仕事で不幸

仕事の疑問

人生を豊かにするための仕事で不幸と感じる人の原因と対策

投稿日:

一般的なサラリーマンであれば高校や大学を卒業してから社会人となり、定年になるまで働くことになります。

何十年と働くことになるわけですので、仕事の内容や一緒に働く人はとても重要です。近年では首相が「1億総活躍」というテーマを掲げ、国民全員が働くような社会の実現に向けた動きが活発になっててきています。ここで考えておくべきことが、仕事の意義についてです。

歴史を振り返るとわかりますが、仕事とは本来、生活の糧を得るためのものでした。狩猟採集時代であれば、狩りをして食料を得ることが生存に直結していましたし、農耕時代であれば農業をすることで農作物という食料を得ることができました。

 

このように、働かなければご飯すらロクに食べられない時代が続いていたのです。しかし近代に入って産業革命が起こり、人間の生産性は飛躍的に上昇しました。

かつては朝から夜遅くまで汗水たらして働かなければ、生きていくのも難しい時代でしたが、今は事情が異なります。実は、死ぬほど長く働かなくてもご飯を食べていける時代になっています。

生存に必要のない娯楽産業も増えてきており、人間は労働から解放された時代とも言えるのです。このように歴史の流れを踏まえて考えると、仕事は生存のためだけでなく、人生を豊かにするために存在していると捉えることができるでしょう。もちろん仕事を全くしなければ資産のない人は貧しくなってしまいますが、適度に仕事をしているだけで満足した人生を歩めるはずなのです。

今や定年制度を廃する企業も現れ始めており、年金の支給も将来的には70歳以降になる可能性が高まっています。仮にそうなったと考えると、人間は70歳までは働くことになります。どうせ70歳まで働くのであれば、やりがいのある仕事に就きたいと誰しも考えるはずです。

それなのに仕事で精神的な病を抱える人が増加しているのが現状なのです。うつ病がなる人の大半は、仕事上のストレスが原因で発症していると言われています。それほどまでに強いストレスを抱えながら仕事をしている人が多いという事実が浮き彫りになっているのです。

 

最近の若者は根性がなく、精神力が弱いと批判する人もいますが、実は若者だけでなく中年以降の人も多くうつ病を発症しています。

そう考えると、若者だけでなく社会そのものに原因があると考えるほうが妥当と言えるのです。
仕事で不幸になる人が多い原因は複数考えられます。

スポンサーリンク



仕事は我慢すべきという悪しき風潮

その一つに仕事では我慢すべきという風潮があると言えます。昔から日本では忍耐や我慢を美徳として捉える文化があり、その名残があるのかもしれません。

 

もちろん、ある程度仕事に慣れるまでは我慢が大切というのは納得のできるものです。根性論と聞くとバカにする人もいますが、根性だけで乗り切れる局面も少なからずあるため、否定はできません。

根性や忍耐力がある方が、競争社会で生き残りやすいというのも事実です。

しかし度を超えた我慢は巨大なストレスとなり、最終的にはその人の精神をむしばんでいきます。

もともとメンタルが強い人はこういった社会でも生き残ることができますが、多くの人の心は繊細で傷つきやすいものです。こういった弱者が精神的な病にかかりやすくなるのは想像に難くありません。

これからは我慢をしないための工夫がキーポイントとなる

そこで大切になってくるのが、我慢をしないための工夫やストレスを軽減するための仕組みです。従業員のストレスは欧米企業でも問題視されており、各企業が様々な取り組みを行っています。

たとえば社内にジムを併設したり、カフェテリアを作ったり、瞑想のワークショップを設けたり、仮眠室を作るなど従業員が働きやすい環境を整える企業が増加しています。

特に瞑想やヨガなどの研究が盛んに行われ、一大ブームにもなっています。つまり欧米では、ストレスを感じても我慢して乗り切るのではなく、我慢せずに済むための工夫を積極的に行っているのです。

 

この視点が、日本社会にはかけています。日本の企業には従業員に我慢させて押さえつけるのではなくて、うまくストレスを発散させてリフレッシュしてもらうための仕組み作りが不足しているのです。

もちろん、社内にカウンセラーを設置したり、仮眠ルームを設けるといった部分的な試みをしている企業はありますが、まだまだ少数派です。今後はますます、社員の満足度を高めるための工夫が必要になってくるでしょう。

日本の効率性に疑問を感じる

もう一つの日本と欧米の企業の違いは、効率性にあります。欧米の企業で働く人は、夕方ころには終業して帰宅してリラックスするのに対し、日本では夜遅くまで働いて家では寝るだけ、という人が多くいます。

残業すると残業代がもらえるので長時間働いている人もいるようですが、そのような働き方で人生が豊かになることはありません。

働くときは集中して働き、休むときは休むというメリハリが大切なのです。日本人は一日中なんとなく働くという文化が根付いているので、この企業体質を変えていく努力が必要です。

たとえばIT系の企業であれば、リモートワークを導入することによって、通勤時間を削減することができるようになります。

こうすることで従業員の自由時間が増え、人生を豊かにするようなアクティビティを行う余裕を持つことができるようになるのです。

企業のグローバル化が進めば競争は激しくなるため合理化は避けられませんが、職住近接を推奨するなどして通勤時間をなくすだけで、従業員のストレスは軽減されるはずです。また日本企業はIT化が遅れているので、手作業でやっていることは、早くデジタル化することが求められます。

高度経済成長期には、ひたすら根性でイケイケドンドンという勢いで継続的な成長を遂げることができたかもしれませんが、今は少子高齢化も進み、かつてのような労働力も期待できません。

グローバル化という世界的な流れは変えられないので、生産性を重視するという考えは避けようがありません。これからは、より効率化を重視した業務の遂行が求められる時代になりつつあります。

ニュースを騒がせているAIもそうですが、このようなシステムを積極的に企業へ導入するのも良い案です。嫌な仕事があればどんどん自動化してAIに任せてしまえば良いのです。人間は機械ができない仕事だけをこなせば生産性もアップしますし、グローバル化が進んでも世界の企業と対等に渡り合えます。

新人の教育も変えていく必要がある

また時間はかかるものの、教育の抜本的な改革も必要になります。与えられた仕事をただこなすのではなく、自ら仕事を生み出していく主体性を持った人材を育成することも重要です。

従来の教育システムの悪い点は、生徒を受け身にしてしまうことにあります。先生が与えた課題をただ生徒がこなしているだけでは、生徒は受け身になってしまいます。

 

そうではなく、生徒自身が課題を見つけ、自ら問題解決にチャレンジする姿勢を養うことが肝要です。そしてその過程で、生徒は自分の持っている才能に気づくことができるようになります。将来的には、各人が才能に応じて仕事を自由に選択できるような社会になるよう教育を変えていくことが大切なのです。

人は無理やりやらされた仕事を嫌だと感じますが、自分で選んだ仕事に対してはやる気を出して取り組むものです。

自分から進んで仕事を行う姿勢さえあれば、どんな仕事も楽しみとなりえます。昔のように家業を継がなければならないという時代は終わったのですから、今こそ自由に仕事を選び、生涯をかけて仕事に打ち込み、充実した人生になるよう生きるべき時なのです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    初心者だからこそ、おすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    いまならお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.