性格の悩み

個性がない人が個性を身に付けるための10の方法

投稿日:

自分は取り柄がないよな…特に秀でた能力があるわけでもないし個性があるわけでもない…と悩むことはありませんか?

ではどうすれば取り柄がないことから抜け出すことができるのでしょう?今回はそんな取り柄がないことから抜け出し自分の個性を見つけるための方法を考えていきます

スポンサーリンク



個性を身に付ける方法

資格を取って自分の肩書きを増やす

個性がないなら資格を取って自分の肩書きを増やしましょう。

その資格が直ぐに役立つものではなくても

「○○ができる人」

「資格取得に興味がある人」

という個性が生まれます。

それは何事にも前向きで自分に自信があるようにも見え

、個性的な人間と思われるきっかけにもなります。

個性を強く見せたいなら人が持っていない資格や難しい資格にも挑戦して自分をどんどんアピールしていくべきです。

やる機会を与えてもらう

個性を身に付けるには仕事などをやる機会を与えてもらわないといけません。

機会がなければミスも起こりませんが手柄も発生しません。

「何でもやらせてください!」

と日頃から宣伝しておきましょう。

友達にも合コンをお願いしたりなど、

何かが起きるチャンスを作ってもらいます。

機会が訪れた際はやる前から諦めたり拒絶したりすることなくまずはやってみようという考えを持つようにしてください。

そこで成果は出なかったとしても自分のやり方や考えを見せることで人に個性を感じてもらうことができ、

頭を悩ませることで自分なりの色ができあがっていきます。

魅力を知ってもらえばまた次の機会も訪れることでしょう。

できるだけ自らの意思で参加するようにする

個性を身に付けるには与えてもらうのを待つばかりではなくできるだけ自ら参加するようにします。

いつも積極的に取り組んでいれば周りも

「またあの人に声をかけてみようかな」

となりますし、

自然と人脈も広がっていくのでチャンスも増えます。

積極的に行動するということ自体も立派な個性と言えます

取り柄がないからといって守りに入らずに責めましょう。

責めることができる自分に自信が持てるようになると、

挑戦することに慣れていくので手柄や成果もきっと得られます。

得意なことをさらに伸ばす

取り柄がなくても得意、好きだと感じていることはあるはずです。

人から取り柄とまでは言われていなくたって

自分で得意だと感じていることや

ちょっとでも褒められたことをさらに伸ばすように努力してみてください。

苦手なことをできるようにするよりも

その方がずっととっかかりやすいはずです。

また、得意なことの方が努力する苦痛さもありません。

得意なことをさらに伸ばして目立たせるようにすることで

人にも気づいてもらえますしより魅力的に見えます。

逆に、得意なことがあっても

活かさなければなかなか気づいてもらうこともないので気をつけましょう。

取り柄がなくても目立って悪いところもないならイイ

取り柄がなくたって目立って悪いところがないならそれもイイと思いませんか?

取り柄がないと言われる部分だけを気にし過ぎているのかもしれません。

目立って悪いところがないのなら「何でもそれなりにできる人」なのだと判断しましょう。

特にできないこともないなんてむしろ最強です。

「そつなくこなせる人」として自信を持つようにしましょう。

そつなくこなせる人もまた個性と言えると思うようにしてみてください。

話術や人柄で人気者になる

取り柄がないなら話術を磨いたり人柄で勝負しましょう。

人気者になってしまえばチャンスも多く与えられますし自分を好きになれます。

そして、チャンスがきた時に逃げずにやってみようと思えるようになり、

少しずつ個性を身に付けていけるのです。

仕事ができても人付き合いが苦手な頑固な人からすれば人気者は羨ましい存在なはずです。

取り柄がないと自分で勝手に思っているだけで、

もうすでに立派な取り柄を身に付けていると言えるのではないでしょうか。

できないことを素直に認められることも個性のひとつ

できないことを素直に認められるということも個性のひとつだと考えます。

できないことが多いなら素直に認めてどんどん教えてもらえばいいのです。

できないことが多いということはその分伸びしろも多いわけで、

成長する可能性が十分にあります。

逃げたり否定するよりも素直に向き合って一歩ずつ前に進んでいきましょう。

その誠実さや努力を個性として認めてもらいながら本当の自分らしさを身に付けていけばいいのではないでしょうか?

一見役に立ちそうにないことも突き詰めれば個性となる

一見何の役にも立ちそうにないことでも人より突き詰めれば個性となります。

自分の趣味をもっとやりこんでいくとか、

くだらないことやささいなことでも長く続けていることを今後も続けていってみましょう。

徹底的にやればその分人の目にとまりますし人と差が生まれます。

また、長く続けるだけでも「○○をずっと続けている人」という個性となります。

取り柄とはならなくたって

個性を身に付けることはこだわることで可能となります。

 

 とことん外に出る、またはとことん引きこもる

とことん外に出る人はそこで新たな発見をし、

感化されてどんどん成長していけるということもあります。

外に出る楽しみを覚えることで旅行やアウトドアといった趣味もできてそれも個性とみなされるようにもなります。

出ることで人に会う機会も増えますから、

個性が身に付くような挑戦や経験のチャンスも多く得られるというわけです。

一方で、とことん引きこもることでも得ることはあります。

テレビをたくさん観たりゲームをすることで芸能人やゲーム攻略などにも詳しくなり、

知識を磨いていけます。

詳しくなったことを活かして仕事に結びつけたり人と会うような機会も作っていけるかもしれません。

家での時間があるからこそ手芸や料理といった

時間のかかる取り柄も身に付けていくことが可能です。

どちらかの世界でとことん生きてみるというのも

個性を身に付けるためには役立つことでしょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-性格の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.