好きでもない仕事に真面目なふりをしていいなりになる必要はあるのか?

仕事の疑問

就職をする際には会社の規模やスペック、さらには待遇など様々な面を見て自分にマッチしていると感じたからこそ入社を決めたのでしょう。

ですが実際に入社してみると、会社の意外な一面が見えてくるものですし、労働環境においても不満が出てしまう場合もあります。募集要項には書いていなかった仕事に配属されてしまっということも少なくはありません。

好きでもない仕事を続けるという事は、心理的にも肉体的にも辛い部分があるでしょう。会社のありえないような要求に愕然とすることも多々あるものです。

時には好きでもない仕事に真面目なふりをして、いいなりになる必要はあるのかと考えてしまうこともあるでしょう。そういった時にどう対処した方が良いかは、そのケースによって対策方法も変わります。

スポンサーリンク



■自分の選んだ仕事に何故不満があるのか考えよう

その仕事を選んだのは何故なのかということをまずは頭で考えてみることも必要です。慣れない仕事を行うのは誰もがストレスを感じるものです。ですが、ある程度得意分野っていうのは枝分かれしており、自分のスキルに見合っているからこそその会社を選んだのでしょう。

デスクワークが向いている人もいれば、体を動かす仕事の方が合ってる人もいます。自分の特性にあっている仕事だからこそその仕事を選んだのです。最初は誰でもできないことが多くあります。ですが毎日のように仕事に関わることによって、その仕事は得意になってくることもあるのです。

 

ですから、真面目なふりをしながらでもいいから、まずはその仕事に地道に取り組んでみるということも必要です。

そのうちに、自分にはなかったスキルで新たに磨かれて、別の分野に配属されるという可能性も充分にあります。まずは地道に作業をこなしていき、自分なりに会社の段取りなどを効率よく行ってみるということが重要なのです。

■好きでもない仕事の原因は人間関係で発生する事もある

やっと勤めた仕事で好きでもない仕事だと思ってしまうのは、人間関係に疲れ果ててしまうという面も否定できません。人間関係と社会関係においてはいうのは避けていけない項目の1つなのです。これをクリアできると、好きでもない仕事であっても、それがお金に還元されるのですから、自分の中で新たな目標を持つことができます。

どれだけ好きでもない仕事をこなす毎日であっても、帰宅すれば自分の自由な時間が待っているのです。それを思えば好きでもない仕事を真面目なふりをして言いなりになっていても、それも仕事の一部なのだと考えられるようになります。

誰しも楽をして仕事をしたいと思っている部分があります。ですが、社会生活というのはそんなに簡単でもありません。少しずつ慣れない仕事に慣れていく事も、現実的には必要なのです。そこそこ手を抜くことも必要ですが、真面目なふりをしていなりになっていれば、思わぬ評価を受けることもあります。

■好きでもない仕事を受け入れる為にはプライベートの時間を大切にする

好きでもない仕事をこなすのが辛いと感じる方は、仕事の時間とプライベートの時間を振り分けることができないという事実も無視できません。仕事でのトラブルなどを家に帰っても引きずってしまうのです。そうなってしまうと、好きでもない仕事がより嫌いになってしまいます。

プライベートの時間はゆっくりと楽しく過ごす事に集中すべきです。日本は義務教育ですから、行きたくもない学校にも毎日通わなければならないという面はあります。

それと同じように、果たせられた日課にこなしたことは忘れ、プライベートをより大切にすることにより、好きでもない仕事でも毎日新聞を読むように、あるいは顔を朝洗うように日常の行事として果すことができるようになります。

■好きでもない仕事であるという暗示を解いていく

好きでもない仕事をやっていると、自分の中で辛い辛いと暗示をかけてしまうことがあります。私この暗示を解き放つということも時には必要です。やりがいのある仕事というのは案外少ないものです。

やりがいのある仕事を行える人というのはとても羨ましいものではありますが、特殊な技能が必要だったり、最初から才能を持っていないとできない仕事だったりします。

やりがいのある仕事であっても、時にはつまずいてしまうこともあるのです。それほどまでに仕事というのは大変な作業なのです。まずは好きでもない仕事であっても、賃金を得られるという事に関して感謝する事も重要です。その仕事に就けない人もたくさん居る事を知りましょう。

■良くない職場の場合は転職を考えよう

ですが中には、ブラック企業のような仕事もあります。このような職場で好きでもない仕事に真面目なふりをしていなりになる必要はありません。まずは自分の心理的な安らぎや肉体的な辛さを重視し転職することも必要になってきます。

会社というのは利益をもたらすだけではなく、従業員それぞれが幸せになることも目指さなければなりません。それを忘れた企業というのは、一見発展しているように見えても、結果的に人を不幸にするだけの仕事になってしまいます。

好きでもない仕事の上に、睡眠時間まで削られて残業するのが当たり前というような環境では、精神疾患などの症状に見舞われてしまうことさえもあります。真面目に生きる事はとても大切なことではあるのですが、時には冷静になりこの仕事は本当に自分にとって必要なことなのかということを改めて考えてみるべきなのです。

■自分の得意分野を見極めよう

世の中には実にたくさんの仕事があります。今ではPCやスマホを活用して独自に仕事ができるようになってきました。若い年齢の方でも自分で起業することさえもできるのです。世の中は便利になったのですが、それ以上に特定のスキルも必要とされるようになりました。

自分の経験値を上げていくということも必要ではあるのですが、好きでもない仕事が辛くて仕方がないようならば、新しい分野の仕事に関われるように自分を磨いていくことが何よりも必要な対策です。

特に新入社員の時には、周りはベテランばかりで好きでもない仕事がより辛く感じられてしまうこともあります。ですが年数を重ねることにより、それが当たり前になることもあります。逆に、その仕事が全く合っていないということも考えられます。どちらを選ぶかという事は個人差もあります。

会社にすんなり従属できればその方が圧倒的に楽ではあります。組み込まれたシステムの中で、ただ日常をこなすだけで金銭的に潤うのです。もちろん、会社に対しての不満などもあるでしょう。ですが、そういう時こそできるだけポジティブに考えるべきなのです。毎日の仕事をこなしていくのかという事は、自分のあるべき姿を取り戻す事でもあります。

■上司や同僚に仕事のやり方を提案してみる

時には仕事がスムーズになるように、上司や同僚に提案をしてみるのも良い方法です。明らかに会社側のシステムやマニュアルに効率が悪い面がある場合もありますから、それを解消することで好きでもない仕事がやりがいのある仕事に変わることさえもあるのです。

まずは自分自身のあり方自体をしっかりと捉え、自分が何をしたいのか、仕事で成せる事は何なのかということを、 一度頭をクリアにして考えてみることが重要です。それが近い幸福な未来へと直結します。好きでもない仕事に真面目なふりをしていなりになるのも良いですし、新たな自分を見つけ出すという行動も同時に行っていく事も時には必要なのです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ