タイミングも絶妙で相手がグッと来る様なことを言います。

取り引き先から契約更新の連楽があった時に「さすが○○さん!」と声をかけたり、

会議が終った直後に「素晴らしいプレゼンで圧倒されました」と言います。

周囲の人から見れば仕事は一人でしている訳ではないので、

その人だけを賛美するのはどうかと思いますが、媚びる人にはそれが分からず、とにかくピンポイントでお世辞を言ってしまうのです。

相手もお世辞だと分かってはいますが、持ち上げられるのは悪い気がしないので「大袈裟だな」と言いながら悦に入ってしまいます。

 

このタイプの媚びる人の心理として、何かの時にすぐに自分を思い出して欲しいと思っています。

目上の人の印象に残る言動をしておけば、

新しいプロジェクトが始まるので誰を抜擢しようかという時に、真っ先に自分を思い出してくれれば良いと思っています。

コミュニケーション能力があること、期待通りに仕事を遂行してくれそうなイメージを与える為に、気に入ってもらいたいと考えています。

5.本音と建前が分かれている

目上の人にだけヘコヘコする情けない人特徴として、

本音と建前が全く違うというものがあります。

本当に相手のことを尊敬している訳ではなく、その意見がベストだと思っている訳でもありません。

内心では「仕事のできない上司」とバカにしていることもあります。

しかしそこを隠して建前で接することで、自分の人生をより良い方向へ操作していきたいのです。

 

本音を言うのは家族か恋愛の相手等限られていて、

殆どの人からつかみどころのない人と思われています。

但し現在媚びている人の他に権力がある人が現れて、反対勢力に回らないかと誘いを受けた場合、

あっけなく寝返る可能性もあります。

 

常に損得で動いているので、メリットがあると思ったら簡単に自分の意見を変えることができるのです。

 

この様な媚びるタイプの人の心理として、自分の本音を知られない方が便利だと思っています。

本音を知られると

「どうしてそう思うのか」

「では提案書を作成してみてくれ」

「資料を集めておいてくれ」

等と面倒な仕事を支持されれる可能性があります。

目上の人の意見に従っていれば、敷かれたレールの上を進んでいくだけで済むので自分にとっても楽です。

自分の本音を隠して仕事ができるのですから、ある意味ストレスを上手にコントロールできてメンタル的にも強い人と言えます。

まとめ

今回は仕事でへこへこする人の特徴や心理について考えてみました。

こうして深く考えてみると、情けないとおもう部分はありますが、

実はこのストレス社会と呼ばれる今の世の中を生き抜くために編み出した

1種の知恵なのではないかと感じます。実際自分にできるかと言われたらそう簡単にできることではないですしね。

もしもそんな方とどう付き合っていけばいいのかわからない!という方がいましたら

仕事でごますりをする人に嫌悪感を抱かないであげて欲しいわけをご覧下さい

スポンサーリンク



ページの先頭へ