今の働き方に疑問

仕事の疑問

今の働き方に疑問を感じている人が行うべき7つのこと

投稿日:

今の働き方に疑問を感じている人は、あなただけではありません。

どんな仕事についても、ふとしたことで「今のままで良いのだろうか。」と立ち止まることは誰でもあります。現に、希望の会社に就職しても、転職して新しい仕事を見つけている人はたくさんいます。

あなたにとって、今の仕事のどこに疑問を抱いているのか、もう一度よく考えてみましょう。

原因がわからなければ、解決方法を見いだすことはできません。今の状況をどんなふうに変えたいのか、また今の仕事をやめて違う働き方をする方が自分の理想とする生活なのか、よく考えてみましょう。

働き方に疑問を感じても、実際に仕事をやめるとなると、そのハードルは高いものです。仕事がなければ生きていくことができない訳ので、働き方に疑問を感じるからといって簡単に辞める訳にもいきません。

しかし、どうしても働き方をもう一度、考え直したいと感じている人は、次のことを考えてから行動に移すようにしましょう。

今の働き方に疑問を感じている人が行うべきことについて触れていきます。

スポンサーリンク



【なぜ、今の働き方に疑問を感じているの?】

まず、考えてほしいことは、なぜ今の働き方に疑問を感じているのかということです。

生活に余裕が出てきて考える時間ができたから?それとも、仕事がマンネリ化して新しい刺激が欲しくなったから?または、他にやりたい仕事を見つけてしまったから?

あなたは、一体、どんな理由で働き方に疑問を感じているのでしょう。

そして、次に考えてほしいことは、今の働き方をやめた場合、どんな仕事に就いて、どんな働き方を熱望しているのかということです。

ここが明確でないと、今の仕事を辞めるのはリスクが高すぎるのでやめた方がいいです。何もしたいことがないのに仕事をやめて新しい職に就いても、同じことを繰り返すだけです。

やりたいことがあり、その夢を追いかけられる状況にあれば、今の働き方をせずに新しい人生を切り開いていくのも良いかもしれません。

 

ただし、今の仕事をやめることで妻子が路頭に迷うなどといったハイリスクがつきまとう場合は、よく考え直した方がよいでしょう。

妻が金銭面を支えてくれそうだといった、応援してくれる人がいるのなら良いかもしれませんが、状況的に難しい場合は、潔く止めた方が幸せかもしれません。

【今の働き方を辞めることは可能なのか?】

次に考えるべきことは、今の働き方を辞めることは可能なのかということです。

例えば、20代前半の人と40代後半の人では、今までの働き方を辞めるのは後者の方がリスクが大きいです。また、独身か既婚かによってもリスクの大きさが違いますし、既婚でも子供のあるなしでリスクの大きさが変わってきます。

あまりにもリスクが大きすぎて、失敗したら自分の身を滅ぼしかねない選択は避けるべきです。また、既婚者や子供がいる人は、失敗したら、家族にかなりのダメージを与えてしまうようであれば避けるべきです。

たった一度きりの人生だから、自分の思うように生きたいというのが本音ですが、世の中そんなに甘くありません。違う働き方を本気でやりたいと思うなら、どのように動けば、理想の働き方にたどりつけるのか戦略を打たなければなりません。

【大事なのは自分の心の充実と生活の質とのバランス】

大事なのは自分の心の充実と生活の質とのバランスです。

つまり、具体的にいえば、新しい仕事が軌道に乗るまでに、どのくらいの期間、貧乏な生活を耐えることができるのか、または今よりも生活レベルが下がったとしても心は充実するのかということです。

今の働き方に疑問を持つ人は恐らく、向上心があり今の生活をよりよいものにしたいと強く願っている人だと思います。

新しい仕事に就いて時間が忙しくなるけど刺激的な生活を願う人、収入は低くなるけど心が充実して生き生きと生活できる人には新しい道を選択した方がよいと思います。

現代は、仕事が合わず、うつ病になる人も多いので、自分自身の健康のことも考えて、どのように生きて行けばよいか模索しなければなりません。

ただ、ひたすら何十年も気持ちの込もらない仕事についても辛いだけです。

新しい仕事に就く前に、新しい仕事に就けば、生活の質が低下しても十分心は満足できそうなのか、もう一度、考えてみましょう。

【今の働き方に疑問を感じたらやるべきこと】

今の働き方に疑問を感じたら、次のことをやってみましょう。

  • 周りにいる信頼できる人に相談する
  • 力になってくれそうな人に頼んでみる
  • お試しで他の仕事を試してみる

以上のことをやってみましょう。

周囲にいる信頼できる人に相談することは大事です。

自分自身では気付けなかったことを教えてもらえるし、これから仕事を辞める上で考えなくてはいけないことなど気付く場合があるからです。

自分一人で考えるより、他の人の意見も聞いた方が視野が広がるし、客観視できるのでおすすめです。周囲に相談できる人がいない場合は、ハローワークなどの職員へ相談してみるのもよいでしょう。

また、新しい仕事に関わる人がいたり、詳しそうな人がいたら、その人に相談してみるのも良いです。力になってくれることでしょう。

また、お試しで新しい仕事に挑戦できそうな場合はそこから入っていく方法もあります。

 

例えば、農業の職業体験だと、田舎に行けばできるところもあるのでおすすめです。また、会社によっては、今まで通りの仕事量をこなすことが出来れば、週3日の勤務でもよいとする会社もあります。

週3日だけ会社に通い、他の日は自分の好きな仕事ができるというスタイルです。

今は、昔に比べたら、随分と働くスタイルに自由度が増してきました。とはいえ、まだまだ新卒には就職口が広いのに、既卒や転職者には就職先が見つからないという現状は続いています。

新しい働き方を始めるには障害がつきものですが、それを乗り越えられる自信と熱意があるのなら、やってみることも大切です。やってみないと分からないことはたくさんあります。

もし、自分にとって、新しいことに挑戦する熱い気持ちがあるのなら、やってみるのも悪くありません。どんな状況であっても言い訳せずに邁進するパワーがあれば、新しい世界に飛び出してみてもよいでしょう。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.