謝らない人の心理を知り上手に付き合うための7つの方法

謝らない人
人との接し方

謝らない人…結構いますよね?あきらかに嫌な思いをしているのにも関わらず普通に接してきたり、ずっと黙っているだけで謝罪の一言が出てこなかったりと仕事プライベート問わずどこにでも謝らない人というのは存在するものです。

プライドが邪魔していたり相手を下に見ているからこそ謝らない、恥ずかしいから謝れないなどさまざまな理由はあるとは思いますができればそんな方とは一緒にいたくないのが本音。

謝るという気遣いが少しでもあればお互い気持ちのいい付き合いができるのにそれができないとなると一緒にいるだけでイライラしてしまったり、喧嘩の原因になってしまうことでしょう。

しかし、仕事などでは嫌でも付き合わなければいけない場面があるものです。今回はそんな時に謝らない人と上手に付き合う方法を謝らない人の心理とともに考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



 

100%自分が悪いわけじゃないから謝らない

謝れない人でよく見られるパターンとして、自分には非がありながらも相手の非を指摘するケースがあります。そしてその相手が非を認めない限りは、自分も謝る必要はないと考えるわけです。

この場合、自分に落ち度があることは認めていることになります。けれどもその原因の一旦は相手にもあると考えることで、自分の落ち度は不可抗力であるとも考えるわけです。

このような人との付き合い方としては、まず自分から謝るという方法があります。謝れない原因はそこにあるので、相手から先に非を認めてくれさえすれば自分も謝るきっかけが出来るというわけです。

ポイントとしては自分「も」悪かった。という部分を少し大げさにでもいいのでアピールしましょう。そういった方はきっかけさえできれば自分も悪かったと言ってくれる人が多いので、謝られないということで不満に思うことが少しは減ることでしょう。

謝らない人は実は傷つきやすいので自分を防御する

謝らない態度を見ると気が強そうに思えるものですが、実は精神的に非常に弱いために自己防衛として誤らないという人がいます。自分の非を認めたら最後、激しく非難されて心理的なダメージを受けてしまうということを怖れているわけです。

何よりも怒られること、避難されることを怖れているので、そのようなことはしないと明言することが大切です。誰でも失敗はありますし、それも故意に行ったわけではないことは分かります。それを前もってきちんと伝えた上で、建設的に話をしましょうという姿勢で臨むことが大切です。

相手の防衛心を少しずつ無くしていくことで、素直に謝ることができるようにしてあげることができます。このように、起きたことをどうこう言うのではなく、今後のために原因を把握しておこうというスタンスで話をすることが必要です。

感情的になり謝るタイミングを無くしている

何かにつけて感情的になる人は、自分に非があると理解しつつも謝らない傾向が見られます。自分が避難されていると感じることで怒りの感情が生れ、謝るどころか逆に怒り出すというわけです。

そして屁理屈をこねて自分の正当性を強調しようとします。このような人とその場で議論をしようとしても、話は平行線をたどり問題の解決にはならないことが多いものです。

このような場合には、タイミングをずらして話をする必要があります。感情が収まった頃を見計らって、静かに話を切り出すことが必要です。またミスの原因を追究するのではなく、同じようなことを繰り返さないために何をすれば良いのかというスタンスで話を切り出すことが大事です。

また、再び相手が感情的になったとしても、こちらは冷静さを失わないことが必要です。相手に飲まれることなくペースを保って、話を進めるようにしましょう。

プライドが高い

これまで特に挫折することなく順風満帆に生きてきた人は、プライドも高くミスをしても謝ることが無い傾向があります。失敗したことは認めつつも、謝罪の言葉もなく対処するというわけです。

このような人から謝罪の言葉を引き出すのは、非常に難しいものです。謝って欲しいというのも、一種の感情です。結果的にミスの原因を特定し、それが繰り返されなければ良しとするクレバーな考え方も必要になります。

このようなプライドの高い人は、謝らない代わりに同じ失敗をしないことには注力します。とにかく自分に非がないようにしたいという意識が強いからです。

そこで謝罪の言葉を引き出すのは諦めることが必要です。その代わりに同じミスを繰り返すようであれば、きちんとそれを指摘することが必要です。それだけで相手は、自分のプライドに傷をつけられたと感じてしまうものです。それ以上追求すると、もめごとにもつながるので注意が必要となります。

謝ることが潔いことを知らない

例えば部下の育成のために、きちんと謝ることを教えなければいけないこともあります。自分の非を自分自身が認めなければ、成長にはつながらないからです。

そして若い部下の中には、謝ることは負けとイコールであると考える人もいます。そこで、上司として感情的にならず、素直に謝ることで自分自身が成長するということを教えることが大切です。

謝ることは負けではなく、むしろ潔く恰好の良いものであることを教えることも必要です。そして非を認めずに成長しないことの方が、よほど格好の悪いものであると理解してもらうことが重要です。

人格否定されてきた人

人は環境によって変わっていきます。失敗した時に、人格否定されるほどに避難されてきた人は、自分の身を守るために謝らないようになるケースもあります。

 

このような人は拒絶する姿勢も見せるために、注意する立場の人から見るとつい感情的にもなりがちです。けれどもそのような感情を持って注意をしてしまうと、かえって逆効果となるものです。

まず怒るということはもちろん、叱ることも避ける必要があります。起きたミスは決して故意に起こしたものではないことを理解しているという姿勢を見せることが大事です。その上で、今後同じような失敗をしないために、どうすれば良いのかを一緒に考えようというアプローチで話すと良いでしょう。

責任を相手だけに負わせるのではなく、共に背負うくらいの姿勢を見せることで素直に応じてくれるようになります。

本心から自分に非がないと考える人

最も難しいのはこのタイプです。これまでは少なからず、自分の非は認めているのが特徴です。けれども中には、失敗をしても自分自身で自分には責任がないと思う人がいます。

何かしら周囲に責任があり、その結果たまたま自分がミスをするような事態になってしまったと考えるわけです。例えばきちんと教えてくれないのが悪い、前もって注意をしてくれないのが悪いと考えるわけです。このようなタイプの人は、あまり深くつっこんで話をしようとしてもらちが明かないものです。

そこで最終的な責任だけを持ってもらうように手はずを整えておくことが必要です。つまり、自分自身でミスをしないようにする必要性を感じるようにしておくことが必要になるというわけです。

かなり面倒ではありますが、周囲に責任を転嫁しても意味がないことを実感できるようにしなければ、同じようなミスをいつまでも繰り返すことになります。謝るか否かは問題ではなく、相手が何をしなければならないのかを考えさせるように、こちらが工夫しなければいけないというわけです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ