仕事中私語が多い

人との接し方

仕事中私語が多い人を改心させるためにできる5つのこと

投稿日:

仕事中私語が多い人がいると仕事に集中できませんし私語をしていることによって仕事自体がおろそかになってしまい周りに迷惑をかけてしまう可能性もあり、とても苛立たしいという方が多いかと思います。

今回はそんな仕事中私語が多い人に対して改心させるためにできることをまとめてみました。

スポンサーリンク



<迷惑であることをはっきり伝える>

仕事中私語が多い人を改心させる方法として、まずおすすめしたいのは、はっきり迷惑であることを伝えるというやり方です。

私語が多い人に迷惑させられたときに、「同じことをやり返す」という対処法をとる人が少なくありません。

相手が仕事をしている時に、こちらから話しかけてわざとその人の仕事の邪魔をし、改心させる方法ですが、これはNG。

それを見ている人の、あなたに対する評価を下げるばかりでからです。上司がそれを見ていれば、上司からあなたが注意されることにもなりかねません。

ですから、仕事中私語が多い人に対しては、「やり返す」ということはしないで、はっきり迷惑であることを伝えるようにしましょう。

  • 「今、仕事中で手が離せないから」
  • 「仕事に集中できないから」

という理由をつければいいでしょう。

  • 「今は迷惑だから、おしゃべりは休憩になったらしましょう」
  • 「仕事が終わってからおしゃべりしましょう」

という言い方をするのもおすすめです。

ポイントは、迷惑しているということを伝えること。一度だけでは効果はなくても、何度もくりかえすうち、相手も改めようとするに違いありません。

これが、仕事中私語が多い人を改心させる方法なのです。

<無視する>

仕事中仕事が多い人は、ようするに人とおしゃべりすることが大好きなわけです。そういう人は、「自分にかまってくれる人、おしゃべりにつきあってくれる人」を常に探しています。

おしゃべりに乗ってきてくれる人を探し、その人にしゃべりかけることで、かまってほしい欲求を満足させるのが、仕事中私語が多い人の特徴と考えていいでしょう。

ということは、「しゃべりかけてきても、かまってやらない」ということが、その人を改心させる方法ということができるでしょう。

仕事中にその人が話しかけてきても、完全に無視してしまいましょう。最初はちょっと気が引けるかもしれません。これまで、そのおしゃべりにある程度付き合ってきたのでしょうから、それを突然無視するのは心苦しいところもあるものです。

 

しかし、おしゃべりにつきあっていては、いつまでたっても、相手を改心させることはできません。

少々気が引けても、それは自分のためであると同時に、相手のためでもあるのですから、心を鬼にして無視しましょう。

「聞こえなかったのかな」と思った相手は、しつこく話しかけてくるかもしれませんが、そこも徹底して無視するのです。

おそらく、相手は、これまでとはちがうあなたの対応に、「自分の私語がよほど迷惑なのに違いない」ということに気づくことでしょう。

そのように自分に気づかせるというのが、仕事中私語が多い人を改心させる方法なのです。

<複数で注意する>

仕事中私語が多い人は、おそらくあなたにだけ話しかけてくるわけではないでしょう。おしゃべり好きな人と言うのは、だれかれかまわず、近くにいる人に話しかけるものなのです。

ということは、それに迷惑しているのは、あなただけではないということ。

 

ぜひ、他の同僚と話をして、同じように迷惑している同僚といっしょに、仕事中私語が多い人に注意しましょう。一人で注意するよりも、複数で指摘したほうが、相手の心に届きやすくなります。

仕事中私語が多い人は、鈍感なために、そのことで自分が人に迷惑をかけていることに、気づいていないケースがほとんどです。

2人以上で、「あなたのおしゃべりには迷惑している。今後は改めてもらいたい」と話せば、いくら鈍感な人でも、自分が周囲に迷惑をかけていることに気づくに違いありません。

そのことによって、「以後は気を付けよう」という気持ちになるのです。複数で直接注意すること、これも私語が多い人を改心させる方法です。

スポンサーリンク



<先輩に相談する>

口頭で直接迷惑であることを伝えたり、複数で注意しても、一時的に改善されても、時間が経つうちにまたおしゃべりが復活してしまうということもありえます。

おしゃべり好きな人は、黙っていることが苦手なために、ついついよけいな口をきいてしまうものだからです。その場合は、もう一段階強い対処をしなければ、改めさせることはできません。

 

ぜひ、職場内で力のある先輩、年長の先輩に相談してみましょう。

「○○さんの仕事中の私語には迷惑している。そのことを本人に指摘し、やめてもらうように頼んだのだけれど、改善されない」というこれまでの経緯を伝えた上で、「どうしたらいいでしょう」と相談するのです。

「先輩から注意してください」と頼むのではなく、相談という形をとった方がいいでしょう。

その方が、先輩が話を受け入れやすく、対処しやすくなるからです。

この場合も、あなた一人で相談するよりも、複数で話をした方が、説得力が増すでしょう。あなた一人が迷惑しているという場合、あなたにも問題があるのではと、先輩が考える可能性もあります。

その点、2人以上で話をすれば、明らかに仕事中私語が多い人に問題があるのですから、先輩からその人に注意してくれるに違いありません。

<上司に相談する>

仕事中私語が多い人を改心させる方法、最後の手段は「上司に相談する」というやり方です。

これまで紹介してきた方法を試しても、問題が解決しないようであれば、上司に話をし、上司からその人に注意してもらうしかありません。

 

この場合も、まずこれまでの経緯を話した上で、「こちらの仕事に悪影響が出ている」ということ上司に伝えるのです。

ほかの人の仕事に悪い影響を及ぼしているということを上司が知れば、上司は「放ってはおけない」と思うに違いありません。

 

まず、まちがいなく、その人に上司が直接注意してくれることでしょう。

どんなにずうずうしい人でも、鈍感な人でも、上司から注意されればさすがにこたえるでしょう。

 

もし、一時的に改まっても、またおしゃべりが復活してしまうようなら、その人に「また、上司に話をするよ」と言いましょう。

何度も同じことで上司から注意されるというのは、誰にとっても避けたいことです。

その人が私語をするたびに、「上司に話す」と伝え続けることで、やがて私語はなくなるに違いありません。

上司に話し、上司から注意してもらうこと、これが、おしゃべり好きな迷惑な人を改心させる方法なのです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-人との接し方

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.