人との接し方

知らないと損をする職場でのコミュニケーションを円滑にする8つの会話術

投稿日:

職場では友人と会っているときや家族と会話しているようなコミュニケーションとは違い、会社独自のコミュニケーションというものがあります。

それを理解していないがために職場に馴染めなかったり、最悪孤立してしまったりと知らず知らずのうちに損をしてしまいがちです。

今回は知らないと損をする職場でのコミュニケーションを円滑にする会話術をしょうかいしていきたいとおもいますので是非ともこの機会に学んで職場で生かしましょう。

スポンサーリンク



1. 話しにくい相手でも軽く会話する習慣をつけておく

職場でのコミュニケーションを円滑にするには話しにくい相手でも軽く会話をしようと心がけておきましょう。話しにくいからといって避けてばかりいるといつまでも壁があるままです。

 

しかし、一緒に働く上でどうしても会話をしなければ進められない仕事もありますし、いつまでもギクシャクした中で遠慮し合うのは疲れてしまいます。

「今日は暑いですね」とか「髪切ったんですね!私も切りたいなぁ」とか、ちょっとした会話でもないよりはずっとマシです。

相手に職場の一員として意識しているとわかってもらいつつ、何かあった時に相手からも声をかけやすい印象を与えておきましょう。

2. 輪に入っていなくても楽しい話が聞こえたら微笑む

時には会話の輪に入っていなくても周りの楽しい話が聞こえてしまうこともあります。

この時、盗み聞きをしているようで申し訳ないと気を遣い、聞こえないフリをすることもありますね。しかし、周りの人は聞こえるように話しながらこちらの手が空くのを待っていたり反応を期待しているということもあります。

楽しい話なら微笑んで「聞こえていますよ」というアピールをしてみましょう。聞かれたくないことだったならそれ以降声のボリュームを下げるはずです。

ちらっと見て微笑んだ時に微笑を返してくれるようなら「すみません。聞こえてしまって」と言いながらにこやかに対応してください。

3. 悪口や不満を言う人には話を合わせない

職場には悪口や不満を言うことが好きな人もいますが、のってあげないと可愛そうだとか申し訳ないと思うことはありません。

中には周りを巻き込んで満足し、他の人に「○○さんもそう言っていたんだけれど」と吹き込む人もいます。そのせいで自分が言い出したかのように噂となったり話が大きくなることもあります。

もし悪口や不満を聞いてリアクションに困ったら「厳しい意見ですね」とか「いろんな受け取り方がありますよね。私も気をつけます!」というように返してみてください。

特定の人への批判ではなく考え方を参考にさせてもらうという立場で客観的に聞きましょう。また、周りが悪い噂を立てているのを偶然聞いてしまった時は会話に参加しないようにしてください。

聞こえても聞こえないフリをして仕事を続けたりその場から立ち去ります。悪口を言う人は同じように言ってくれたり反応してくれる人を求めています。興味がない様子を見せるのが一番安全です。

4. 可能な限り目を見て話す

相手とのコミュニケーションを意識するなら可能な限り目を見て話すようにします。その方がうまい返しができなくても口元や目元の変化で感情がリアルに相手に伝わるんです。

何かをしながら返事をするとうっかりいい加減なことを言ってしまうこともありますし、相手がこちらを見て話してくれているというのに失礼にあたります。

仕事中なら仕方がない場面もありますが、仕事に関する大事な話や深刻な話などは「ちょっと待ってね」と言ってからちゃんと聞くようにしてください。聞かされているのではなく積極的に聞こうとする態度を取って相手を喜ばせ、安心させましょう。これは職場だけではなく恋人や友人、子供と話す時にも当てはまります。

5. 相手のテンションに合わせてあげること

コミュニケーションを円滑にするために誰にでも明るく積極的に話しかける人がいますが、中にはそんな人を暑苦しいとか面倒だと感じている人だっています。

人によってノリやテンションは違うため、明るく話しかければ楽しいと感じてもらえるだろうというのは自己満足に過ぎません。物静かな人には穏やかに声のトーンを落として話しましょう。

元気な人には楽しい感じで向かっていっても受け入れてもらえます。しかし、体調や天候によってはそんな人でもちょっとテンションが低い日もあります。

相手を見ながら雰囲気を察することができるようになると気の利いた人という印象を持ってもらえるので、職場でのコミュニケーションも円滑に進むことでしょう。はっきりわからない時は無難な挨拶から声をかけて相手のその日の様子をチェックしてみてください。

6. 雰囲気によっては静かにすべき時もある

職場でのコミュニケーションを円滑にするために妙に明るく振舞ったり冗談を交えて会話をする人がいます。しかし、雰囲気によっては静かにすべき時もあります。

例えば上司に怒られた同僚を慰めるためにふざけても相手はそんな気分ではないでしょう。それなのにせっかく慰めてくれたのだからと気を遣わせて無理に明るく振舞わなければいけないようなプレッシャーを与えてしまうのです。そんな相手は次第に面倒な存在となっていきます。

重苦しい雰囲気が辛くても無理に雰囲気を変えるべきではありません。相手を思うなら会話よりも空気を読んであげるべき時もあると認識しておきましょう。自分が注意を受けている時も同じように深刻な態度を見せて誤解されないようにしてください。

7. 知った風な口をきかない

職場に長くいると職場の人のことや仕事の内容を知った風に言いたくなることもありますが、そういう人は偉そうとか自意識過剰と取られることがあるので気をつけましょう。

自分の知っていることを言う時は「私も最初は知らなかったんだけれど」というようにひと言でも謙虚なセリフを付け加えて話すといいですね。特にライバル視してくる同僚や後輩などから煙たがられないようにするためには大切なポイントです。ベテランになればなるほどこういったことを言えなくなっていきます。

しかし、ベテランだからこそこんな謙虚な人が好感を持たれます。知った風な口をきく偉そうな人よりも謙虚な人と仲良くなりたいと思うのは当然です。

8. 仲良くなっても礼儀を忘れないこと

職場で仲良くなってくるとついため口になってしまったりきつめの冗談を言ってしまうことがあります。しかし、どんなに仲良くなっても仕事の付き合いということを忘れてはいけません。

仕事に緊張感がなくなってしまい、周りにも影響を与えてしまいます。また、うまく解け込めない人にとっては仲良しすぎる輪が存在していると威圧的に見えますし、自分ももっとみんなと仲良くしなければというプレッシャーを与えてしまうこともあります。そういった人への配慮も広くコミュニケーションを円滑にするために必要なことです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-人との接し方

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.