仕事に行きたくないならまずは休め!そして自分と向き合うべき

仕事に行きたくない
仕事上での心の悩み

仕事に行きたくないと思う場合には、大抵何かしらの負荷が心身にかかっているものです。

そのような状態で自分を奮い立たせて無理に出社しても、さらにダメージを深めるだけです。

結果的に会社に行きたくない原因が解消されるのであれば良いのですが、その原因が分かっていない場合にはイチかバチかの賭けになります。リスクは極力回避することが必要なので、まずは休みを取ってしっかりと休息することが必要です。

疲れ切った頭で何かを考えようとしても、良いアイデアは生まれないものです。そのように疲労感を抱えたままでは、視野も狭くなりますし原因を考えることもできません。

スポンサーリンク



会社に行きたくない原因を考える

会社に行くのが辛いと感じながら仕事をしていても、そのような状況から脱することはできません。まず最初に原因を考えなければ、対策も立てられないからです。

疲れた頭を回復させるためにも休みを取って、じっくりと自分自身の現状について考えることが大切です。単純に仕事が忙しくて会社に行きたくないのか、職場での人間関係に疲れているのか、あるいは他に原因があるのかを特定させる必要があります。その原因によって、どのような対策を立てるのかが決まってきます。

仕事に忙殺されていると感じる場合の対処方法

毎日の仕事に追われて疲労感が抜けることなく、会社に行くのが嫌になっているならば、対策は色々と考えられます。

まず単純に抱えている仕事量が多いのであれば、上司に相談することが大切です。他の人に仕事を割り振ってもらえるかどうかを聞いてみるわけです。

他の人も多くの仕事を抱えているというのであれば、対策はさらに二通りに分かれます。ひとつは会社を変わるということです。収入面など不安はあるでしょうが、現状のまま月日が経っても事態は解消されるとは考えられません。思い切って転職を考えた方が良いでしょう。

あるいは他の人も多くの仕事を抱えながらもきっちりとこなしているのであれば、自分の仕事の段取りが悪いのかもしれません。まずはそのように考えて、やり方さえ変えれば負担が減るのだと考えてみることです。

そこで心が軽くなるようであれば、仕事の効率化に取り組んでみるのも効果的です。他の人の仕事への取り組む様子を観察するだけでもヒントは得られるものです。

人間関係に疲れていると感じる場合の対処方法

職場での人間関係に疲れて会社に行きたくないと考えているのであれば、方法はふたつに分かれます。まず自分からきちんと挨拶をするように心がけることが挙げられます。

気まずい雰囲気の中で挨拶もほとんどしていないというケースは多いものです。それがさらに後ろめたさを感じさせることになりますし、職場での居心地を悪くする場合があります。

返事をしてもらえてももらえなくても、毎日挨拶をしてみましょう。無理に世間話をする必要はありません。仕事に関しては、するべきことはきっちりと行うことも大事です。例えば連絡する必要があるならば、早めに伝えるように心がける必要があります。

 

仕事においてしっかりと取り組んでいれば、周りの人もきちんと評価してくれるようになります。それでも状況が変わらないのであれば、思い切って転職を考えてみるのも良いでしょう。

職場環境だけは自分の力だけでどうにかできるものではありません。すべきことはきっちりと行っていても、居心地の悪さを感じるというのであれば無理をすることはありません。

そこで無理に会社に通い続けていると、精神的なダメージが増大してしまいます。そのような状態になっても、誰も責任を取ってくれはしません。

会社には色んな人がいますし、相性の良し悪しというものは必ずあります。けれどもそのような相性を考慮してはくれませんし、実際にそのような配慮をすることは不可能でもあります。そのような中で無理をする必要はありませんし、他に自分に合う環境というものはあるはずです。

転職することは不安だと思う場合

簡単に転職と言われても、そう簡単にはできないと思うのは当然です。特に当面の生活費の蓄えがなければ、次の会社が決まらないとお金が底を尽いてしまいます。

けれども無理をして会社に行く時間は無駄と言えますし、環境を変えることでもっとパフォーマンスを高めることができるとすればもったいないものです。環境を変えればさらに稼ぐこともできると考えれば、転職への不安は解消されます。それよりも前向きな気落ちが生れるようになるので、転職活動にも力を入れることができます。

何となく仕事が合わないと思う場合の対処方法

会社に行きたくないと思う理由が、自分には今の仕事が合っていないというケースもよくあるものです。そのような場合には、まず今の仕事に真剣に取り組んでみることが大切です。

漠然と仕事が合わないと思う人は、他の仕事も同じように感じる可能性が高いものです。他に就きたい仕事があるというのであれば話は別ですが、そのような業種があるわけでもなく何となく合わないと感じるならば転職はお勧めできません。

かといって低いテンションのままで無理して仕事に取り組んでいても、良い結果は出ないでしょう。まず会社を休んで自分と向き合うことが大切です。そして自分が携わる仕事の中で、全くやり甲斐を感じないのかどうかを振り返って考えてみることが必要となります。

仕事に面白味を感じないと思いつつも、時間を忘れて取り組める作業はないかどうかを考えるわけです。何か一つでも時間を忘れて取り組んでいると思えるものがあれば、それはどのような内容の業務なのかをじっくりと考えてみることをお勧めします。

 

例えば順調に仕事が進んでいる時は良いのですが、待ち時間が長いとか納期までに時間が無さすぎるといった不満がないかを考えるわけです。待ち時間が発生するという状況は、自分ではどうすることもできません。

そのようなことから虚脱感を感じているのであれば、自分は段取り良く仕事が進んでいる時は調子が良いことが分かります。つまり、仕事の段取りを工夫するような業務に向いていることが分かります。

そこまで分析できるようであれば、自分がすべきことが分かります。常に業務効率が高まるように工夫をして、それが上手くいったときに達成感を感じるようになります。そのような達成感を多く感じることができるようになれば、仕事に行きたくないという気持ちは薄れていくものです。

どうしても原因が見つからない場合の対処方法

会社を何日か休んでみて自分を振り返ってみても、その原因が何も思い当たらないということもあります。そして次の日に会社に行くことを考えるだけでブルーな気持ちになるというわけです。

このような場合には、あえて何も考えずにゆっくりと休んでみることがお勧めです。とにかく何もせず、休むことに専念するのがお勧めです。このような機会に趣味などに没頭するのも良いのでは、と思う人も多いものです。

けれどもこのような時間で充足感を感じるようなことに取り組んでいると、なおさら会社に行きたくなくなってしまいます。それよりも身体と心を休めることに専念することが大切です。

そして夜になったら次の日に会社に行きたいと自然に思えるようになれば、改めて出社するのが良いでしょう。疲れはしっかりと取れているわけですし、何か成果を生み出したいという欲求が生れている証拠であると言えます。

スポンサーリンク



ページの先頭へ