仕事で評価されない…と悩んでいる人が犯しがちな7つの勘違い

仕事評価されない
仕事の疑問

なんでこんなに頑張っているのに会社評価されないんだ…

周りよりも意見を言っているし、残業もしている…何がダメなんだろう…

といったように自分が一生懸命頑張っているのに評価につながらないと悩んでいる方は案外多いのではないでしょうか?

その悩み、もしかしたらあなたがこれまでやってきた努力が誤った方向に行ってしまっている可能性があります。

今回はそんな仕事で評価されないと悩んでいる人が犯しがちな勘違いについて記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



求められる成果を出していない

仕事で評価されないと悩んでいる人は、求められる成果を出しているのかを考える必要があります。自分なりに精一杯頑張っているとしても、それが成果につながらなければ評価はされません。

けれども評価に関しての悩みを持つ人の多くは、自分の努力が認められないと考えるケースが多いものです。もちろん努力していることは必要なことですし、それなりに評価はされます。けれどもきちんと成果を出しているかどうかも大事なことと言えます。

また、本人が努力しているつもりでも、それが成果につながらないようなものであれば何かしらの問題があると言えます。それに気づかずに悩んでいるだけでは、いつまで経っても評価はされませんし自信の成長にはつながりません。

評価されないことにどんな意味があるのか理解していない

自分の仕事が評価されないということは、何かしらの意味があるはずです。

そこには改善すべき課題があるというわけですが、単に悩んでいるだけの人はそのことに気づきません。たとえしっかりと成果を生み出しているとしても、何か問題点があれば評価はされないものです。

 

例えばチーム内でのコミュニケーションに問題があり、プロジェクトの進行に水を差すような言動を取っているとします。本人が手がける業務は滞りなく行えたとしても、周りの業務効率を低下させるようなことをしていれば、当然ながら評価は下がります。

けれども自分の仕事のことだけを考えているような人は、そのことに気づきません。仕事は決して1人で行うものではなく、他の人との連携というものがあります。それを意識することなく自分のことだけを考えていては、評価されなくて当然と言えます。

成長が見られない

会社に勤める以上は、経験を重ねるごとに成長することも求められます。いつまで経っても同じ成果しか生み出せない人は、次第に評価が下がるようになるわけです。

そのことを理解できない人は、納得できずに悩むようになります。特にミスをしているわけでもなく、これまでと同じような成果を出しているのに何故評価されないのかと思うわけです。けれども経験を重ねていけば、次第にこなすべきことは増えていきます。

部下の教育をする必要もありますし、プロジェクトの進捗にも注意を払うことにもなります。そのためのスキルを備えることなく、相変わらず自分の業務のみに注力しているようでは、評価はされません。同期の人がマネジメントに関するスキルを高めていれば、相対的に評価は下がります。

仕事の質について考えない

自分ではしっかりと仕事をこなしていると考えても、その内容に問題があるならば評価されません。例えば販売において、接客の質を高めればリピーターも増えることになります。

けれども同じ商品を売ることができてもお客の満足度を高めることができなければ、リピーターにはなってくれません。たとえ売り上げは確保していても、そのような接客態度というものは評価対象になります。仕事は決して数字だけで評価されるわけではありません。

会社のイメージを損なわないような仕事ができているか、品質を高めるための努力をしているかどうかも評価対象となります。これは普段、どのような姿勢で仕事に取り組んでいるかが影響します。もし自分としてはしっかりと成果を出しているのに評価されていないと思うのであれば、自分自信の仕事への姿勢というものを考えた方が良いでしょう。

チャレンジ精神がない

ミスを恐れる人は、新しいことにチャレンジするのことを避ける傾向があります。このような消極的な姿勢の人は、次第に評価は下がることがあります。特にベンチャー企業のように高い成長力を求められる会社では、チャレンジ精神を持たない人は評価されません。

たとえ必要な売り上げを確保しているとしても、これからの向上が期待できなければ評価は低くなるというわけです。同じような仕事をしていても、属する会社によっては評価が異なるというわけです。

自分が勤める会社ではどのようなことを求められるのかも、考える必要があるということです。無難にミスなく仕事をこなすことを評価される会社ももちろんあります。けれどもリスクよりも多くのリターンが期待できるような前向きな姿勢を持つ人を評価する会社もあります。

期待されていることに気づかない

成果はしっかりと出しているし、自身の成長にも取り組んでいるのに正当に評価されないと思う場合もあります。もしかしたら会社からよく思われていないのではないかとも考えてしまう人も少なくないのではないでしょうか?

けれどもそのような場合、逆に会社から期待されているケースもあるものです。

高いポテンシャルを認められながらも、その能力を十分に発揮していないと考えられるために評価につながらないというわけです。このような人はおそらく、収入も社内では相対的に高いはずです。

けれどももっと努力をすれば、さらに多くの収入を得られるチャンスがあるということです。それに気づけば、他に何をすれば良いのか分かるはずです。

全力を出しているつもりでも、それはあくまでも自分が理解できる範囲内での話です。視野を広げることによって、できることは増えるようになります。

そのような気づきを得られるか否かは大きなポイントと言えます。滞りなく仕事をこなしていると思う人は、評価を高めるために何をすれば良いのかを考えることが大切です。

その会社では最大限の評価をされている可能性も…

場合によっては、すでにその会社での評価は最大限になっているということもあります。これではいくら頑張っても意味がありません。

それならば、より高い評価を与えてくれる会社に移った方が良いと言えます。これを確認する方法はただ一つ、直接会社に聞いてみることです。

自分としては評価が低いと思えても、会社はそれ以上の収入を与えることができないとあれば、転職を考えるべきでしょう。それに気づかずにいつまでも評価にこだわっているのは得策ではありません。

まず自分の仕事ぶりを振り返り、落ち度はないかを確認します。さらに自分自身成長しているかもチェックしてみます。その上で納得できないとあれば、会社に直接聞いてみることが必要です。

スポンサーリンク



ページの先頭へ