仕事の応用力

仕事の疑問

仕事での応用力を身につけるためにかかせない6つの方法

投稿日:

仕事では応用力というものが非常に大事になってくるというのは社会に出た方なら嫌でも痛感するかと思います。

学生の時は足し算や割り算、掛け算などを1つずつ教わりましたが社会に出ると1つずつじっくり教えられるということは新人の時くらいしかありません。

社会に出ると上記の例で言うと足し算を教えられたら応用力を活かして自分で掛け算の方法をみつけるといったことが非常に大事になってくるのです。

ではこういった応用力はどのようにして身につけたらいいのでしょうか?

今回はそんな仕事での応用力を身につけるための方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



○基礎的な人間と応用力のある人間はどこが違うのか

仕事において基礎的なことを把握していることはとても大切です。

それは例えば会社のルールのようなものかもしれません。つまり行うよう義務づけられていたり行わないように命令されていたりすることです。

業務に携わっているときにするかしないか、イエスかノーか、白黒つけるべき事柄はいわば基礎的な事柄なのです。一度その基礎を覚えてしまえば、それは車の運転のように体が勝手に反応して答えを導き出せるかもしれません。

 

これを行える人は基礎をしっかりと身に着けた人といえるでしょう。

しかし社会で仕事を行うに際していつも基礎的なことが生じているわけでないことは誰もが知るところです。つまりイレギュラーなことが日々起きるので応用力が求められるようになるのです。

人間社会において応用力のある人のほうが、基礎的なことで物事を判断する人よりはるかに成果を出せる側にいるといえるでしょう。誰もが応用力のある人間になりたいものです。

○基礎を鍛える

簡単に言えば足し算や引き算の計算の仕方を公式的に覚えることを意味しています。どんな数字が出ても公式に当てはめられる力を身に着けるのです。

さらにそれができれば割り算や掛け算、因数分解や証明問題などあらゆる問題の公式を覚えていくことができます。しかしこれらは基礎になります。つまり公式を覚えて初めて応用力が身につくわけです。

 

この基礎を知らなければ社会にもまれて躓いたときに立ち上がる要素を何も持たない人になってしまうでしょう。ですから社会において知識という基礎はあればあるほど役に立つことになります。

いろんな事柄の知識を取り入れていくことにいたしましょう。

○人を観察する

では基礎となる知識を取り入れるにはどうすればよいのでしょうか?

それは周りを見渡してよく観察することです。

自分の職場で結果を残せる人はどんな働き方をしているでしょうか?このとき相手の成果に目を留めるのはやめましょう。

 

それは自分を落ち込ませるけです。そうではなく結果を残せる人はどこに力を注いでいるのかという点を見定めるのです。

会社は単に結果を望むかもしれません。しかし結果はこうすれば出るというセオリーがあるならあなたも同じ成果を出せているでしょう。

  • 結果を出す相手は売り上げ数字をよく見ているのでしょうか?
  • 売れる商品を買う人に着目しているのでしょうか?
  • 足で稼いで数をこなしているのでしょうか?
  • どんな時間帯に力を入れるのでしょうか?

あらゆる可能性を探ってみます。

もしかすると自分とは違う仕事の力の入れ方をしているかもしれません。では結果を残している人の働き方に目を留めましょう。

○試行錯誤する

人を観察し、自分に足りない点やもっと行えることに気付いたならそれは基礎からの脱却を秘めている自分といえるでしょう。

 

なぜなら基礎となる部分はすでに自分で築いてきており、そこからさらなる成長を目指すため応用を模索することになるからです。

それで自分が築いた行えそうなことはなんでも行いましょう。これまでできた仕事量に少しだけ負荷をかけて一日や一回で働ける量を増やしてみるのです。

それは成果には直接は結び付かないこともあるかもしれません。しかも失敗することも当然あるでしょう。でもやり続けるのです。ほかにできることが見つかるでしょうか?

ではやってみましょう。失敗を恐れてはいけません。それはあなたの精神にいつしか良い影響を与えます。基礎を学んだ時の、単に行えばよいという精神状態から脱却してさらに自分が行えることという応用力を身に着け始めているのです。

○休息をとる

時には休息をとることも大切です。結果を出さなければならない時こそそうすべきです。なぜなら休息によって心に’ゆとり’を与えることができ忙しいとき見えていなかったところが見えるようになるからです。

’ゆとり’はなぜ視野を広くするのでしょうか?それは心を落ち着かせた状態に保つことができ、脳があらゆることを考え始めるからです。

その休息の時まったく別のことをしているかもしれませんが突然仕事のアイデアが生まれるのです。有名なアーティストの名曲は、就寝に入るときや入浴中、また休暇をとっているときに生まれていることを聞いたことはあるでしょう。

そうです、休息によって基礎から応用力を高めていくことができるのです。

○あらゆる状況を想定しておく

基礎を鍛えるというのは公式を暗記するようなものですが、応用力はセオリーにないことに対応できるよう備えをしておくことになります。

 

ですからセオリーを知るだけではなくそのセオリーから飛び出して起きそうなハプニングを常に考えておくことが大切なのです。自分が求められている仕事は本当にそれだけでいいのでしょうか?

こなした仕事には必ず副産物としてさらなる仕事が生まれているはずです。そこに目を向けるのです。もちろん自分がしなくてもよい仕事かもしれません。

 

しかし求められたならすぐに反応することはできます。その反応の差によって上司からの信頼度は大きく変わってくるのです。あらゆる状況を想定しておきましょう。

○相手が望むことを考える

あらゆる状況を想定しておくことには相手が何を望んでいるのかを把握することも関係しています。

なぜなら仕事は人と人が必ずかかわるからです。自分の想定内のことが求められた時とそうでないことを求められた時とでは対応は変わってくるでしょう。

こう言われたらこう答えるという決まりきった基礎知識だけでは対応できないことが突然求められることがあります。

ですから自分が常日頃接する人の性格や考えを常に把握するように意識しているなら、単に基礎知識を持っているだけでなく応用もできる人間になれるのです。

○まとめ

いかがでしたか?

自分はいつも仕事が遅いとかうまくできなと感じておられるならぜひ今挙げた方法を試してみてください。

大切なのは一言でいえば’考えること’です。様々な局面において自分で考えて自分で答えを出していくことを習慣にしましょう。それは基礎的な人間から応用力のある人間となるべく成長を始めるときとなるのです。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.