時間とお金どちらが大事?どちらを選ぶにしても理解してほしいこと

時間とお金
仕事の疑問

人によって価値観が違いますが、時間とお金どちらが大事か?というのは永遠のテーマと言えます。そしてそのどちらを選ぶかで人生は決まるとも言えます。

ここで注意したいのは、年齢によってもどちらを選ぶべきかが異なるということです。また環境や取り組むものによって、結果は大きく違うことにも注意が必要です。

例えば時間を優先しても、単に趣味に費やしているようでは将来は開けません。けれども人脈を広げたり資格の取得などに費やすことによって、時間を将来の自分の生活に投資することになります。

一方でお金を大事にする場合でも、それを個人的な趣味に費やしているようでは将来は開けません。時間もお金も、何に投じるのかによって結果は大きく異なるというわけです。

その点において、どのような価値観を持っているかによってどちらを選ぶにしても人生は変わることがわかります。

スポンサーリンク



自由な時間が欲しいと思う場合

目先のお金を稼ぐために時間を費やすよりも、好きなことに時間をかけたいという人は多いものです。これが将来にどのような影響を与えるのかは、その時間をどのように使うのかによって決まります。

単純に自由な時間がないことを不服に思い、好きなことをする時間が欲しいと思っていては、将来苦労することになります。人間は年齢に応じて必要な経験というものがあります。

 

例えば仕事の場合、どこまで自分を追い込んで目的を達成するために努力できたかが、大事な経験となります。粘り強さが備わりますし、一見すると困難な問題にも果敢に取り組めるようになるわけです。

けれどもそのような苦労は避けたいという理由だけで自由な時間を求めるようでは、自分自身を向上させることができません。今は満足できる生活を送ることができても、将来は苦労することになる可能性が高いというわけです。

自由な時間を有意義に使う場合

一方で明確な理由があって、目先のお金よりも自由な時間を選ぶ人がいます。

今でなければできないことを優先しようという選択をするわけです。例えば吸収力の高い若いうちに勉強に取り組みたいという場合、お金を稼ぐ時間を勉強に充てることで、将来は多くの収入を得られるようになります。

このように明確な目的を持っているのであれば、お金よりも時間を優先することでより良い将来を迎えることが可能となります。あるいは激務により体調に異変を感じて、休息を取るケースも見られます。

一見すると何もしない時間を過ごして無駄に思えますが、しっかりと心と体を休めるという意味で重要です。そのまま無理をして仕事を続けた結果、立ち直れないほどの大きな精神的ダメージを受けることにもなりかねません。

この場合にも有効に時間を活用していると言えます。

お金を優先して自己満足を得る場合

時間よりもお金を優先して仕事にまい進するのは悪いことではありません。

また稼いだお金を自分自身のために投じるのも良いものです。けれども個人的な趣味などに全てを投じているようでは、将来に良い影響を与えないこともあります。

例えば家族を持っているならば、家庭での不満を生む原因にもなります。仕事に時間を取られてなかなか家族との時間を過ごせない場合、それが家庭のためであれば家族のみんなも納得してくれるものです。

けれどもその理由が、個人的なものであるとなれば話は別です。お金は天下の回りモノという格言がありますが、お金の使い方というものを心得ておくことも大切です。

費やすべきことに費やせば、それは自分に良い形で返ってきます。けれども自分自身だけのために費やすようでは良い影響は生まれません。

お金を何に投じるのかが重要

時間よりもお金を大事にする場合、それを何に投じるかがポイントになります。

例えば起業する場合に、時間をかけるかわりにお金をかけてスタートダッシュを図るというケースがあります。世の中は変化のスピードが早いために、事業を立ち上げる際には時間がかかると収益を確保できない場合があります。

 

そのような時にある程度のお金を短期間で作っておいて、事業立ち上げに投じると収益性を確保できることにつながります。

まさに時間をお金で買うというわけですが、このように効率良くお金を投じることで成果を生み出すことが可能となります。

あるいは投資活動を行う場合に、時間をかけて独学で必要な知識を学ぶケースと、投資信託などにお金を投じるケースとがあります。独学で学んでも結果が伴うとは限りません。

一方で早い段階でお金を投じておけば、複利で資金は増えていきます。時間を生み出すことはできませんが、お金は工夫次第でいくらでも増やすことができます。

それを心得ている人は、時間よりもお金を大事にしているものです。個人的な楽しみは後でゆっくりと味わえば良いと考えるものです。それよりも今のうちにお金を増やしておけば、後が楽になることを理解しているというわけです。

ある程度お金に余裕ができた場合

若いうちから時間よりもお金を大事に考えて仕事に取り組んできた人であれば、ある程度はお金の余裕が生まれていることでしょう。

そのような場合には、そろそろ時間を大事にすることも必要かもしれません。

 

仕事だけに取り組んできたことにより、自分自身の楽しみを後回しにしている場合が多いからです。仕事を引退した後に何をすれば良いのかわからない、そういった人も多く見られます。

そのために時間を取って、引退後に取り組めるようなことを探す努力も必要になります。長い人生の中で、仕事を辞めた後の人生というものを考えることも大切です。

そのためには、時間とお金に関する価値観にはバランスというものが必要になります。人生はその時々に応じて、何を最優先にするかが変わってきます。若いうちは時間をお金で買うような発想も必要になります。

将来への備えをしっかりと行っておくことも大切だからです。けれどもある程度年齢を重ねてきたら、そろそろ定年後の生活というものを意識することが必要になります。

そのための時間をきちんと確保することも必要になるわけです。このように、常に将来を考えてどちらを大事にするかを考えることが大切であると言えます。

スポンサーリンク



ページの先頭へ