職場の人間関係の悩みはあなたが気にしなくなれば大抵解決する

職場の人間関係
仕事上での心の悩み

職場の人間関係の悩みはあなたが気にしなくなれば大抵解決します。

悩みはなんでもそうですが、自分の気持ちの持ちようです。

例えば、先輩に嫌みを言われたとしても「先輩がかまってくるのは可愛がられている証拠。」と前向きに捉える人もいれば、「また意地悪された。」と気分を害する人もいます。

前者の場合は、可愛がられていると思っているので、先輩に嫌みを言われたとしても平気な顔で働き続けることでしょう。しかし、後者の場合は、先輩に意地悪をされたと悩み、いつしかうつ病などの病気を発症させてしまう場合があります。

あなたの気持ち次第で、全てを変えることができるのです。

スポンサーリンク



【ではどんな気持ちで仕事に臨めばよいのか】

・好きなことをするための仕事という自覚をもつ

あなたが仕事をしているにはなぜですか?

好きなところへ旅に出かけたいからでしょうか。それとも、欲しいものを手に入れたいからでしょうか。誰かを養うためでしょうか。

仕事をしている人は何らかの働かなければならない理由があるから働いています。つまり、重要なのは仕事をしてたくさんお金を貰うことです。職場の人間関係が重要なのではありません。

職場の人間関係で悩むのは、どうしても自分の周りで起こる、人と人との関わり合いに目がつきやすいからです。職場の人間関係がどうであれ、大切なのは仕事をしっかりとこなすことです。

職場の人と仲良しごっこをしに遊びに来ている訳ではありません。何を言われても、「あっそう。」と冷静に流しておけばよいのです。大切なのは、何のために仕事をしているかです。

また、仕事をしっかりとこなしていれば、誰も文句は言えなくなるでしょう。

・ゲーム感覚で仕事に臨む

ゲーム感覚で仕事に臨むという方法もあります。

ゲーム感覚というと、遊び半分で仕事に臨むという悪い印象を持つ人もいるかもしれませんが、一概にそうとばかりは言えません。ゲーム感覚で仕事に臨むことで自分を職場の人間関係から守ることができるのです。

例えば、職場の人の嫌がらせを無視して、いかに作業効率を上げて仕事をこなせるのかを毎日記録をつけて更新させてみたり、上司に褒められるような仕事をいかにやり遂げるかというゲームをしていると思いこんでみたりすればよいのです。

ゲーム感覚で臨むことで、職場の雰囲気が悪くても少しは楽しく職場に行けるかもしれませんし、ゲーム感覚なので、嫌みを言われてもどこか仮装空間での出来事のように思え、まともにその嫌みを自分にくらうこともないでしょう。

つまり、ゲーム感覚になることで、どこか本当の自分とは違う自分を演じることができ、嫌みをいわれてもどこか他人事のように思えるのです。

また、ゲーム感覚で仕事に臨むメリットは、仕事に対し、積極的になれることです。なんとなく働いている人よりも、意識して能動的に動く人の方が仕事ができるのは当然のことです。

ゲーム感覚で、仕事に対して意欲的になることで、いつの間にかあなたの仕事に対する評価が上がり、周りからも厚い信頼を受けるようになるかもしれません。

・なんでも前向きにとらえるようにする

仕事を大成するためには、なんでも前向きにとらえる力が大切です。

前向きに生きる人は、常に向上心があり、仕事に対する姿勢が熱いです。仕事が駄目になってしまう人に限って、くよくよと立ち止まって悩んでしまう人が多いので、そうはならないように意識して前向きに考える力を身に着けた方が得です。

職場の人に嫌がらせを受けているのなら、そこで立ち止まって悩んでしまってはダメです。見返すための試練だと思って、気にせず仕事を続けるのです。いつか、この嫌な出来事が、自分がトップに立った時に職場の雰囲気を良くするための学びになるかもしれません。

人生に無駄なことはありません。今は無駄と思えるようなことでも、必ずその経験が役立つときがきます。
スポンサーリンク



【仕事仲間との付き合い方】

・気にするから振り回される

雰囲気の悪い職場では、どのように職場の人と付き合っていけばよいのでしょうか。

それは、職場の人に何を言われようと、気にしないことです。気にすると、答えが出ない出来後にずっと振り回されてしまいます。これでは、職場に行くのが怖くなってしまったり、体に不調が出るかもしれません。

職場の人が嫌なことを言うのは、あなたが悪い訳ではありません。職場の人の人間性が悪いからです。このような低レベルな人が言う言葉をいちいち真に受けていては、あなたの人生が勿体ないです。くだらないことを言う低レベルな人のいうことなど、気にしないのが一番です。

嫌な人達を心の中で撃退する方法があります。それは軽蔑をすることです。軽蔑すると、自然とそれが行動に現れ、嫌なことをする人にも伝わります。

どんな人でも、自分が軽蔑されるのは嫌なものです。あなたから受ける軽蔑のまなざしを恐れ、あなたへの態度が変わるかもしれません。また、自分のプライドを守り、周りを気にしないで仕事をするにも、嫌な相手を軽蔑するという行為は有効です。ぜひ、試してください。

・大人の対応で

雰囲気の悪い職場では、大人の対応で乗り切るという方法もあります。

どんなに嫌なことをされても、自分の方からは対抗心をむき出しにせずに普通の態度でい続けることです。あなたが私のことを嫌いでも、私はあなたのことが大好きですよという態度をとればよいのです。

頭で考えても、人間なので感情があります。腹が立つほどむかつく相手に大好きですよというスタンスでいるのは屈辱でしょう。

しかし、大好きですよという、まるで大人が言うことをきかない子供を見るような目で見続けることで、その人の行動が次第に気にならなくなり、大人の対応で冷静に対処することができます。

・あまりにもひどい環境には然るべき対処を

暴力を振るってきた、暴言があまりにもひどすぎる場合は、然るべき対処をしなければなりません。職場の雰囲気が悪いといっても、限度があります。

上司に暴力を振るわれて怪我をした、仕事とは関係のない暴言がひどすぎる、仕事を押し付けられて毎日残業させられているというような場合、明らかにあなたの人権を無視した処罰されるべき行為です。このような行為は決して見逃してはいけません。

そのためにも、証拠集めが必要です。会社の人事部やトップの人に職場の雰囲気の悪さを伝えるために証拠集めをするのです。例えば、ボイスレコーダーに会話のやりとりを録音したり、殴られて怪我をしたら病院に行き診断書をもらい、動かぬ証拠を集めておくのです。

証拠がそろっていれば、トップの人ももみ消してなかったことにすることはできません。暴力や暴言を振るった人はそれなりの処罰を受けることになり、職場でも生きにくくなるでしょう。

あまりにもひどいことをされた時は、証拠を集めてから人事部やトップの人に相談しましょう。

【まとめ】

職場の人間関係に悩んだら、良くも悪くもあなた次第で職場を見る目が変わってしまうということを忘れないようにしましょう。

仕事仲間がみんなきつい性格だということを気にしてしまうと、たちまち職場に居心地の悪さを感じますが、仕事仲間の性格がきついのは仕事熱心だからだと思うと、そこまで気にならなくなってきます。

要は気持ちの持ちようなのです。あなたが相手に対してどう思っているかで、全ての景色が変わって見えるはずです。

職場の人間関係の悩みはあなたが気にしなくなれば大抵解決するのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ