威圧的な上司

人との接し方

威圧的な上司との上手な付き合い方を9つ紹介します

投稿日:

あなたの職場に、威圧的な態度でせまるパワハラ系の上司はいませんか?

自宅よりも会社で過ごす時間が長いサラリーマンにとって、勢いの激しい上司と始終顔を突き合わせるのは辛いものです。悩めるあなたのために、威圧的な上司との付き合い方をご紹介します。

スポンサーリンク



・右から左へ流す

感情をあらわにぶつけてくる上司。激怒しているとき・冷たい態度であしらわれたとき、いちいち気にしていては、こちらの気持ちも持ちません。

「自分が悪いのでは…」とあなた自身を過度に攻めてしまうのは、絶対的に避けたいところ。威圧的な上司は、相手がどんな人であっても、同じようなあり得ない行動を取ります。キツイひと言を言われたとき・パワハラを受けたとき、右から左へクールに受け流してみること。

無感情なロボットのように対応してみると、意外に気持ちが落ち着いてきます。

・相手を「子ども」だと思う

自分より下の立場の部下に対して、威圧的な態度に出る上司は「幼稚さ」を胸に秘めています。

精神的に熟していないため、子どもっぽい態度に出てしまうのです。小さな子どもはお腹が空いたときには大泣きし、思い通りのオモチャが手に入らないとダダを捏ねます。

感情を上手に操ることができないのは、脳が発達していないからです。威圧的な上司は、まだまだ発展途上なのだと、こちらの見方を変えてあげること。一歩大人の態度で接してあげると、感情の収まりがつきやすくなります。

・おだてる

何かにつけて高圧的な態度で迫る上司、あなたにとっては面白くない存在です。

気にしないように意識すればするほど、相手が視界に入ってくることもあります。経験が浅い部下に対して威張るのは、自分の能力に自信が無いことのあらわれです。自信の無さをカバーしようと思うあまり、部下に対して怒鳴る・威嚇するなどの威圧的な態度に出てしまうのです。

こうした自信のない上司に対して出来ることは「おだてる」こと。

 

事業が成功したのは他でも無い上司のおかげ・クライアントに褒められたのは上司の指導の賜物など…平たく言えば「ごますり」をおこなってみるのです。

自信の無い人は、周囲の評価を得ると気分を良くします。気分が良くなると、褒めた相手を可愛がるようになります。憎い敵こそ、褒めて持ち上げる。サラリーマンの極意です。

・愚痴を発散できる相手をみつける

威圧的な上司にイライラすると、知らず知らずのうちにストレスが溜まってきます。

目の前の仕事をマジメにこなそうと緊張するあまり、あり得ないミスをおかすこともあります。目に見えないストレスこそ、大きなトラブルの引き金となります。

心療内科のドクター・居酒屋のマスター・恋人・旧来の友だちなど、仕事の愚痴を発散できる場所や相手を見つけることも大切です。愚痴をスッキリ発散できる相手がいると、日々の仕事も怖くなくなります。

 

ときには威圧的な上司そのものが、酒の肴になることもあるでしょう。小話のひとつとして、上司の存在自体を笑えるようになったら、しめたもの。会社に行くのが楽しくなります。

・仲間をもつ

会社に行ったら、威圧的な上司について密かに観察してみましょう。きっと目の敵にしている部下は、あなただけでは無いことが分かるはずです。理不尽ないじめを受けていると、自分だけが悲劇のヒロインになり下がったような暗い気持ちになります。

ドン底に落ちたときこそ、冷静な目で周囲を見渡すことが大切です。同じような境遇で悩んでいる同僚や後輩を見つけて、まずはランチに誘ってみること。会社を一歩出てお互いの悩みに耳を傾けると、気持ちがす~とラクになることがあります。威圧的な上司に打ち勝つコツ、それは信頼できる仲間を見つけることです。

・日記を書く

威圧的な態度のパワハラに悩んでいるとき、一番良くないのは我慢することです

負の感情が胸の中にたまっていくと、うつなど心理的な症状が出てくることがあります。

心療内科のドクターも実践しているのが「ありのままの気持ちをノートに綴ること」。1冊の日記を用意して、寝る前のひとときや帰宅後の空いた時間に、素直な気持ちを記すよう心掛けてみましょう。

文字の形にはき出してみると、日ごろ思っていた悩みと向き合うことができます。

日記を見るのはもちろん自分だけなので、誰に遠慮することもありません。イライラや憂うつな気持ちを書き出すと、不思議と気持ちが軽やかになっていきます。「明日も頑張ろう」と前向きな気持ちに変わっていきます。

・感情的になりすぎない

威圧的な上司と接していると、こちらの気持ちもイライラ度が増えていきます。

怒りっぽい態度に怒りの返答をしていると、ますます相手は感情が収まりきらなくなり、さらに怒りを倍増させることがあります。威圧的な上司と賢く付き合う方法として「感情的になりすぎない」ことが挙げられます。

怒りの気持ちにフタをし、冷静さを意識して穏やかに対応してあげると、次第に上司も「あれ、いつもと調子が違う」と気づくようになります。マイペースで冷静な部下を相手に、いつまでも威圧的な態度はぶつけられないものです。冷静で知恵のある行動は、威圧的な上司のペースを上手に乱してくれます。

・積極的に「謝る」

威圧的な上司は、別の見方をすると幼く単純な生き物です。複雑に物事を考えることができない、ライオンやチーターのような猛獣です。

威圧的な態度の上司に合点がいかなくても、その場を丸く収めたい場合は「積極的に謝ること」を意識してみましょう。こちらから素直に謝ると、相手はそれ以上部下を責められなくなります。

謝られたことで自分の地位が上がったような錯覚を覚えるため、快感をおぼえます。幸い「頭を下げること」はタダです。これ以上関わりたくない嫌いな上司ほど、謝るシーンを増やしてみること。無料の作法でありながら社内の人間関係が円滑に進む、こんなに嬉しいことはありません。

・近づかない

威圧的な上司は、24時間イライラしている訳ではありません。1日~2日観察してみると感情が高ぶっているときもあれば、比較的大人しい時間帯もあることが分かります。

上司に頼み事をしたいなら、大人しい時間帯を選んで進めること。明らかにイライラしている時間帯はさけ、

  • 営業に出る
  • 別の仕事に集中する
  • ランチ休憩に出かける

など、必要以上に関わりを持たないよう努力することが大切です。感情が高ぶったときに遠巻きに対応できるようになると、被害も最小限に食い止められます。

スポンサーリンク



悩みの無料相談について

当サイトは、株式会社UPTORY(アプトリー)という職業紹介会社と連携しているので仕事の悩み以外にも転職などの悩みに乗ることもでき、転職をしたい方向けにも
  1. ヒアリング(どんな仕事に就きたいか?どんな仕事が向いているか?などの相談)
  2. 実際に職場にインタビューなどをしているのであなたにマッチした仕事を紹介することができる
  3. 仕事が決まるまでに一切の費用はかからない
  4. 同じ悩みを繰り返さないための転職
というようなサービスを提供しているので、もし気になった方は問い合わせから連絡をしていただければなと思います。 連携している株式会社UPTORY(アプトリー)では、年収1000万を越えるお仕事紹介も可能です。求人一覧はこちらをクリック 管理人の私(saskiryo)もスカイプやラインなどで無料で仕事の悩みの相談に乗っているのでぜひお気軽にご利用ください!
  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-人との接し方

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.