仕事の邪魔ばかりするむかつく人のパターン別の対処方法を紹介します

仕事の邪魔ばかりする人
人との接し方

仕事をしているときというのは極力集中していたいと思うものです。そんなときに仕事の邪魔をしてくる人というのは案外いるものですよね?

頭を使う作業をしているときなどに声をかけられて、しかも仕事とは関係のない話題だったとしたらあなたはどう思うでしょうか?

当然イライラさせられるでしょう。仕事の邪魔をさせられたと感じ憤りの気持ちが先行して集中力が途切れてしまします。

結果、仕事の時間が多く取られてしまい残業に繋がったり、予定にない忙しさに追われてしまうなど様々なデメリットに悩まされることでしょう。

そんなことが生じたら本当にたまったものではありません。ではどうすれば仕事の邪魔をしてくる人と上手に接して自分の仕事を効率よくこなしていくことができるでしょうか?邪魔をしてくる人のパターン別に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク



自分のストレスを発散するためだけに邪魔をしてくる人

仕事をしていれば当然ストレスを感じます。それをどこかで発散しなければ体はおかしくなってしまうでしょう。とはいえその発散のされ方が自分の仕事の邪魔をされるようであればたまったものではありませんね。

例えば、相手がフラストレーションを抱えているのか「お昼休みを少し早く始めよう!」と誘われて、自分は仕事をどんどん進めたいのに邪魔されているとしましょう。

あなたならどうしますか?断ってしまえばよいのですが例えば上司からの誘いだと中々断りづらいものですね。そんな邪魔してくる上司には怒鳴ってしまいたくなるものですが、ここは頭を働かせましょう。

自分の仕事のノルマをしっかり伝えることで状況を打開することができます。

今行っている仕事はあなたの果たさなければならない仕事なわけですし、会社の運営にもかかわることですから上司は何も言えません。きちんと仕事上の事柄を理由に挙げて断ることが良い方法でしょう。

仕事のスケジュールを守らない為、邪魔してくる人

仕事は大抵複数の人たちによってスケジュールが組まれて進められていくものです。ですから計画を無視するような言動をする人が一人でもいると物事は途端に進まなくなってしまいます。

つまり協調性が求められるわけです。それが社会人としてのルールともいえますが、やはりそこの部分を守れない人はどこにでもいるものです。ではどうしてスケジュールを守れないのでしょうか?

計画性のなさや怠慢な性格があげられるかもしれません。

ということは計画の段階から一緒に立てることが必要になってくるのではないでしょうか。

ですから仕事のスケジュールを守らないために邪魔をしてくる人には、ノルマを細かく細分化させ一つ一つをこなさせて着実に物事が進むようにしていくのが最善といえるでしょう。そうすれば自分の仕事を邪魔されることも最小限度に抑え込むことができます。

自分がトップでいるために邪魔をしてくる人

営業について考えてみましょう。毎日営業に回って売り上げを伸ばすというのは簡単なことではありません。それでずる賢い人は周りの営業マンの邪魔をすることで自分の成績をトップにとどまらせようとたくらむかもしれません。

その場合、自分の営業にも傷がつけられる可能性がありますのでそのような人とは上手に接する必要があります。ではどうすればよいでしょうか?

それは簡単にいえばまともに取り合わないことです。相手が営業の邪魔してくることは自分ではどうしようもないことです。そこに労力を働かせるよりも自分のことに集中すべきです。

 

そのほうが営業売り上げに貢献することができるはずです。嘘か本当かわからないような情報にいちいち耳を傾けていたのでは振り回されるだけです。また自分の欠点を指摘されても気にしないことです。

相手は邪魔することを意識していますから自分が落ち込んでしまったら負けです。相手を邪魔して自分を守ろうとする弱い人間と思って相手にしないことです。

めんどくさいことを他人に任せきりにして仕事の邪魔をしてくる人

仕事には当然面倒な部分も含まれていますから誰かがしなければなりません。責任が求められるような仕事は特にそうでしょう。仕事の邪魔をしてくる人はそういう仕事は自分でやりたがろうとはしません。

責任が求められる仕事は慎重さが求められてストレスになりますし時間が取られることもあるでしょう。ですから必然的に自分の仕事量が増えてしまいその日のノルマがきつくなってきます。

どうすればそういう面倒な人とうまく付き合っていくことができるでしょうか。それはあなたがきっちり線引きをすることです。考え方によってはあなたが引き受けるためにこのような状況が生じているともいえるでしょう。ですから出来ない仕事であるとはっきり伝えることが大切です。

 

そのあなたの強い意志で、面倒なことは他人任せで仕事の邪魔をする人とのはっきりした距離を保つことができ、少なくともあなたに面倒な仕事がいくことはなくなるでしょう。

自分の立場を守ろうとして仕事の邪魔をする人

自分の身を守るため相手を攻撃して会社を辞めさせようとする人は確かにいます。だからといってあなたがその被害者になる必要はありません。しかし攻撃の的が今あなたになっているならどうすればよいのでしょうか?

それはとにかく逃げることです。なぜなら自分の立場を保守しようとする人は自分のことしか考えていないからです。あなたがその人より仕事ができる場合、当然仕事の邪魔をしてくるでしょう。

それをうまくかわしていくしかないのです。仕事上関わらないといけないのならその部分だけの最小接点にとどめます。プライベート、例えば食事を共にするなどということはする必要はありません。

 

そんなことをすればあなたを攻撃してくるでしょう。できるだけ相手を避けて仕事を行うのが良い方法です。それでも邪魔しようとする人には会社の相談窓口に届けるくらいの気持ちでいましょう。

まとめ

仕事上の付き合いとプライべートの付き合いは全く違うものといえるでしょう。

ですから自分の仕事の邪魔をしてくる人といちいち相手にして仲良くなることを求めるのはビジネスにおいてマイナス要素を抱えることになりかねません。ですから自分の仕事に集中するため、邪魔してくる相手を仕事上問題にならない範囲で避けていくことが良い方法といえるでしょう。

あなたの成績や信頼を誰かが代わりに果たしてくれるわけではないのです。自分の身は自分で守る意識が邪魔する相手とのふさわしい距離感を作ってくれることでしょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ