仕事が大嫌い

仕事の疑問

仕事が大嫌いという地獄を抜け出す手段を嫌いな理由ごとに考えてみる

投稿日:

もうやだ!仕事なんて大嫌いだ!なんでこんな理不尽なことをやらなくてはいけないんだ!

と思う方は多いはず。好きだと思っている人よりも圧倒的に仕事が嫌いと思って日々の仕事をこなしている方がほとんどでしょう。

ですが人生の約半分は仕事をして過ごさなくてはいけません。人生の半分が自分が嫌いな時間と考えるとぞっとしませんか?

今回はそんな嫌いと感じることから抜け出す手段はないのか?について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



結果を急がないこと

仕事が大嫌いなことから抜け出す方法としてまず心がけることは、結果を急がないことが挙げられます。

例えば自分の仕事が評価されないと嘆く人は、仕事が嫌いになるケースが多いものです。

けれども本人としては努力しているつもりでも、それが結果に結び付いていないことが多く見られます。

気持ちだけが空回りして結果がついてこないというケースが多いということです。そのために無意識のうちに雑な仕事をするようになり、ミスを起こすことにもつながります。

 

まずは落ち着いて、確実にこなすべき仕事にじっくりと取り組むと良いでしょう。

すぐに評価につながるような結果は出ないかもそれません。けれども地道に経験を積んでいかなければ実力というものは備わらないものです。評価されないと感じるのであれば、それは単純に実力が伴っていないのだと自覚することも大事です。

その上で、しっかりとスキルを高めるためにミスなく仕事をこなすように心がける必要があります。

自分に合わない仕事はないと思うこと

今取り組んでいる仕事がどうしても自分には合わないと思う人も多いものです。

 

例えば営業職に就いているものの、どうも自分には合わないのではないかと思って嫌いになってしまうといったことです。

これも結果が出ないことにより、自分には合わないのだと考えてしまうことが原因です。

あるいは人とのコミュニケーションが苦手な人であれば、営業という仕事は苦痛でしかないかもしれません。けれども人は環境に慣れることができます。

元々は営業が苦手な人であっても、トップセールスマンになる人は大勢います。仕事も好き嫌いで選んでいると、なかなか満足できるような業務には巡り合わないものです。

そこでまず最初に、自分に合わない仕事はないのだと思うことが大事です。コツさえつかむことができれば、大抵の仕事で成果は出せるものです。

そのコツがつかめていないために結果が出せないだけなので、やり方さえ解ればすぐに評価されるような結果は出せるようになります。

仕事というものは何でも、勉強してコツをつかむことが必要です。けれども苦手意識を持ってしまうと、そのような勉強もしたいとは思えなくなります。

そこでゲーム感覚で苦手だと思うことをひとつずつクリアしていくように心がけると良いでしょう。スキルが高まっていると実感できると、たとえすぐに成果が出なくても仕事は楽しくなってきます。

仕事は常に勉強が必要であると理解すること

仕事自体が楽しいと思えなくても、自分自身が成長していると実感できれば嬉しいものです。そして成長すれば必ず成果は出るようになります。

 

そこで、これまでできなかったことで何ができるようになったのかを記録すると良いでしょう。例えばミスが多くて怒られてばかりいるとします。そこで、ミスをなくすことを目標にします。

 

大事なことは、漠然とミスをなくすとするのではなく、具体的にどんなミスをしないようにするのかを考えることです。例えば連絡ミスで大きなロスを出してしまうとします。

そこで連絡すべきことを忘れないようにするということを目標に掲げることが必要となります。チェックリストを作って常に確認するようにすれば、忘れるというミスはなくなります。確実に実行できるように工夫することがポイントです。

自分で目標を掲げる

仕事が大嫌いと感じる人の多くは、達成感を感じていないことが原因と考えられます。そこで自分なりに何かしらの目標を掲げることが必要になります。

例えばこれまで1時間かかっていた仕事を45分で終わらせるという目標を掲げるとします。同じ作業を繰り返しても、時間を短縮することはできません。

そこで何かしらの工夫をする必要があることが分かってきます。ではどのようにすれば時間を短縮できるのかと、色々と考えるようになります。

 

このような試行錯誤を行うことによって、自然と仕事に取り組むことに抵抗感を感じなくなるものです。時間が経つのが早いと意識するのが理由ですが、このような感覚を持てるようになると仕事は退屈なものではなくなりますし、取り組み甲斐のあるものであると意識するようになってきます。

職場に馴染めない場合

仕事自体は実はそれほど嫌いではなくても、職場環境に馴染めずに会社に通うのが苦痛と感じるケースもあります。

対人関係で上手くいかないという場合も多いものですし、何故か同僚からきつくあたられるというケースも見られます。

このような職場環境は自分では簡単に変えることはできません。そのために仕事自体も嫌になってしまうというわけです。このような場合には、職場を変えるのが一番簡単な方法です。

 

けれどもそう簡単に再就職はできないものですし、やむなく会社に通っているという人も多いものです。そのような人は、まず回りの声を気にしないようにすることが必要です。

そして自分の業務に集中して取り組むことが大切です。会社は結局、業績が最優先される組織です。その業績に寄与する限りは会社からはきちんと評価されることになります。

そして黙々と仕事に取り組む姿勢を必ず評価してくれる人がいるものです。また将来転職するにしても、スキルを高めておくことは必要です。今自分に何ができるのかを考えると、どんな職場環境であったとしても自分の業務に真摯に取り組む以外にはないと気づくはずです。

その職場を抜け出すにしても、まず自分の能力を高めることに集中しましょう。ただし大切なことは、周りの人間がどのように接してこようとも、仕事は仕事と割り切ることです。

連絡すべきことはきちんと連絡し、挨拶もしっかりと行うことが大切です。周りの人間に合わせるのではなく、自分自身を高めることに集中することが大切です。

誰のために仕事をしているのかを考える

どうしても仕事が好きになれないという人は、何故自分が仕事をしているのかを考えてみると良いでしょう。単純に給料を得るためであるとしたら、仕事は苦痛でしかなくなります。

けれども自分の仕事によって誰かが喜んでくれたり感謝してくれるとなると、やり甲斐も感じるようになるものです。仕事は誰かのために行っているという意識が生れると、苦手意識を持つようなこともなくなります。

 

逆に、さらに喜んでもらうために何ができるのかを考えるようになります。そのために創意工夫を考えることで、仕事に楽しさも感じるようになるものです。まずは何のために働いているのかを、自分なりに考えてみましょう。

ひたすら自己向上を心がける

人は成長を感じると嬉しく思うものです。

昨日まではできなかったことが今日できたとしたら、嬉しく思うのではないでしょうか。会社のトップは常に向上心を持っているものです。よく本を読みますし謙虚な気持ちを忘れないものです。そのような学ぶ気持ちというものを持ち続けていれば、仕事が嫌いになることはありません。

逆に言えば仕事が嫌いでどうしようもないと感じるのであれば、まず自分自身を向上させるように奮起することが大切です。ほんの小さなことで良いので、昨日まではできなかったことをできるようにしてみてはいかがでしょうか?

仕事に取り組む、というよりもできないことをできるようにしようと意識すれば、苦痛に感じることもなくなるはずです。

仕事が嫌いな人は会社での時間の流れが遅く感じるものです。けれども取り組めることがあれば、時間は早く流れます。時間が足りないと思えるくらいに取り組めることを探してみることが必要であると言えます。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.