仕事が続かない

仕事の疑問

仕事が続かない人の心理や特徴を踏まえての3つの改善策

投稿日:

【仕事を辞めたいと思ってしまう心理】

仕事を辞めたいと思ってしまう心理は様々です。

自分の適性ではない仕事に就いていて辞めたいと感じるとき、あるいは職場の雰囲気が悪くて自分の居場所を見つけれられないとき、もしくは単に仕事自体にやる気が出ず無気力になってしまうときといったように、人によって辞めたくなる理由は様々です。

もし、仕事が続かないと本人が悩んでいるのなら、まだ人生を軌道修正するチャンスはあります。

仕事が続かないと、男性の場合、経済状況が不安定だとして結婚相手に選ばれにくいですし、女性の場合も独身の割合が増えているので、独身にも関わらず仕事を辞め続けていては生活が苦しくなってしまうというデメリットがあります。また、転職する度に年をとり、入社時の条件が悪くなる方が多いので、これもデメリットの一つになります。

なるべく仕事は続けた方が本人のためにも良い場合が多いのです。

スポンサーリンク



【仕事が続かない人の特徴】

では、仕事が続かない人とは一体、どんな特徴を持った人なのでしょう。

・経済的な余裕がある

実家が金持ちで安月給でも親が欲しいものを買ってくれたり、実家にお金をいれる必要がなくお給料は自分の思うままに使える人は、自分が仕事を頑張らなくても十分なお金が手元にあります。そのため、お金に対して執着心がありません。そうすると、働く意義を見いだせなくなり、嫌な仕事をわざわざするのが馬鹿らしくなってきます。

車のローンなどで、必ず毎月支払わなければならないお金などがある場合は、仕事を辞めたいと思ってもお金が必要なため、実際に行動には移せません。仕事を辞めたいと思えるのは、仕事を辞めても生活に困らないということが保証されているからです。

・自分に合っている仕事ではない

自分の適性ではない仕事ほど、辛い仕事はないかもしれません。

ご縁があってたまたま入社したのはいいものの、自分の適性に合っている仕事でないため、失敗の連続だったり、他の人よりも仕事の出来が悪くていつも怒られていたりすると、だんだん仕事が嫌になります。

運動が嫌いな人にはスポーツのインストラクターの仕事は向いていませんし、文学青年が自衛隊や消防士などの体を張った仕事に就いても無理があります。人にはそれぞれ自分に合った仕事があるので、もう一度、自己分析してどのような職業が向いているのか考える必要があります。

働く場所を間違えて、周りに優秀な同僚などがいると、いたたまれない気持ちになります。仕事だからとやる気をだして取り組んで仕事を成し遂げる人もいるかもしれませんが、かなりの努力が必要です。

・病気が潜んでいる可能性がある

仕事が続かない人の特徴として、発達障害の病気が潜んでいる可能性があります。

子供の頃から、空気が読めず友達と円滑にコミュニケーションをとるのが苦手だったり、「変わった子だね。」などと言われることが多かったり、なにか自分は他の人とは違う疎外感のようなものを感じて生きてきた人は、もしかしたら、発達障害の可能性があります。

発達障害の場合、そうでない人に比べると、得意な分野と不得意な分野がはっきりしています。アンバランスに脳が成長してしまったことによるものですが、こういった人は一つの分野にとても長けており、適正に合った職業に就くと天才と呼ばれるような人が多いです。あの有名なエジソンやアインシュタインも発達障害を持っていることで有名です。

発達障害の人の特性として、コミュニケーションが苦手なため、営業の仕事は向いていないと言われています。これは、発達障害の人が決して人嫌いであるわけではありません。他の人と仲良くしたいと思っても、相手の心の機微が読めず、会話が一方的になりがちで会話のキャッチボールがうまくできないのです。

こういった人は自分の世界にのめり込めるような、研究者や技術職の方が向いています。

【仕事が続かない人ができる改善策】

仕事が続かず辞めるという行為を繰り返す人はどうすれば良いのでしょう。改善策をみていきます。

・今までに体験したことのないジャンルの世界に飛び込んでみる

今までに体験したことのないジャンルの世界に飛び込んでみるというのも良い方法です。

というのも、今までと同じような職場では、再び仕事に生きがいが見いだせず辞めてしまう可能性が高いからです。これでは、また同じことの繰り返しです。

それよりは、今まで体験したことのないジャンルの仕事に思い切って飛び込んでみましょう。未体験な仕事であるがゆえに、その仕事の面白さをいろいろと発見できるかもしれません。

未体験な仕事といっても、あきらかに自分の適性に合わない仕事や全く興味を感じない仕事ではダメです。未体験の仕事で、少しでも興味がわくものがあれば、挑戦してみると違う人生が切り開けるかもしれません。

・学生時代のでの卒業文集を読み返す

仕事が続かないと悩んでいるのなら、学生時代の卒業文集を読み返してみるのも良い方法です。学生時代の卒業文集には、大人になったらやってみたい夢や職業などが書かれています。

子供の頃に思い描いた夢は、大人になって打算的に考えた夢ではありません。心の底から純粋に「なりたい!」と思って描いた夢です。

卒業文集を呼むと、「あの頃、大人になったらこんなことやりたいと思っていたな。」とか「こんなこと考えていたんだ。」などと、学生時代の記憶がよみがえり、自分が本当にやりたいと思えることが発見できるかもしれません。

大人になると、どうしても仕事そのものに対する憧れだけではなく、条件の良さなどを考慮したりしがちですが、本当に自分が情熱を注げる仕事は、条件の良い仕事ではなく、本当に心からやりたいと思える、やりがいのある仕事なのかもしれません。

卒業文集を読んで、もう一度、自分は何をしたいのか考えてみましょう。

・給料が入ったらやってみたいことをリストアップしてみる

仕事が辛くて身が入らない時は、お給料が入ったらやってみたいことをリストアップするという方法もあります。

人間、辛い仕事をひたすら耐えてこなすだけでは限界があります。辛い仕事を乗り越えた先に自分へのご褒美がないと、とても仕事をやっていく気にはなりません。

辛い仕事を頑張るのは、自分が充実した人生を送るためです。

海外旅行に温泉巡り、美味しいグルメを食べに行くなど、自分がやりたいと思うことを、思いつくままペンをとって紙に書いてみましょう。仕事を辞めたいと思っても、やりたいことへの興味の方が勝っていたら、仕事を辞めようという覚悟には結びつかないはずです。

仕事が続かないと悩んでいるのなら、心がときめくようなことを探してみましょう。

【まとめ】

仕事が続かないという人は、以上のことに取り組んでみましょう。

そして、仕事を辞めたいと思っているのはあなただけではありません。実際に仕事を辞める人は少数ですが、多くの人が辛い仕事を辞めたいと思って働いています。

しかし、そこで仕事を辞めずに働けるのは、借金をしているとか、妻子を養わなくてはならないといった、働かざるを得ない環境があるからです。仕事を辞めて別の仕事をしようと思えること自体、実はあなたの環境は自由に生きられる、恵まれた場所にいる可能性が高いです。

本気で仕事を続けたいと思うなら、本気で仕事に取り組んでみましょう。辞めたいと悩む時間があるのは、それだけ自分の人生に余裕のある証拠です。人間、本当に切羽詰まった状況になると、悩む暇などなく、髪を振り乱して一心不乱に働きます。

ぜひ、これを読んであなたの人生のヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.