仕事に行くのが憂鬱

仕事上での心の悩み

仕事が憂鬱な時にはこう行動してほしい!3つの憂鬱を振り切る方法

投稿日:

仕事に行くのが憂鬱なときは誰でも何度か経験したことがあるかと思います。

仕事の悩みと言っても多岐にわたり一概に一言では言い表せませんが、業務内容、人間関係、転職や独立などその人その人の環境や背景、条件など複合して発生してくるものだと思います。

憂鬱のレベルも人それぞれで、寝たら忘れる・まぁ何とかなる程度のものから、健康に支障を来すものまで幅が広く、過労死やパワハラ、セクハラになると刑事事件案件になる可能性もあるのでなるべく正確に何について悩んでいるかやどの程度の深さなのかを理解する事が相談される側も、悩んでいる本人も重要だと思います。

スポンサーリンク



何にしても悩まない人憂鬱にならない人などいない

どんな事か、どの程度かで変わってはきますが、どんな仕事をしていても、何処で働いていても、全く悩まない人は居ないですし、むしろある程度悩んだり迷わないと成長も進化も有りません。

ただその苦悩が将来の役に立つ事かどうか、悩む時間は意味があるのか、何にそんな悩んでいるのかは非常に大切なので常に念頭におきながら考えるようにしなければいけないと思います。

毎日このままでいいのか、何をやってるんだろ、意味もなく不安になったり不安定になったりする事もあります。

やりたい事では食べていけない、転職したいがやりたい事が分からない、家族が居るから苦痛で仕方なくても限界で頑張っている。仕事をしに行っている筈なのに人間関係や仕事以外の事で身に入らない。

自分自身もそうですが、周りも必ず1つ2つは悩みがあります。

ただ、ずっと同じ事を考えずっと留まる訳には行かないので、どうにかして無理矢理にでも解消するよう努力や工夫していかなくてはいけません。

憂鬱な日は自分に問い詰めてみる

例えば憂鬱になってしまうほど嫌な事があった日は、聴いてくれる人が居ればいいですが、毎日そうはいかないので、自分に話し掛けてあげてみる。自分と会話をするんです。

文句を聴いてあげたり慰めたり本当にもう1人と話すように。勿論声に出すと変な人になるので心の中で。

  • 本当に望むものは何か
  • 譲れないもの
  • 好きなもの
  • 嫌いで許せない
  • こんな形だとやりがい感じる

など好きな様に話す。これをするだけでその瞬間は少しですが解放される気がします。出来れば仕事終わりに行うとで一息つけますし、まだ悩みや感覚がホヤホヤの時に行うといいかもしれません。

それを何となくでも毎日続けていくと、自分を発見する様になります。自問自答しているので、答えから大体の好みや揺るがない部分がわかってくるので、それを悩みと重ねてみてすぐに解消できる様なら取り入れてやってみてもいいですし、無理そうならまた違う方法を考える手助けとなります。

正直、好きな事だけでは生きていけません。時には我慢や辛抱もしないといけないし、何かを犠牲にする事も有ります。

稼がないと生きていけないし、綺麗事を言うつもりはありません。でもどうせ生きていかないといけない。なら工夫するしかないのです。

悩みや相談は人の事は聞きますが、自分自身に問いかけ答える事はあまりないと思います。

自分にわざわざ話し掛けない、分かってるから?どうしようもないから?諦めてしまってるのか分かりませんが聴きもしないのに分からない筈なんです。

1番大切に扱わないといけない自分と向き合う時間は持たず、悩みだけ進行してしまう状態になる。まだ自問自答できる状態ならいいですが、進行してしまうと、TVで観る哀しいニュースの様な自体に陥ってしまう可能性があります。

何故、相談しなかったや、周りに誰も居なかったのかなど言いたくなるのは分からなくもないですが、塞いでしまったら正常な脳の判断機能は停止するので通常では考えられないような行動に走ってしまったりします。

何故そこまで悩むのか、そもそもそんなに拘る仕事なのか、離れたくないから辞めれないのか、命を棄てる程辛い事を耐える値打ちがあるのかなど、これは最終段階ですが、その状況状況で自分にするべき質問は変わってくると思います。

最初に書きましたが、人によって背景が違うので簡単に辞めてしまえばとは言えません。ただ工夫をし乗り越えていく事は大切だと思います。

憂鬱な時は魔法の3つの言葉で乗り切る

人間関係で悩んでる、嫌で嫌で憂鬱で仕方なくてもちょっと自分を役者だと思ってみる、魔法の三言葉を駆使してその場をしのいで行くとゆう事もできます。

因みに魔法の三言葉とは

  • さすがです!
  • なるほど!
  • そうなんですね!

です。同意も否定もしないのがコツで自分を楽にする方法だという事です。

女性は特に人間関係が難しい場合が多いので大変ですが役者になりきってやり切るのも一つの手だと思います。

転職や独立の悩みは、時間に限りがあると場合が殆どです。年齢は容赦なく取るのでビジョンやプロセスを明確にしていないと取り返しがつかなくなり、転職に関しては年齢制限もあるのでゆっくり急がないといけません。

ただ人生が掛かっているので将来そこの会社で自分が働く姿が想像ができ、続けて行く自信があるかどうか、実際働かないと分からないので賭けのような部分もありますが、それも含め目利きする事が重要だと思います。

この目利きも、普段からきちんと自分と対話をしていないと分からない事なので、自分の心や直感を信じてあげて欲しいです。

少しでもお金や心の余裕を確保しておこう

大人になればなる程、痛みや傷にも慣れてしまいます。居場所や環境もそれなりだと腰が重くなってしまいます。疑問や不満も見て見ぬ振りをする場合もあります。自分勝手な不平不満は問題外ですが、将来性がないと感じたり生産性がないと考えるならば、惰性に頼らず少しずつスピードを緩めたり早めたりするべきだと思います。

仕事で悩むと毎日が楽しくなくなる事もあります。

疲れてしまって働くために生きてる状態になってしまいます。休日も出社を考えると、体が痛むなどが毎回続くのならば、悩みのレベルを超えてしまっているのかもしれません。

 

考え方を変えると悩めるのは、まだ選択肢が残ってると捉える事が出来ます。その方法しかないと悩むも何も無いからです。仕事が憂鬱な時に取るべき行動で、そしてその余裕がある内に、何かあった時に行動が起こしやすい様に人脈や資金などを日頃から蓄え築いておくと悩みを軽くし選択肢も増えるはずです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    メリットとしては副収入、知識を得ることで選べる仕事の幅が広がる、現職が本当に辛いと思ったときに潔く辞められるといったメリットがあります

    そこで初心者だからこそ、仕事において悩めている方だからこそおすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    今回管理人の私がお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

    投資は簡単に稼げる!だとかそこに行き着くまでの過程を端折りすぎた広告が多いため、怪しいと思ってしまうことは当然だと思いますが、こちらの投資スクールでは基礎をしっかり学び、少しずつ成果につなげるという手法を推奨しています。

    「人生を変えたい!」「これからの将来に備えたい!」「仕事に振り回されたくない!」

    上記に1つでも当てはまった方はまずは無料のお試し入会から初めてみてはいかがでしょうか?

    詳しいメリットや、無料お試しの流れなど詳しく私が記事にまとめました。下記の画像をクリックすると見ることが可能です!

    今後の人生をよりよくするためのきっかけになる可能性も十分ありますので、ぜひ御覧ください!

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.