仕事に誇りが持てない人必見!誇りを持って働いている人の共通点

仕事に誇りをもっている人の共通点
仕事の疑問

今の世の中で自分の仕事に誇りをもっている人は一体どれくらいいるのでしょう。

あなたはどうですか?誇りをもって働いていますか?自分の仕事に誇りを持てれば毎日は楽しく面白いもの、刺激にあふれた日々になるに違いありません。

ですが誇りを持って働くと自分の中で決断したとしても肝心などうすれば誇りを持って働くことができるのかを理解していないとどうすることもできません。

ですので今回はそんな仕事に誇りを持っている人の共通点を紹介するので、自分が仕事に誇りを持つためにはどうしていけばいいのかのヒントをみつけてみましょう。

スポンサーリンク



何のために働くのかを理解してる

今している仕事はどんな目的を達成するものとなっているでしょうか?

将来の自分のためになっているでしょうか?

ある人にとってそれはお金を貯めることかもしれません。またある人にとっては名声を得ることかもしれません。またまたある人にとっては歴史に名を残すことかもしれません。

このことをじっくり考え答えを導き出せた人はその仕事に誇りを持てることでしょう。そしてどんな仕事を始めたとしてもその仕事で苦闘しながらも喜びを得ているはずです。

なぜなら目標があり、その過程にある苦しみや悲しみは意味があるからです。目標もないまま苦しみや悲しみだけを感じていてはただただ心が疲れるだけです。

ですから大切なのはその仕事を行う理由を明確にし、その目的に向かって人生を走り始めることです。

仕事の社会的価値を認識している

今している仕事が社会的にも価値のあることであると認識できるとその仕事にやりがいを感じるものです。ですから少しでもその仕事の社会的意義を見出すよう努力している人は誇りをもって働いていることでしょう。

例えば企業は植樹を目標に掲げます。しかし木を植えることはその企業にとって何の利益も生み出さないかもしれません。ではどうしてそんなことをするのでしょうか?

それはそこから社会的価値を見出せるからです。会社が社会に貢献できていると認められるとき、その認知度は好意的な会社への認識に変わります。このことからわかるのは、人は多くの人から認められるために働き、それを達成するときその仕事から誇りを持てるということです。

いつになっても夢を持っている

高度成長期の日本において多くの企業は誇りをもって仕事を行っていました。自分たちの製品の将来性を見ることができたからです。

実際成果にもそれが表れています。そこには夢がありました。小さな会社でもいつかは大きくして日本の経済を支える存在になると考えて頑張った人たちも多いことでしょう。

この、「夢」を持つことが人を強くしてきたのです。そして誇りを与えてきたといえます。仕事そのものは大変で労力を傾けなければならないことも多かったはずでし失敗も沢山したことでしょう。

ですが自分のしている仕事に誇りがあったので頑張れたのです。現代においても、例えばITのようなこれからもっと伸びる世界で働く人たちは夢を持っていることでしょう。

誇りを持ち問題が多くてもそれに立ち向かっていく強さを持っています。その強みは物事をプラスに転換させていくのです。

仕事が出来ていることを当然とは考えない

誇りだけを持っているなら尊大になって技術はあっても仕事のない人になってしまいかねません。ですから今行っている仕事は当たり前に行っているものとは考えないのが本当の誇りをもって仕事を行う人といえます。

もちろんプライドは誰にでもありますから譲れない部分も持っていることでしょう。しかし感謝の気持ちや相手への敬意を払って初めて誇ることができるともいえます。仕事への誇りと優越性を抱く誇りとは違うのです。

現実にも目を向けている

仕事に誇りを抱いている人は現実も直視しています。けっして夢追い人で終わっているわけではありません。自分の能力が仕事を行ううえでどれほど足りないのか、またどの部分が弱く向上させていかなければならないのか、こういったことをよく考えています。

給料制で働いているとしてもその賃金に見合った仕事を自分はしているのか。自分にはもっとふさわしく働ける場所があるだろうか、とも考えています。もちろん理想も大事ですが、こういった現実を直視することは自分の仕事への取り組みにも少なからず影響を与えてきます。

もし理想と現実がリンクするならそれは本当にベストの仕事、生涯をかけて働くことのできる誇れる仕事といえるのかもしれません。

この仕事は自分だからできるものと考えている

簡単で誰にでもできる仕事は確かにあります。単純作業ですから何も考えなくてもよいでしょう。もちろん仕事への取組み方次第で単純な仕事からも誇りを持つことはできます。

しかしこの仕事は自分だからできるものと思える仕事に巡り合えるならもっと誇りをもてる仕事になるのではないでしょうか。単純作業よりももっと情熱を傾けやすくなるはずです。

仕事への情熱はその人を魅力的なものにさせます。その魅力は人を惹きつけるものとなります。そしてその人は輝くのです。この流れを考えてみるなら仕事に誇りを持てる人はそうでない人よりも幸福感や満足感を増し加えているに違いないと考えることができます。

全力投球

仕事に誇りを持つということはその仕事に熱中できることを意味します。なぜなら実績もあり自分にはできるという自信もあり集中力も半端なものではないからです。

また誇りがありますので中途半端は許せません。適当に済ませようとする人とは全く人種が違います。誇りを持つ人はそうでない人よりも、よく考えて仕事を行うことができます。

仕事を良いものにしようという思考が常に働いているからです。その自主性によって仕事はさらに良いものへと変化していきます。結果として抱いた誇りはさらに確信に変わっていくことでしょう。仕事への全力投球によって本当に多くの良い面を浮き彫りにさせていくことがわかります。人間力も成長させることができるに違いありません。

まとめ

今の仕事に誇りを持てないでいる人はぜひ自分の仕事をしっかり見つめなおしてみてください。それは現実を直視しながらも可能性に目を向けるということです。

そして少しでも夢や将来に可能性が見出せるのならその仕事に没頭してみることです。そうすれば自然とその仕事に対する誇りの気持ちが湧き上がってくるのを感じるはずです。

それはあなたを輝かせ魅力的な人へと変身させるものとなるでしょう。それは魔法の道具のような働きをすることになるのです。この点で簡単にあきらめてしまってはなりません。

誇りを持つというのは自然と湧き上がってくる感情ではなく努力や経験によって身に付くものだからです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ