年功序列は今の社会ではデメリットしかない5の理由

年功序列のデメリット
仕事の疑問

一昔前は当たり前のように存在していた年功序列という言葉も今ではあまり耳にしなくなりました。とはいえなくなったわけではなく今も年功序列が根付いている会社もあるものです。

昔ならば、終身雇用もしっかり機能しており、ただ働き続けさえすれば昇給も出世も可能でしたが、今は全く状況が違いますよね?終身雇用も実質なくなったようなものですし、年功序列時代に出世した人たちが今の地位をキープしているので出世という道も険しいものになりました。

給料も今では共働きが当たり前という時代です。

そんな中今も年功序列を続ける必要はあるのか?と疑問に思う方もいることと思います。

ですので今回はそんな年功序列が今の世の中ではデメリットしかないというわけをこれから記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク



実力社会にとって経験則は不要になりつつある

年功序列はある意味、蓄積された経験を持つ人材が重宝された時代に適した制度と言えます。

経験の浅い人材が対応できないことに対して、経験を積んだ年長者が指導するという図式が成立したからです。けれどもあらゆる業界で技術の進歩が進む現代においては、このような図式は成立しなくなっています

経験則は役に立たなくなり、新たな技術を生み出すことで対応する時代になっているからです。

そしてそのような進化には歳を重ねるとついていけなくなります。そのために会社の戦力とならずに報酬も減少するということになるわけです。

実質的に実力社会となる中で、このような進歩に対応できる人材が評価され、高い報酬を得るようになっているというわけです。単に経験を重ねただけでは、収入は増えなくなっています。新たな技術やスキルを果敢に取り込む姿勢がなければ、会社では生き残ることができなくなっているというわけです。

経験則が役に立たない理由

年功序列は経験則が生かされる世の中で機能するものです。

けれども変化の早い今の社会では、そのような経験則に頼ることはデメリットしかないとも言えます。常に新しい技術が開発される中で、これまで想定されなかった新たなリスクも生まれるようになっているからです。

このようなリスクには、年長者が蓄積してきた経験則は役に立ちません。必要なのは新たな対応策を考え出せる柔軟な発想力を持つ若い世代です。

さらにそのような発想は、常に進化する技術を土台として生まれることになります。そのような最新の技術を備えていない年長者では、対応できなくなっているというわけです。

会社は常に何かしらのリスクに晒されていますし、その対応を必要としています。それを可能とするのは、結果的には変化に対応できる人材であるということになります。

年功序列は優秀な人材を確保する邪魔になる

これまでは盤石と思われた大手メーカーも、経営土台が揺らぐような世の中になっています。

それだけ世の中の進歩が早いということと、それに対応できない企業は衰退するということです。古い考え方にとらわれた人材を重宝する会社は、時代の波にのまれて消え去ることになります。

そのため年功序列はデメリットしかないと言えます。

会社の利益を生み出せる人材は、たとえ若くても経験が浅いとしても、評価する必要があるというわけです。給料の評価に関しても成果に応じたものとしなければ、優秀な人材は他の企業へと移ってしまいます。

年功序列は優秀な人材の確保を阻害することになるというわけです。年齢に関係なく成果を正当に評価し、それを収入に反映させることが必要であると言えます。また経験則に縛られることなく、柔軟な意見を聞き入れることも必要です。

古い考えを持つ人を増やすリスクが高い

年功序列は古い考えを持つ人材を増やすリスクを抱えます。

これでは新たな技術革新を生み出すことができません。積極的に若く発想力に富んだ人材を確保しなければ、会社はライバルとの差別化を図ることができなくなります。

これはある意味、蓄積してきたノウハウを失うという危機感も生まれるものとなります。確かに昔から長く会社に貢献してきた人材を一線から退かせることには、大きな損失が伴うように感じられます。

けれどもそれ以上に新しいアイデアを生み出す土壌を育てなければ、変化の早い世の中で会社は生き残ることはできません。老舗の商売にこだわっていると、需要が減り売り上げは減少することになります。

常に新たなビジネスプランを作り出すくらいの前向きな姿勢を持たなければならないというわけです。

ただし必ずしも年功序列=悪ではない

それでは年功序列は廃止して古くからの人材は排除すべきかというと、決してそうではありません。直接的に会社の利益を生み出すような業務に携わることはできなくても、その経験を生かすことはできます。

例えば社員教育の場合、人の心理というものが不変であることを考えると昔からの考え方は役に立ちます。効率と成果だけを優先した人材教育を行っていると、優秀な人材は給与面などで有利な会社へすぐに移ってしまいます。

すると力のある会社のみが生き残り、そうではない会社は全て消滅してしまうことになります。けれども人は決して、報酬の条件のみで働く環境を選ぶわけではありません。

その職場が自分自身を、1人の人間として向上させるところであれば魅力を感じるようになります。そしてそのような魅力を与えるのは、豊富な経験を持つ古くからの人材というわけです。

ビジネスマンとしてだけではなく、人間として成長すべき様々な教育ができるというわけです。その点を踏まえて、人生経験豊富な人材をいかに確保すれば良いのかを考える必要があります。

年功序列は評価対象の幅が狭い

年功序列は単純に、勤続年数に応じて収入が増えるという制度です。これでは若い優秀な人材を確保することはできません。きちんと成果を正当に評価し、それを収入に反映させることが必要です。

けれども、会社への寄与度というものは、売り上げだけで決まるわけではありません。例えばプロジェクトチームをまとめる人材がいなくては、求める成果を生み出すことはできません。

そしてそのような人材を指導する能力というものは、様々な経験を持つ人にしかできないものです。そのような点も人事評価に加えることで、誰もが納得することができます。

例えば個人では優秀なプログラマーであっても、コミュニケーションにより業務を円滑に遂行するという評価が低くても納得するものです。

このように評価対象の幅を広げることによって、会社に必要な人材を広く確保することができるようになります。もちろん、年功序列のように単純な査定ではないので、色々と手間はかかります。

けれども会社への寄与度をあらゆる面から評価することで、不満が生まれることなく必要な人材を確保できるようになります。今の社会では何を求められているのか、それを考えると働く側としても身につけるスキルは何かを把握することができます。

自分が伸ばすべきスキル、苦手とする能力を把握した上で、どのような取り組みをすれば良いのかを理解できるというわけです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ