仕事が忙しい時期を億劫な気持ちにならずに乗り切る10の方法

仕事が忙しい時期
仕事の疑問

どこで働いていてもその会社なりの忙しい時期、暇な時期というものがあり暇な時期はいいのですが、忙しい時期の事を考えるとげんなりしませんか?

  • これからは残業続きの毎日だ…
  • 明日からは休憩が取れるかどうかわからないほどお客さんが来るはず…

などなどどうしてもこれから忙しい時期に突入することを考えると嫌だ逃げたいという気持ちになってしまうものです。燃えてくるぜー!という人ならいいのですがそういった人は多くはないと思います。

今回はそんな仕事が忙しい時期を億劫な気持ちにならずに乗り切る方法を紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



1. 仕事の優先順位を工夫する

仕事が忙しい時期は複数の仕事を抱えている場合が多いと思うので、今やりたいと感じる仕事から始めたりどうしてもやる気が起きないなら簡単な仕事や得意な仕事から始めて様子を見るなどというように仕事の優先順位を工夫してみましょう。

どうしても面倒な仕事からやらなければと気になってしまいがちですが、やりたくないものからやろうとしても億劫な気持ちの時はなかなかはかどりません。仕事の波にいかにうまくのれるようにもっていくかが肝心です。

2. コーヒーを飲みながらリラックスする

忙しい忙しいと思わず、まずはコーヒーでも飲みながらリラックスしましょう。忙しい時でもこんなに落ち着ける余裕があると思えることで過剰な焦りもなくなりますし、いつも通りの感じで仕事にあたれます。

気持ちが落ち着けば冷静に現状に向き合えるため、億劫という気持ちよりもどう進めるべきかを考えるようになったり、「考えている暇があるならやろう!」と前向きな考えも生まれやすいんです。コーヒーに限らず、お菓子を食べたりタバコを吸ってからでもいいですね。リラックスできる事柄は人によって違いますからベストな方法を見つけてみてください。

3. BGMをかけて楽しく仕事を進める

BGMをかけて楽しく仕事が進められるようにしてみてください。音楽が好きな人ならもちろんですが、それほど関心のない人でも仕事場が明るい雰囲気になって億劫というネガティブな考えが薄らぎます。

忙しいおかげでいつもより好きな音楽を聴く時間が増えたなんて強引に思い込んでみるのもいいかもしれません。せかせかした気持ちなら静かな音楽をかけたり、暗い気持ちになってしまった時は明るい音楽を聴いて自分を盛り上げましょう。仕事がはかどらなくなっては意味がないので曲のチョイスやかける時のボリュームなどにも配慮してください。

4. 集中して早く仕事を終えられる工夫をする

仕事が忙しくて億劫ならその環境から早く抜け出せるように早く仕事を終えてしまえばいいのです。集中して仕事ができるように環境を整えたり改めて気合を入れ直すというのもいい方法ですし、周りの人にも自分の目的を理解してもらいつつ協力を仰ぐようにしてみるというのもいいでしょう。

集中するには自分だけの頑張りや意識だけではどうにもならない時もあります。周りの人に話しかけられることで集中が途切れてしまうことも多いですし、せっかく集中して仕事に取り組んでいるのにノリが悪いなどと誤解されて傷ついてしまうこともあるので周りへの周知も大切です。

5. 同僚や部下に仕事を回して協力してもらう

仕事が忙しい時は無理に一人で抱え込まずに同僚や部下に仕事を回して協力してもらいましょう。億劫な気持ちになる原因は人と比べて自分だけが忙しいと感じているからという場合もあります。

損した気分のまま仕事をしていても楽しくはありませんし、ふて腐れた態度で仕事をしていても周りは助けてあげたいなどと思えません。そうなる前に素直に人を頼って自分の負担を軽くしておくべきです。もちろん頼るばかりではいけませんから、日頃から職場内で頼り頼られる人間関係を築いておくということが大切になってきます。

6. 今以上の仕事は受けないようにする

仕事が忙しい時期はその仕事をしっかり終えるためにそれ以上の仕事を受けないようにします。そのためには相手も納得できるように忙しさを説明できる必要があります。

また、ただ断るのではなくいつならできると提示して請ける時期をずらしてもらったり、他の人と一緒にやらせてもらえないかなどと自分の負担が軽くなるような提案をしてみてください。少しでも億劫な気持ちにならないようにするには自分で自分を楽にしてあげる努力と工夫も必要でしょう。

7. 人から評価されていることややりがいを感じながら働く

億劫な気持ちになるのは忙しく働くことに対して不満があるからです。しかし、大きな仕事やたくさんの仕事が与えられるということは、それだけ人から評価されていたりやれると思ってもらっている証拠です。

ただ単に片付けてしまえと思うのではなく、やりがいを感じながら仕事をするようにしてみましょう。仕事が少ない人を見てみてください。それはつまらなそうな姿にも見え、期待されない自分に劣等感も感じているかもしれません。少なくとも忙しい自分はそうではないのですから、あとは考えようで乗り切るようにしましょう。

8. 落ち着いたら何をしてリフレッシュするか決めておく

今はとりあえず忙しいのならやるしかありません。せめて落ち着いてから何をしてリフレッシュするかを決めてそれを励みに仕事に取り組みましょう。仕事をする億劫さも楽しみに向かって進んでいると思えば楽しみへの過程でしかないと思うこともできます。

やればやるだけ進みますし、そのうち終わりが来ます。終わることだけを考えて集中して進めましょう。

9. 必要以上に出来栄えやスピードを追い求めない

仕事が忙しい時期は必要以上に出来栄えを求めると時間ばかりかかるのでやめるようにしましょう。適当にとは言いませんが無難に済ませればOKということでどんどん先へ進めるようにします。

また、どんどん進めるといってもただ急ぐことだけ考えるとミスが増えて修正などに余計に時間がとられてしまうこともあるので気をつけてください。仕事が忙しい時期は無理しすぎず淡々と仕事をこなしていきましょう。流れるようにスムーズに仕事が進めば億劫な気持ちもそれほど感じないはずです。

10. 要所要所で山場を作る

仕事の要所要所で山場を作ることもおすすめです。例えば、この仕事はここが一番重要だと意識するとその瞬間ちょっとテンションも上がります。

それが終わるとすっきりしますし、気持ちも一旦落ち着くでしょう。単調にただ進めても気持ちがのらずにつまらないと感じて億劫になることもありますから、山場があるとつい熱くなってしまう自分の性格を利用して仕事にメリハリを作るのも飽きずに乗り切る方法のひとつです。

山場を決めれば休憩のタイミングも決めやすくなり、疲れやストレスを抱えたままずっと働き続けるといった心配も減ります。

スポンサーリンク



ページの先頭へ