仕事が辛いと悩んでいる人へ…なんでも自分のせいにしていませんか?

仕事が辛い
仕事上での心の悩み

仕事は自分だけでコントロールできないものです。ですから仕事が辛いからといってすべてを自分のせいにしてしまってはただ自分を追い込んでしまっているだけなのです。

辛い気持ちというのはいくらポジティブな人でもネガティブな気持ちに押しつぶされて思考が

  • すべては自分のせいだよな
  • 自分がもっと仕事ができれば
  • もっと要領よくこなしていれば
  • あの時にこうしていたら

のように自分を追い込んでしまう方向に向かってしまいがちです。

仕事は組織なのであなた一人で回っているわけではありません。

仕事が一人で完結するなんてことはもちろんないのです。ですので、仕事が上手くいかなくて辛いという事もありますし、それがすべてあなたのせいというわけではないのですよ。

同僚や上司から急に仕事を頼まれる事があるでしょう。そうすれば自分のミスではないのに、自分がトラブルに対応をしなければいけないこともあります。

 

また、チームの一人がミスをしたことで全体で責任を取らなければいけない事もあります。自分のミスでないのに、怒られてしまうとさすがに理不尽に感じてしまいますよね。

会社は組織なので自分ではどうにも出来ないこともたくさんあります。組織は自分ひとりではどうにもならない事の方が多いといっても過言ではありません。

 

ですので、自分のせいにばかりしないでたまには環境のせいにしてみませんか?

例えば

  • 「あいつがミスをするから悪い」
  • 「仕事が遅いヤツがいるから悪い」
  • 「そもそも仕事が多すぎるから悪い」

など自分のせいではないことは自分のせいだと思わなくても良いのですよ。

またには環境や周りのせいにすれば少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか?

もちろん謙虚な姿勢は素晴らしいですし、誰からも好かれるでしょう。ですが、それではいつかあなたが疲れてつぶれてしまうので、環境のせいにしてみるのも一つの方法ですよ。

スポンサーリンク



●人間関係に相性があるのは当たり前

仕事内容ももちろん大切ですが、仕事が上手くいくか行かないかは人間関係が大きく関わってくるでしょう。たくさんの人がいればすべての人と相性がいいわけではありません。

 

当たり前ですが、苦手な人、話しにくい人がいて当たり前だと思います。

 

また、ビジネスシーンになるといいたくないことでも言わなくてはいけないこともあると思います。その言葉を言ってしまったがために人に嫌われる事もあるでしょう。

また、上の立場になればなるほど嫌われ役にならなければいけないこともあります。もし、周りが敵ばかりだとしても苦手な人が多いとしてもそれを責める必要はまったくありません。

どんな職場にいっても好き嫌いや相性があるのは当たり前なのでそれを自分のせいだと思う必要はありません。たくさんの人間がいればウマが合う人、合わない人がいて当然だと思うので、仮に嫌いな人がいても自分を責める必要はありません。

もちろん無理に好きになる必要はありません。「仕方がないことなんだ」というように言い聞かせるようにしましょう。

●出来る事と出来ない事をしっかりと分ける

仕事が出来ないと仕事が辛いと思ったり、自分がダメなんだと自分を責めてしまいがちですよね。

 

ですが、そもそも人間なんだから出来る事と出来ない事があるのは当たり前です。たとえ、周りの人に出きたことだとしてもその人とあなたは違う人格なので必ずあなたが出来るわけではないですよね。

誰にでも得意、不得意はあるので他の人が出来てもあなたに出来ない事もあると思います。もちろん同僚よりもあなたの方が出来る事もあるので何か出来ない事があっても気にしないようにしましょう。

出来る事出来ないことをしっかりと分けることで仕事が上手く回っていくようになりますよ。

苦手なことは無理をしないで他の人に回してしまうのが一番ですよ。無理に仕事をすると余計に仕事が辛くなってしまうので、そうなるくらいなら得意な事を中心に仕事をしましょうね。

●周りの目を気にしない

仕事が辛い、自分のせいだと思っている人は周りの目を気にしすぎていませんか?

周りの目を気にする人はとても真面目な人が多いので、否定するかもしれませんが、周りの目を気にして思うようにいかない可能性があります。

もちろん周りの目を気にするのはいけないことではありませんよ。仕事は組織なのである程度チームワークも必要なので周りを気にしながら仕事をするということは非常に大切ですよね。

 

ですが、あまりに周りの目ばかりを気にしていたら疲れてしまいます。周りの目を気にするばかりに本来自分がやりたいことでも

「良いのだろうか?」

「周りに何か言われないだろうか?」

と気にして本来の自分の力を発揮できない可能性があります。

また、異常に失敗を恐れてしまう傾向があるので思うように仕事が出来ない可能性があります。周りの目を気にするばかりに仕事が出来ないやつだと思われたくない、怒られたくない、陰口を叩かれるのではないかなど考えながら仕事をしていると他に気も散ってしまうので、上手くいかないですよね。

仕事が辛いと思っている人はもしかしたら他の目を気にしすぎている可能性があるので、もう一度確認してみてくださいね。

●リフレッシュする事も大切

仕事が辛くて何でも自分のせいにしてしまっている人はもしかしたら仕事に気持ちが入りすぎてしまっている可能性がありますよ。

そのために何でも自分のせいにしている可能性があります。

 

ですので、時にはリフレッシュして気分転換をすることが大切です。気分転換をして頭がリフレッシュしたらあなたのせいではなくて他に問題があることに気づける可能性がありますよ。同じ事に集中していたら意識が固定されて先入観から仕事が行き詰ってしまう事があります。

人は追い込まれると自分のせいにして自分を追い込んでしまうことがあるので、一度仕事から離れてリフレッシュすると良いですよ。

そうすればもしかしたら他の問題点が見つかる可能性があります。休みの日に思い切ってストレス発散をしても良いですし、動けないときは深呼吸をしたり、ストレッチをしたり、少し休憩を取るなど気分転換でも良いですよね。気分転換をしている間は絶対に仕事のことを考えないようにするのがポイントです。

頭がスッキリする事で違う角度から物が見れる可能性があるので、仕事が辛いと思ったり自分が悪いと思い込んでしまったら一度リフレッシュする事を考えて見ましょう。

 

また、このときスマホを見ないようにするのがポイントです。出来るだけ外に出て景色を見るなど画面から離れることが大切ですよ。仕事が辛いと思ったら休みの日は自分の好きなことに没頭してリフレッシュする事を考えましょうね。

●考え方を変えることが一番

仕事が辛くて何でも自分のせいにしてしまうのを変えるには考え方を変えるのが大切です。今、仕事が辛くて仕方がない人は何でも自分のせいにしてしまうところがあるのではないでしょうか?

もちろん何でもかんでも人のせいにしてまったく反省をしない人よりかは良いのですが、100%すべて自分のせいにするのも考え物ですよ。

たまには視線を変えて違う方向から考えてみることが大切です。意外と自分のせいだと思っていても、他の環境のせいだったり、違う人のせいだったりする可能性もあります。

あなたが思いつめなくても解決する事がたくさんあるので自分のせいにばかりするのはやめましょう。もちろん、あなたが本当に悪いと思うことはあらためなければいけませんが、自分だけのせいと思う必要はまったくありません。

仕事が辛いと思っている人は一度考え方を見直してみる事をおすすめします。考え方を変えるといっても元々何でも自分を責めてしまう人は難しいかもしれませんが、何か失敗をしたときにまず自分が悪いとすぐに思うのはやめましょう。

客観的に考えるようにして何が問題点だったかを考えるクセをつけましょう。そうすれば意外とあなたは悪くないこともたくさんありますよ。

スポンサーリンク



ページの先頭へ