仕事の上下関係に疲れた人に知ってもらいたい11つの改善策

仕事の上下関係
仕事上での心の悩み

仕事の上下関係に疲れてしまう人は私も含めて多いことでしょう。

社会に出るとびっくりするくらいの縦社会で特に体育会系の職場に就いた人は上下関係が厳しいですよね。

「馬鹿でも年は取れるのに年上だからって威張り腐りやがって…」

なんて思う場面もあるのではないでしょうか?

今回はそんな仕事の上下関係に疲れてしまった時の改善策を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1. なるべく関わりを持たないようにする

仕事の上下関係に疲れた人はそれ以上人と関わることが嫌いにならないように極力距離を置くようにしましょう。苦手な上司に限らずどの上司にも適度な距離感をとり、プライベートの相談や愚痴などは同僚や職場以外の知り合いに話すようにしておくべきです。

上司は別の次元の人、と割り切ってしまうことで誰に嫌われたと怯えたり誰と仲良くしているとひがまれたりすることもなくなります。それでも仲良くなれる上司が現れた時は本当に気が合う人として初めて見方を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

2. 大人しいキャラになる

明るく人気者のキャラでいると人との接点も増えますし、上司の派閥間で自分を取り合うようなことが起こる可能性もあり、トラブルの元となってしまいます。気に入られるぎるとかえって面倒なことに巻き込まれるのです。

疲れたと思うならちょっと大人しいキャラになって言動を控えるようにしましょう。存在感を薄くすれば面倒な気遣いからも開放されます。それに、ちょっときつかった人が「最近元気ないね」と優しく心配してくれるかもしれません。

ちょっと強引ですが、気持ちを静めたいならまず自分が静かになるのが手っ取り早い方法です。

3. 上下関係を上手く築けている人と仲良くしておく

仕事場には自分とは違って上手く上下関係を築けている人もいるでしょう。そんな人と仲良くしておけば上手な距離の取り方を学ぶことができますし、気難しい上司にも仲間として受け入れてもらえるかもしれません。

疲れてしまった分、ストレスなくやってのけている人に少し寄りかからせてもらうのです。世渡り上手な人のおかげで細かい気配りが苦手でもなんとかなるものです。

4. 相手の尊敬できるところを探す

相手の嫌いなところばかり目についてしまうから疲れてしまうということもあるでしょう。一度気になってしまうと何をしても見ているだけでイライラするようになります。

それなのに相手が先輩の場合は相手を立てなければならないので辛いでしょう。嫌ってしまうよりも相手の尊敬できるところを探し、そこだけを見るようにすれば少しだけ相手の見方も変わってきます。

どんなに面倒な相手にもいいところはあります。例えば口が達つ人なら「うるさい」ではなく「頭の回転が早い」などと思ってみてください。相手の尊敬できる部分を探しながら平和的解決を試す自分に癒されたりもします。

5. 後輩と仲良くする

上司や先輩に気を遣いすぎて疲れてしまったなら後輩と仲良くしてはどうでしょうか?

上司や先輩は最低限の関係だけに留めるようにし、後輩が自分に対して同じ思いを持たないように今からコミュニケーションをとっておきます。

 

そして、少しずつ社内における上下関係のピリッとした雰囲気を軽くしていくように改革します。面倒な雰囲気さえなくなれば今後も過ごしやすくなります。最初からそんな雰囲気があるのがいけないのだと考え方を変えてみましょう。

スポンサーリンク



6. 相手の立場を理解する

上司といると疲れてしまう、苦手な存在であるという人は多いと思います。

 

しかし、毎日多方面にわたってフォローをしたりもっと上の上司に叱られて苦労しているその人の立場を理解しているでしょうか。相手の立場を理解すれば厳しい指摘も必要なことだとわかります。

嫌われ役を請け負う人がいないと他に我慢したり苦労する人も出てきてしまいますし、成長のために厳しくしてくれている上司もいます。

自分の気持ちばかりではなく相手の立場と思いを汲み取る努力をしてみてください。

7. 指摘されないように仕事を頑張る

仕事の上下関係の中で特に疲れてしまうのは上司からの注意や嫌味からくるストレスではないでしょうか。とにかく指摘されないように仕事を頑張って覚えるのが先決ですね。

叱られてばかりでも自分を認めてあげられる部分を見つけるようにしてください。そして、できていないと自分でわかっている部分は謙虚に頑張り続けましょう。

相手がどうこうではなく自分が成長して相手の対応を変えるのです。すぐには改善しないかもしれませんが、その工程をしっかり見せることで上司の見る目も変わってくるでしょう。

8. 仕事だと思って割り切る

上下関係に疲れてしまったら「お金をもらえる場」として仕事を割り切るようにしましょう。楽しい人間関係の中で働けることは理想的ですが、どうしても無理な相手や気分がのれない時期もあります。

疲れが肩にどっしり乗っている時くらい、人間関係を捨ててお金さえもらえればいいと思ってしまったって口にさえ出さなければ問題もありません。

露骨に仕事を怠けたりはせず、淡々と仕事をこなして余計な感情を捨てましょう。

9. 人と関わらなくてもできる趣味を見つける

仕事の上下関係に疲れると人と関わり合いを持ちたくなくなります。そこで、一人でもくもくとやれる趣味を見つけるのがいい方法です。

趣味を楽しむことで仕事のストレスを軽くし、一人の時間を増やすことでまた職場で人に触れる時も新鮮な気分になれます。面倒な相手でも誰かと関わることで楽しい時もある、学べることもあると気づくためにも必要な対策です。

10. 自分が上の立場になる

上司の機嫌を取るのが疲れたなら自分が上の立場になれるように目指せばいいのです。スキルを生かして転職して高い立場の人になったり、今の職場のまま出世を目指してみてください。

上の立場になってしまえば気を遣う相手も減ります。また、上の立場の人の苦労もわかり、誤解に気づけることもあるでしょう。今はとりあえず仕事に打ち込んでいつか見返すつもりで挑戦してみてください。

どの上司もこんな時期があったはずです。変わってしまったなら自分だって嫌な上司になるのかもしれません。試してみませんか?

11. みんなの本音を聞いてみる

同僚と飲み会を開くなどしてみんなの本音を聞いてみると、みんなも同じように上下関係に悩んでいるということもわかります。

自分だけ損をしていた気分だったなら気持ちが軽くなりますし、一緒に頑張っていこうと思えるようにもなるでしょう。不思議と自分だけじゃないと思った途端に諦めがつくことも多いので仲間を増やしてみましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ