転職活動は働きながら行ったほうがいいといい切れる4つの理由

働きながら転職活動
転職の悩み

今の仕事から違う職場に転職したいと考えている方、今の仕事を辞めてから転職活動をしますか?それとも今の仕事で働きながら転職活動をしますか?

どちらもメリットデメリットはあるのですが、それでも私は働きながら転職活動をすべきだと思うのです。

そこで今回は私がなぜ転職活動は働きながらしたほうがいいのか?その理由を4つ紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1.金銭面の不安を感じずに活動できる

転職を考えた時、現在の仕事を続けながら転職活動をするべきだと言い切れる理由の第一は、「毎月の収入を確保できるため、金銭面の不安を感じないですむ」ということです。

現在の仕事を辞めてしまえば、当然のことながら収入はなくなります。失業手当は、失業してすぐにもらえるわけではありません。

実家暮らしで親がかりで生活できたり、共働きでパートナーに養ってもらえたり、じゅうぶんな預貯金があるという場合は別ですが、そうでなければ、仕事を辞めたとたん、生活の不安が生じることになるでしょう。

そんな不安を抱えながら転職活動をしてうまく行くはずはありません。生活費だけではありません。転職活動をすること自体にもお金がかかるものです。

交通費一つとってもばかになりませんし、服飾費や通信費などなど、転職活動をしていると、思いがけない必要経費が発生するものです。

金銭面に不安があると、どうしても、そうした必要経費を倹約しようとしてしまいます。

つまり、金銭的に自由な転職活動ができなくなってしまうわけです。それでは金銭面が不安で妥協した会社に面接に行ってしまうなど、思うような成果は上げられないでしょう。

その点、働きながら転職活動をすれば、そうした金銭面の心配は一切なくなります。

「仕事を辞めて、転職活動に専念したほうがうまくいくのでは?」という考え方をする人もいますが、金銭面の不安を感じずに活動をした方が、実際には成功率は上がるものなのです。

お金の心配をしながら転職活動する人と、そうでない人を比べてみれば、後者のほうが有利であることは言うまでもありません。

2.精神的なプレッシャーが少ない

精神的なプレッシャーが少ないというのも、働きながら転職活動をするべきだと言い切れる理由の一つです。

転職活動をするために、仕事を辞めたとしましょう。言うまでもありませんが、その瞬間、無職になるわけです。

前項では金銭面の問題を説明しましたが、この「無職」という状態は、それだけで大きなプレッシャーになるものです。

たとえ、親がかりで生活できたり、じゅうぶんな蓄えがあって金銭的な不安はなかったとしても、「無職」という状態であること自体が、大きな不安に感じられるに違いありません。そんな不安を感じながら、転職活動をすることを想像してみてください。

そのプレッシャーが生み出すストレスのことを考えれば、働きながら転職活動をした方がずっといいことがおわかりいただけるでしょう。

精神的プレッシャーは、就職先が決まって、転職活動が終わる時まで、ずっとつづきます。そして、そのプレッシャーは、日が経てば経つほど、どんどん大きくなっていくに違いありません。

現在の仕事を続けている限り、そうしたストレスとは無縁でいられます。

ちゃんと仕事をしているのですから、その点ではなんのストレスを感じることもなく、思うような転職活動を続けることができるでしょう。

精神的によけいなプレッシャーを感じずに転職活動ができること、これも、働きながら活動をするべきと言い切れる理由なのです。

3.ミスマッチの選択を避けられる

仕事を続けていれば、時間をかけて活動をすることができます。これまで紹介した2つの理由に共通していることは、「焦りを生む」ということでしょう。

金銭的に余裕がなければ、「早く転職を成功させて、収入を得なければならない」と焦るに違いありません。
また「無職」という状態のプレッシャーを感じれば、「すぐにでも、この状態から逃れたい」と焦ることでしょう。

 

つまり、仕事を辞めてから転職活動を開始した場合、そうした焦りを感じてしまうという大きなデメリットが生じてしまうのです。働きながら転職活動をする場合は、違います。

今の仕事を続けている限り、金銭面の不安もなく、精神的なプレッシャーも大きなものではないために、そうした不要な焦りを感じることはないでのす。

焦らず、じっくり転職活動をした方が良いことは考えるまでもないでしょう。

そのことによって生まれる、もっとも大きな効果は、「ミスマッチの選択をするリスクが小さい」ということです。
焦って転職活動をしたとしましょう。そうすると、「なんでもいいから早く決めたい」という気持ちになってしまいます。

そんな気持ちで活動をすると、自分にとってミスマッチの選択をしてしまうことになりかねません。

「とにかく早く」という思いから、自分に向いていない仕事、あまり条件の良くない仕事に飛びついてしまうということもあるでしょう。

そうなった場合、いちおう転職には成功したことになります。しかし、その後が問題です。

転職をする際に最も大切なのは、新しい仕事を始めた後で「転職してよかった」と思えることでしょう。しかし、そのようにミスマッチの選択をしてしまうと、そんなふうに感じることはできません。

「こんなことなら、転職なんかしない方がよかった」と後悔することもありえます。そして、結局はその転職先の仕事を長く続けることが出来ず、再び転職を考えるようになることもあるでしょう。

そんなことになったら、何のために転職したのかわかりません。仕事を辞めて転職活動することには、そんな大きなリスクがあるのです。

時間をかけた仕事選びができるため、そうしたリスクを回避することができること、これも、働きながら転職活動をするべきだと言い切れる大きな理由なのです。

4.「現職に留まる」という選択肢が持てる

「今の仕事に留まる」という選択肢を持てるのも、働きながら転職活動をするべきだと言い切れる理由の一つです。
現職を辞めてしまったら、転職するという選択肢しか持てません。

もちろん、転職先については、幅広い、多数の選択肢を持てますが、「転職しない」という選択肢は、仕事を辞めたとたんに失われてしまうのです。

人生における選択肢は多ければ多いほどいいでしょう。「自分にはこういう道もある」という意識を持つことは、心に余裕を生みます。

仕事を続けている限り、「現職に留まる」という選択肢が常にあります。精神的に余裕を持って転職活動することができますから、結果として、転職を成功させやすいと考えていいでしょう。

また、転職活動を続けていくうちに、現在の仕事の良い面が見えてきて、「今の仕事を続けよう」と積極的に思えるようになる可能性も小さくありません。

人生の選択肢を増やせること、これも、働きながら転職活動をするべきだと言い切れる理由なのです。

スポンサーリンク





 

ページの先頭へ