仕事のやりがいを見つけるために今すぐにでもできる6つの方法

仕事でやりがい
仕事の疑問

仕事にやりがいを見いだせず、毎日ただ何となく仕事をこなしている方も多いのではないでしょうか?

どうせなら仕事は人生で一番といっても過言ではないほど時間を費やすことでもあるのでやりがいを感じながら楽しく仕事をしたいと考えるのが本望ではないでしょうか?

ですが、いざやりがいをみつけようと考えてみるとどうすれば仕事のやりがいを見出すことができるのか?と悩んでしまうと思います。

そこで今回はそんな仕事のやりがいを見つけるために今からでもできることを6つ紹介させていただきます。

スポンサーリンク



1.仕事のやりがいを見つけるためには初心に戻りましょう

どうして今の仕事をするようになったのか、まずは自分自身の今までの行動を振り返ってみると必ず理由が見つかるはずです。

  • 給料が良いから
  • 好きな業種だから
  • 人に薦められた

からなど人によって様々な理由があるでしょう。中には自分の意思ではなく嫌々やっているという方もいるかもしれませんね。

しかし今の仕事を選んだのは他でもないあなた自身なのです。

もしも本当に嫌で嫌で仕方がないという仕事なら選びはしなかったのではないでしょうか?つまり何が言いたいのかというと、どこかこの仕事に好きな部分があるからこそ選んだはずなのです。

その好きな部分をしっかりと認識し、自分にできることを仕事で発揮するように心がけるだけでもかなりやりがいを感じるはずですよ。

2.仕事の内容を見直してみましょう

毎日ただ何となくやっている仕事ですが、本当にそのやり方で良いのでしょうか?

そのやり方だからやりがいが見つからないという可能性も考えてみて下さい。ほんの少しやり方を変えることでモチベーションが上がるとは考えられないでしょうか?

 

例えば仕事上の結果は職場にしか残さないタイプの方なら、自分のメモ帳に毎月しっかり記録を残したりするだけで目に入る頻度が変わります。

前の月よりも良い結果を残そうと考えるとモチベーションが上がりそれがやりがいになるかもしれません。また、その日自分の仕事で良かったポイントなどがあった場合などもしっかりメモに書き残し、その「良かったメモ」を増やすこともやりがいを見つけるためにできることになりますよ。

自画自賛とは思わずに、自分が頑張った日は自分を褒めて自分を好きになって下さい。

3.たまには友人などと仕事について語ってみましょう

違う仕事をしている友人の話を聞くと良いヒントが隠れている場合があります。一体友人は何をやりがいに仕事をしているのか、どうやってそのやりがいを見つけたのか色々教えてもらいましょう。

人によって考え方は違いますし、一人だけじゃなく何人かの意見を聞くことで複数の考え方を学べますよ。この時注意したいのは「仕事を楽しんでいる友人」の話を聞くことがポイントです。

仕事を辞めたいと考えている人の場合は相談に乗るだけに留めておきましょう。ネガティブな話をわざわざ自分から聞きに行く必要はないのです。

4.尊敬できる人を見つけましょう

あなたは自分の職場や同じ職種の人の中に尊敬できる人はいるでしょうか?

仕事への取り組み方は人それぞれですが、真剣に取り組み頑張っている人は他人が見ても輝いて見えるものです。

それは上司や先輩だけではなく後輩や年下だとしても同じことです。尊敬できる人ができたら今度は何故その人がそんなにも魅力的なのか考えてみましょう。

同じ人間として同じ仕事をしているのに自分とはどこが違うのか、その人の性格や仕事ぶりなどきっと見習うべき点が多々見つかるはずです。

良いものは取り入れ、自分にできる範囲で仕事に活かしてみましょう。そしてその相手が何をやりがいに感じているのかだんだんわかってきたらあなた自身の目標も見えてくることでしょう。人の良いところを盗み、その人のやりがいを見つけることであなただけのやりがいもまた見つかるのです。

5.あなたにしかできない武器を見つけ出しましょう

どんな仕事でも「誰が」やったかで結果は多少なりとも結果は変わるものです。

製造などで同じものを作っていても、作業場の使い方や人との接し方など完全に同じ人などいません。コールセンターのオペレーターなどの場合も話し方や声質などで別の人だと印象はガラッと変わります。

つまり自分という個性を武器にすることで、仕事にも生かしていくということです。その武器を職場の多くの人が認識できれば、あなたはどこに行っても歓迎されることでしょう。

例え部署が変わったとしても噂を聞きつけた社員があなたを「○○が得意な人」と覚えててくれたら気分が良いですよね。武器を作ることは仕事のやりがいを見つけるためにできる方法の中でも難しいかもしれません。

しかし自分だけの武器を見つけた時、きっとあなたには仕事のやりがいが見つかっていることでしょう。

6.仕事以外の部分にもやりがいを探してみましょう

仕事でやりがいを探してもなかなか見つからないという人は、仕事をする上で欠かせない「仕事以外の部分」にもやりがいを探してみましょう。

仕事をするための仕事に深く関係のないものは意外と多くあるもので、

例を挙げると

  • 早寝早起き
  • 手作り弁当
  • ヘアスタイルやメイク
  • 同僚と会話をする上での雑談知識

などなど挙げればキリがありません。自分が普段適当にしている部分があればそこに力を入れてみるのです。

寝坊をしがちな人は新しい目覚まし時計を買って、早く起きられるように頑張ってみたり、いつもコンビニ弁当の人は手作り弁当に挑戦してみたりなどです。

新しいことに挑戦することで仕事には関係ないように思えることから、ひょっこりと仕事でのやりがいが見つかるということもあるのです。早く起きればお弁当も作れますし、他の人が来る前に掃除だってやっておけます。

日常のちょっとしたことが他人の評価に繋がるなんてことは珍しくありません。そこから上司に気に入られて新しい仕事を任される、なんて展開だってあり得るのです。

仕事以外の部分にやりがいを見つけることで、結果として仕事でのやりがいを見つけることになるかもしれないのです。

仕事のやりがいを見つけるためにできることを紹介させていただきましたが、実践できそうなものはあったでしょうか?

やりがいを見つけるのは難しいと考える方も多いかもしれません。しかしほんの少し考え方を変えるだけで達成感を感じたり、人から評価されたりするものです。

自分に合った仕事でのやりがいを見つけて、今よりも仕事を楽しめるよう参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



ページの先頭へ