失敗するのが怖い人は失敗することの素晴らしさを知らない

失敗が怖い
性格の悩み

仕事などで失敗をすると、まず最初に頭に浮かぶのは自分の評価が下がるということです、そのために失敗するのが怖い人は、チャレンジすることを避けるようになります。

特にある程度のキャリアがあると、失敗することを恥じだと感じるようになります。もちろん同じ失敗を繰り返していては、評価も下がりますし新人の場合には叱られることになります。

同じミスを繰り返すということは、学ぶということをしていないと判断されるからです。けれどもここに大事なポイントがあります。失敗をしても同じことを繰り返さないようにしようと考えれば、何かを学ぶことになります。つまり人は失敗をすることによって、成長することができるというわけです。

この意識を持っていれば、失敗は決して怖いものではありません。むしろ生きていく上で必要な素晴らしいものなのです。

スポンサーリンク



失敗から成長するための学びを得ることができる

大きな失敗をしてしまうと、時に大問題につながる恐れがあります。

けれども小さな失敗をしているうちに注意するようになれば、そのような大きな失敗は回避できるようになります。特に社会人になったばかりの頃は、それほど大きな責任を問われるような仕事を任されることはありません。

そのような時に小さな失敗をしておいて、そこから様々な学びを得ておくことで次第に失敗しないようになります。そのような時期には積極的に色んなことにチャレンジして、様々な経験をしておくことが大切です。

その上で失敗をしたならば、同じことを繰り返さないようにするために何をすれば良いのかを考えることです。すると、そこから色んなアイデアも生まれますしミスもしなくなります。

このような失敗することの素晴らしさを知らないでいると、いつまで経っても成長することなく歳を重ねることになります。

失敗を避けることのリスクとは

失敗するのが怖い人は新しいことに取り組むことを無意識に避けますし、色んな経験をせずに歳を重ねることになります。すると仕事でも次第に責任の重いものを任されるようになりますし、高いスキルも求められます。

 

けれども経験不足のままにそのような仕事に取り組んでしまうと、やがて大きな失敗をすることになります。小さな失敗を繰り返していれば回避できることができないというわけです。

その結果、会社にも大きな損失を与えるといった問題につながってしまうことになります。そのためには早い段階で、色んな失敗を経験しておいた方が良いというわけです。

もちろん、その時にはどのような対策を立てればよいのか、じっくりと考える必要があります。ただ単に落ち込んでいたり、チャレンジしたことを悔やんでいるだけでは失敗を生かすことができません。そこから何を学び取るのかが大事というわけです。

言い訳をしないこと

人は叱られるとつい、言い訳をしがちになります。失敗をした時にも、他にその原因を求めるようになるわけです。例えば納期が短いために十分に確認ができなかった、などと自分自身で言い訳を考えることで、失敗の責任を他に求めるようになります。

けれどもそのような環境というものは変えようがありませんし、仕事は与えられた環境で結果を出すことを求められます。どのような環境においても求められる結果を出せるように工夫しなければならないわけです。

けれども失敗の言い訳を先に考えているようでは、そのような工夫をすることができません。その結果、同じようなミスを繰り返して成長しないことになります。まず失敗をしたら、言い訳をせずに謝ることが大切です。その上で、自分に何ができるのかを考える必要があります。

歳を取ってからもチャレンジを

年齢を重ねると、次第に失敗することを怖れるようになります。この歳になってミスをするなど恥ずかしいと思うようになるからです。また失敗することによって人から避難されることも避けたいと思いますし、リスクを取るようなチャレンジは避けるようになります。

けれども人は歳を取っても成長することができます。そしてその成長のためには、失敗は避けられません。何か新しいスキルを手に入れるためには、失敗というリスクを伴ったチャレンジが必要なのです。それを心得ている人は、幾つになっても新しいことに取り組むことを怖れないものです。

失敗から得られるものとは

失敗することで得られるものは色々とあります。まず失敗したという経験を繰り返すことにより、どんな影響が生じるのかを知ることになります。

その結果、自分の言動にどれほどの責任が伴うのかを実感するようになります。そのために無責任な言動は取らなくなりますし、周囲への配慮もできるようになります。

また誰もが失敗する可能性があるとことも意識できます。部下を持つようになり、その教育をする際にも、部下の失敗に対する接し方というものを学ぶようになります。

単に叱るだけでは何の解決にもならないことを知るわけです。自分自身が失敗からどのような学びを得たのかを経験していれば、部下の育て方というものも自然と備わるようになるわけです。

 

つまり管理職としてのスキルも備わるようになります。また失敗をしないために何をすべきかも考えるようになります。失敗したことから学ぶことも多いものですが、事前に回避するためには何が必要なのかを考えるというわけです。

そのためには常に注意深く観察し、何か失敗につながるような要素は無いかどうかを確認する用心深さが備わります。これは課題発見能力につながるものですが、あらゆる可能性を考えて失敗の要因を排除できるようになります。また、問題が発生した時にも対処する能力が高まります。

ちょっとした問題であっても、大きなミスにつながることもあります。そのような危険性を察知して、前もって手を打てるようになるわけです。

チャレンジすることで得られるもの

失敗することを怖れないようになれば、色んなチャレンジができるようになります。その結果、様々な経験を積むことによってスキルや能力が高まることにつながります。

新しい仕事に取り組む場合にも、必要なスキルが備わっていればスムーズに業務に携わることができます。また新しいことにチャレンジするようになれば、視野も広がってきます。

 

新たなモノの考え方も備わりますし、創造力も高まるようになるわけです。また視野が広がることで、色んな考え方があることも理解できるようになります。

それまでは他の人の意見に賛成できないとしていた人でも、そのような考え方が理解できるようになるわけです。その上でお互いに意見が異なる場合には、どのようにして擦り寄ればよいのかを考えるようになります。つまり、コミュニケーション能力も高まるようになるわけです。

 

このように失敗を怖れることなく色んなことにチャレンジできるようになれば、基本的なビジネススキルが向上するようになります。特にセミナーなどに通うことなく必要なスキルが備わるので、例えば管理職へと転向する際にも役に立つというわけです。

できる限り若いうちから失敗を積極的に受け入れることで、早い段階でこのようなスキルが備わるようになります。もちろん歳を取ってからでも遅くはありません。

常にチャレンジすることを怖れず、失敗を怖れることなく色んなことに取り組むことで成長を続けることができます。その結果自分自身を高めることができますし、どのような環境であっても対応できるようになります

スポンサーリンク



ページの先頭へ