働きがいを感じるために必要不可欠な6つの気づき

働きがいを見つけるためのきづき
仕事の疑問

仕事の働きがいに何を求めるかは、人によって異なります。

けれども大事なことは、長く仕事を続けるためのモチベーションにつながるような働きがいを見出すということです。

例えば収入の多さに働きがいを感じる人は多いものです。けれどもその仕事自体に魅力を感じられなかったり、辛いといった気持ちを持つようでは長く続きません。

仕事自体が好きになるようなものを見出せるように、何かしらの気づきを得ることが必要となります。

今回はそんな働きがいを見つけるために必要なきづきについて記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



自分自身の価値観に気づくこと

働きがいを何に求めるかは、人によって異なります。

良いものを作り出すことや、人に喜んでもらえるようなサービス提供ができることなど、実に多様です。そこで必要になるのが、自分自身の価値観が何かを知るということです。

これは仕事に対して大切にしていることが何かを気づくことにつながります。一人で黙々と作業に取り組むことが好きな人は、正確に求められる品質や納期を守るということに働きがいを感じるかもしれません。

自分が何に価値を求めるのかを知ることができれば、自分の能力を生かせる仕事に就くこともできるというわけです。

価値観というと難しく考えてしまいがちですが要は自分が好きなこと嫌いなことを頭に思いうかべてみればいいのです。単純に人付き合いが好きなら接客業、自分のペースで働くのが好きなら自営業といったように最初から詳しく突き詰めずにざっくばらんでいので考えてみましょう。

仕事の目的を考えること

大抵の仕事は分業となるために、自分が携わる業務が社会にどのような影響を与えるのかを実感できないケースは多いものです。

そのような中では、なかなか働きがいを感じることができないかもしれません。けれども自分の仕事に目的意識を持つことができれば、働きがいを感じることができるようになります。

 

自分が携わる業務にどれほどの責任が伴うのかを実感することで、その責任の重さを実感してより良い成果を生み出そうという意識が生まれるからです。

例えば飲食業の場合、テーブルを拭く作業を行うとします。単にテーブルを綺麗にすることを目標にすると、そこには何の意味も見出すことができません。

けれどもテーブルを綺麗に拭くことはあくまでも手段であり、目的はお客さんに快適な食事の時間を過ごしてもらうことであると気づくとします。すると、細かな汚れにも気づくようになりますし、テーブルを拭く以外にもすべきことがあれば気づくようになります。

仕事は単なる作業であると自覚すると、疲労感しか感じなくなります。けれどもこのような目的意識を持つことができれば、働きがいを感じることができるわけです。

成果を生み出すために必要なスキルを考える

誰でも最初から上手く仕事をこなせるわけではありません。

経験を積むことで少しずつ成果を生み出せるようになるわけです。このように自分自身が成長することを実感すること、それによってこれまでできなかった仕事ができるようになることが、働きがいにつながります。

そこで、自分が携わる仕事ではどんなスキルが必要となるのかを考えることも、働きがいにつながります。どんな能力を高めれば良いのか、そのためにはどんな取り組みをすれば良いのかに気づくことが必要というわけです。

自分自身のキャリアを考える

仕事は目先の成果にのみとらわれていても、なかなかモチベーションを維持することにつながりません。年齢と共にキャリアを積む重ねることで、常に新たなステップに上がっていくことができます。

その結果、新しいスキルの習得と成果を生み出す能力を備えることにつながります。そこで、自分のキャリアというものを考えることも、働きがいを感じることにつながっていきます。

将来はどんな仕事に取り組みたいのか、あるいはどのような働き方を望んでいるのかを考えることが大切です。そのためにはどんな経験を積む必要があるのかに気づくようになります。新たな目標が生れることによって、仕事のやりがいも生まれるというわけです。

何をしている時に時間の流れを早く感じるか

なかなか働きがいを感じることができないと悩んでいる人は、何をしている時に時間が経つのが早いと感じるかをチェックしてみると良いでしょう。

 

仕事は決して好きではないし、それなりに成果は出しているけれどもやりがいを感じられないという人も多いものです。

このような場合、転職するにしても働きがいを感じるために必要な気づきを得る必要があります。どんな仕事であればモチベーションを保てるのかを自分で把握しておかなければ、どのような仕事に就いても同じことの繰り返しとなってしまいます。

 

まず普段携わっている業務の中で、どのような作業をしている時に時間が進むのが早いと感じるかをチェックすることで、自分が熱心に取り組める作業が何かを知ることができます。

そこには何かしらの、品質を高めることにつながる作業があるはずです。自分がどのようなことにこだわるのが好きなのかを知ることができれば、働くことにやりがいを感じることを実感できるようになります。

必ず誰かの役に立っているということに気づく

仕事は義務感が生じると、とたんにつまらないものとなります。

たとえ収入面では申し分がないとしても、長く続けることを苦痛に感じるようになるわけです。けれども、自分の仕事が誰かのためになっていること、役立っていることを実感すれば働きがいを感じるようになります。

 

販売やサービス業のように直接顧客の顔が見える仕事であれば、そのような実感を得やすいものです。けれどもオフィスワークのように、直接クライアントを顔を合わせることなく社内で黙々と作業に取り組んでいる人は、そのような実感は得られにくいものです。

それでも自分の仕事を必要とする人は必ずいるものです。たとえば資料を作ったならば、それを必要とする人がいます。その人が読みやすいように、理解しやすいようにまとめることで、喜ばれることになります。

このように自分の仕事を受けた人が喜んでもらえるようにと意識することで、おのずと品質を高めようと工夫するようになります。その工夫をするためにはどんなことに注意すれば良いのか、色々と考えるようになります。

このように試行錯誤をするということが、仕事へのモチベーションを維持する秘訣と言えます。いかに品質を高めれば良いのか、その点に気づくようになれば、仕事は面白くなりますし時間の経つのも早く感じるようになります。

まとめ

今回は仕事に対して働きがいを感じるために必要な気づきについて6つ程紹介させていただきました。普段あまり意識しないことだからこそ、意識を今回紹介したことに向けてみることで働きがいを見つけるための重要な気づきを見つけられるはずです。

働きがいはないよりもあったほうが断然いいに決まっています。考え方や気づきで変えることが出来るのなら是非とも試してみるべきですよね?

スポンサーリンク



ページの先頭へ