なぜ働くのか?働く意味は?

仕事の疑問

ふと疑問に思いがちな働く意味やなぜ働くのか?ということについての再確認をしてみました

投稿日:

学生を卒業すればほとんどの人は働くことになります。学生の間にアルバイトをして働く人さえいます。

就職してから退職まで何十年も働き、死ぬまで働く人もいることでしょう。では私たちはなぜそこまでして働くのでしょうか?働いているとどうしても

  • 自分はなんのために働いているのだろう?
  • 働く意味ってなんなんだろう

と疑問に感じてしまう時期が必ず訪れます。

今回はそんな働く理由について少し再確認してみたいと思います。

スポンサーリンク



金銭のため

大抵の人が働く理由としてお金を得るためとお答えになるでしょう。

そもそもお金によって世界は成り立っていますしお金がなければ生活することも生きていくこともできません。それでもっと収入の良いところ、稼げる業界で働きたいと思う人もいるのです。

とはいえほとんどの人は自分のひと月の収入だけで満足しているわけではありません。

ですからほぼ老齢になるまで働くことになるのです。逆に働かない人というのは生活が保証されている人ともいえます。そのような人は働くことはしないかもしれません。

自立のため

学生がアルバイトを始める場合、一人暮らしをするためというのは一つの理由になります。

また社会人になって家元を離れて生活を始める人もいるでしょう。独り身であっても自分が暮らしていけるだけのお金は必要です。

それで自立した生活を成功させるために働くのです。ある人にとってはアパートの家賃や家電や家具を一通りそろえるために懸命に働く人もいるかも知れません。それもやはり自立のためです。

家族のため

やがて結婚し子供をもうけるようになると育てていくための費用はどうしてもかかります。

家族を支えていくために夫は懸命に働くことでしょう。男にとってそれは大きな仕事ともいえるかも知れません。もちろん妻も働く家庭はたくさんあります。

その場合も働く理由は家族のためでしょう。働く動機が家族を支えることになると働き方にも影響を与えるものです。

 

子供や配偶者と一緒に過ごす時間を優先させたいと思いますので週末は仕事を入れないとか子供が学校から帰ってくる午後の時間以降は仕事を入れないことにする人もいるかも知れません。

そうなるとやがて子供は成長し一人の大人として親元から巣立っていくことになると、両親の仕事の目的は果たされることになりまた新たに働き方の意味を持たなければならなくなるでしょう。

 

また、配偶者が離婚した場合も同じで働く理由が子供や家族のためではなく、もしかすると自分のためとなるのかもしれません。

やってみたいことがある

仕事を始める理由が単にやってみたかったからという場合もあることでしょう。

 

例えばミュージシャンを上げてみることができます。高校生にもなるとギターを始めてバンドにいそしむ若者も現れます。いつかはプロになってみたいと夢見ることでしょう。

もちろん簡単な道のりではありません。趣味の域であれば自分が満足できればそれでよいわけですがプロとしてお金をもらって働くとなるとそれなりに苦労することになります。

それでも夢見た世界ですから若者は成功を夢見て懸命に働くことになるでしょう。こういった世界は音楽界だけでなくお笑いや芸能の世界においても同じことといえるでしょう。

スポーツの世界もそういえます。小さなころから始めたそれらのことが収入になるわけですから働いているという感覚なのかどうかはわかりませんが、とにかく好きで始めた世界で成功を収めている方はほんの一握りであることに間違いはないでしょう。

できることがある

経験があり自分にできる仕事があるのでその仕事で働いているという人もいることでしょう。

学生のときの就職活動でなんとなく自分にできるのではないかと思って受けた面接で受かってしまい、その後の人生において何十年とその職場で働くことになった人のことです。

そうなればその人はその道のプロフェッショナルとして働くことになるわけです。自分がとくにやりたかった仕事ではないとはいえその世界で働くうちにやりがいを感じ始めいつしか自分にできる技術となっていきます。

 

その技術はその人だけのものかもしれませんし必要とされる技術かも知れません。そうなればそのもっている技術で働き続けることになるでしょう。できることがあるというのは働くうえで大変強みになることがわかります。

スポンサーリンク



専門的なスキルや能力が身に付くから

学生が就職活動をするときや、新たに仕事をはじめようと思う場合、手に職を付けたり、資格を身につけて働きたいと考える人も少なくありません。

弁護士や建築士、自動車整備士、はたまた農業や漁業など専門的なスキルを求められる世界があります。そういった資格を取らせてくれる就職先があるならそこで働いてみたいと思う人もいることでしょう。

能力を身につけることを魅力と感じる人もいます。それで一つの技術をある程度身につけるとさらに別の技術を身につけようとして新しい別の世界に踏み出していく人もいるものです。

それは一種の探求心ですから人が働くときそういった好奇心を満たすためというのが理由になる人もいるのでしょう。

知名度が高い会社で働きたい

働くというのは個人の場合もあれば大きな会社の場合もあります。

ほとんどの場合個人で始めた仕事が大きくなって大きな会社になっていきます。

これまで数え切れないほどの会社が生まれては消えていきましたがどんな業界にも一流の会社があるものです。そういった会社で働きたいと考えてそうする人たちもいます。

それらの人はそのような会社で働くことが目的となっていますので、それが達成されると一つの目標をクリアしたことになります。

あとはその会社で働き続けることと立場を守るか昇級していくことを目指すことになるでしょう。その会社で働けることが誇りになりますから会社としては懸命に働いてくれるそのような人材は貴重な存在となるに違いありません。

商品に興味がある

特定の物に興味があってそのために働く人もいることでしょう。おもちゃメーカーのこういった商品が好きということであれば特定の会社で働きたいというよりもその業界に入ってそのおもちゃの商品を開発したり制作したりしたいということになります。

経営者に魅力を感じる

本田宗一郎や松下幸之助といった一流の経営者に魅力を感じて働きたいと感じる人もいます。それで単にその会社で働きたいという場合もあればその精神にのっとって働き続けたいという人もいることでしょう。

例えば松下幸之助に至っては名言集が載せられた本が数限りなく世に出ていますので読んだこともある方がおられると思います。

そういった成功した経営者の言葉に影響されて働き方を学ぶ方も多くいます。

その結果働くことへの意欲を増し加え懸命に働くようになるわけです。

ちなみに松下幸之助は「経営者は心を許して遊ぶな」と名言を残しています。つまり会社に命を懸けることを提唱しているわけですがそれに賛同する人は当然働くことに喜びを見出すことができることでしょう。

いかがでしたか?

働く意味やなぜ人は働くのかについていくつか考えてみることができました。

人はやはり働くことに意味を持たせているのですね。どんな動機で働くにしても人は働く理由を見つけられればいくらでも働けそうな気がします。それが死ぬ瞬間まで自分の生きがいとなる働きができるとしたらそれは満足のいく人生だったといえるのかもしれません。

そんな人生をお送ることができるのは一体どれくらいの人なのでしょうか。あなたはきっとそんな人の一人になっていることでしょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.