仕事が不安と感じる5つの原因と原因別の改善策

仕事の不安の原因
仕事上での心の悩み

誰にでも仕事をしている時に不安を感じる事はありますよね?

要因は様々あるかと思いますが逆に不安要素はないということはないのではないでしょうか?

誰でも感じることがあると言っても、あまりにも不安になると体調にまで影響が出てくるため、できることなら取り除きたいものですよね。

今回はそんな仕事で不安を感じる原因と原因別に改善策を5つ紹介させていただきます。

スポンサーリンク



仕事で不安を感じる原因

1.人間関係による不安

愚痴が多い人

仕事をする上で他人とのコミュニケーションは欠かせないものですが

相手によってはウマが合わないなんてことは少なくありません。

特に上司と相性が悪い時は常にピリピリとした空気を感じ、

それがプレッシャーになってしまうものです。

こういう場合の改善策はとにかく上司の存在は仕事中は忘れて仕事に集中することです。

目の前にある仕事のことだけを考え、

近くに上司がいても見えないフリをして話しかけられるまでは一切気にしないようにしましょう。

上司もあなたが集中していれば話しかけるのも戸惑い、

余計な言葉はかけてこないものです。

しかし仕事に余裕がなくソワソワしていると上司もあれこれ言ってくるので、余計にそれがプレッシャーになってしまうのです。

他にも職場に苦手な先輩や同僚がいる場合も同じように、

話しかけれられまでは視界に入れないようにすると意外と気にならないものですよ。

人からのプレッシャーはその相手との距離を自分でコントロールするのが一番です。

2.責任感による不安

昇格して部下を持ったり、

プロジェクトチームのリーダーに抜擢されるなどすると「自分に務まるのだろうか」という不安に押しつぶされそうになる方は意外と多いものです。

周りの期待ほどに自分という人間に自信がないために起こってしまうもので、

その立場に慣れるまでは不安な気持ちが続いてしまい

そのせいで胃が痛くなってしまうかもしれませんね。

この場合の改善策はとにかく慣れるしかありません。

「自分にしかこの役は務まらない」という確固たる自信を持つために、まず始めに態度を改めましょう。

 

不安な気持ちを抱えた姿を部下や同じチームの人が見たらどう思うか

客観的に自分を見つめてみるのです。

もし自分の上司がいつも頼りない態度だったらどう思いますか?

この人に付いていっても大丈夫かと不安に思いますよね。

つまりはそういうことで、自信のある人間は周りの信頼感も上がるものなのです。

そして信頼を寄せてくれた人は本人の意見もあなたに素直に伝えてくれるため、

その後の仕事もスムーズに進みサポートなども安心して任せられるようになるのです。

あなたの態度が自信に満ちていれば、周りも釣られて「頑張ろう」と思ってくれるため、あなたにとってもプラスになり気持ちも楽になりますよ。

3.漠然とした不安、理由が見つからない不安

仕事がうまく行かない

どうして不安なのかと人に聞かれても説明できない不安感というのは、

仕事というよりも本人に原因がある場合が多いものです。

子供の頃から学校でも不安を感じることが多かったという人は、

他の人より心が繊細で傷つきやすいのです。

家庭環境や子供の頃の友人関係など理由は様々ですが、

失敗をして怒られた経験が多かったり逆らえない相手が近くにいたなど何らかの原因が今の状態に繋がっている可能性が高いです

 

しかしこのタイプの強みは仕事に慎重で、

最初はなかなか覚えられなくても一度覚えると誰よりも力を発揮するところにあります。

また、部下ができた場合にも怒鳴ったりせず優しく接してあげるため、

すぐに信頼関係を築けることでしょう

。一度自分が上の立場になってしまえば職場の環境はとても良くなり、

いつしか不安は消えていきます。

今は仕事で不安を感じるのだとしても時間が解決してくれるため、とにかく仕事に慣れることを優先してみましょう

4.吐き気や頭痛がする場合

一言で不安と言っても人によっては感じ方が違うものです。大抵の人は心臓がドキドキしたり手に汗をかいたりするものですが、

こういう緊張感から来る不安は誰にでも経験があるものです。

しかし頭痛や吐き気、めまいなどの体調に明らかに問題がある場合は呑気なことを言ってはいられません。

何故ならば「うつ病」を患っている可能性が否定できないからです。

職場で新人時代に不安を覚えるのは誰にでもあることですが、

いつまで経っても不安で仕方ないという場合は一度心療内科で相談することをおすすめします。

仕事での不安だけではなく、

今まで好きだったものにも興味がなくなっているような状態が続いているようであれば時は一刻を争います。

うつ病は放っておくとどんどん状態が悪化してしまい、

改善するために何年も無駄にしてしまうようなことも多いからです。

身に覚えのある人はうつ病のチェック表(検索すればいくつも見つかります)などで今の自分の状態を一度しっかり確認しておきましょう。

5.新しいことに挑戦する際の不安

仕事をしているとどうしても避けられないのが、新しいことを覚える場面です。

初めての仕事は誰でも覚えるまでは大変ですし、

自分に合っていないのではないかと不安になることも多いものです。

転職してまったく違う職種に就いた場合なども、

最初の数ヶ月は毎日ドキドキしながら作業を進めることになるでしょう。

この新しいことを覚える時に感じる不安感は、

人間ならばごく当たり前の感覚で仕事だけではなく他の多くの場面でも感じることは多いものなのです。

だから新しいことにチャレンジする際に不安を感じても心配しないで下さい。

不安に感じるということは緊張をしている状態ととても近いのです。

もしも初めての場面で緊張感もなしに挑めば、

とんでもない失敗をしてしまうかもしれません。

新しいものに挑む場合、ある程度の緊張感は必要不可欠なものなのです。

デスクワークのような命に関わる危険性の低い仕事ならばまだ良いのですが、

大型車両の運転や機械の操作などを最初から緊張感もなしに行って、

もし大失敗するとどんな結果になるでしょうか?

想像するだけでも恐ろしいですよね。

そういう意味でも、あなたが新しいことを始める際

仕事で不安を覚えてもその不安は決して無駄なものではなく、

しっかりと覚えるために必要なものなのだと覚えておいて下さい。

まとめ

仕事で不安を感じる原因

  1. 人間関係が不安
  2. 責任感
  3. 漠然とした不安
  4. 体調不良につながる不安
  5. 新しいことに挑戦する不安

5つをを紹介させていただきましたが、

環境によるものや本人の性格によるもの、

また必要な不安感など不安にも種類がいくつかあることがわかっていただけたでしょうか?

あなたの感じる不安がどういう原因なのかがわかれば今後の対策もわかりやすいですよね。

仕事をする上で緊張する場面はこれから何度も出てくるでしょうが、

慌てずその場に合った対応をしていきましょう。

そんあ不安を抱えたままでは仕事に行きたくなくなってしまうことでしょう。

ですのであわせて明日仕事に行きたくない悩みを解決するため伝えたい大事な3つのこともご覧になってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



ページの先頭へ