場の空気を悪くする上司に効果てきめんの7つの対処法

場の空気を悪くする上司
人との接し方

あなたの職場には一人で勝手に怒り始めたり、いるだけで気まずい雰囲気が流れてしまうようないわゆる「場の空気を悪くする上司」はいませんか?

そういった上司がいると毎日の仕事が億劫になってしまいますし仕事にも支障をきたすこともあるでしょう。

今回はそんな場の空気を悪くする上司にたいしてどう接していけば対処できるのかについて7つほど対処法を書いていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください

スポンサーリンク



1. 話をそらして乗り切る

場の空気を悪くする上司の対処法として一番手っ取り早いのは話をそらして乗り切るという方法です。

そのまま真に受けてしまうとストレスになったり場の雰囲気が重苦しくなってしまいます。ある程度受け流したり話をそらし、なかったことにしてしまえば気にならずに済むようなことだってあるのでまずは試してみてください。

 

もしかするとその上司が嫌いすぎて何でも鬱陶しく思ってしまっていたり、単に自分の機嫌が悪いだけという可能性もあります。話を上手くそらすことができればやり過ごせた自分に自信が持てるようにもなるでしょう。

どんな職場にも一人くらいは気の合わない上司もいます。目くじらを立てて敵視するよりも慣れてしまう方が楽ということもあります。

自分にはやりがいのある仕事があると思って仕事にさらに集中したり、愚痴を言い合える仲間を作って飲みに行ってリフレッシュしたり、相手のいいところを見つけようとしながら社会勉強として乗り越える心構えを持ちましょう。

2. みんなの気持ちを代弁して伝える

ある上司が場の空気を悪くし、みんなをイラつかせたり落ち込ませたりするとします。

それが誰かの心の傷となり、仕事にも支障が出てしまう人が現れるかもしれません。自分がある程度意見を言える立場にあるならみんな(特に後輩)の気持ちを代弁して本人に伝えてあげるのも必要です。

 

しかし、上司にだってプライドはあります。頭ごなしに人前で指摘されるのはどんな人でも気分のいいものではありませんから、人目を避けて丁寧に慎重に話すようにしてください。

クレームではなくお願いと受け止めてもらえるような優しい表情と口調が大切です

しかしこの方法にはリスクがあります。より上司の機嫌を損ねることになったり、敵対心を持たれてしまうようなことです。まずは言わせてもらえる関係性を築くようにしなければいけません。

3. 雰囲気が悪くならないように軽く指摘する

場の空気を悪くする上司に指摘をしたいと思っても大ごとかのように言うと神経質な社員だと思われてしまいます。それがかえって相手の地雷を踏み、態度を悪くさせることにも繋がるので、良かれと思ってした事がさらに雰囲気を悪くさせないように軽めに指摘するのも大切です。

「反省させてやる」などと驕った考えを持たないようにしてください。偉そうに指摘すると足元を見られ、こちらの落ち度に敏感に反応されるようになって仕事もしにくくなります。

軽く言い合える関係を作るには日頃から仲良くしておき、「あいつの言うことだから」と思ってもらえるくらい目をかけてもらうと有効です。

スポンサーリンク



4. その上司がいない場所でフォローしておく

その上司の前では何とかやり過ごすとしても重要なのはその後の対処です。

みんなはどんどんその上司に対して不満を持ち、変な結束力を固めて相手に対抗しようとするグループも出現する場合があります。そうやって派閥を作って社内がぎくしゃくするのは子供染みており、仕事もスムーズにいかなくなります。

 

自分が場の雰囲気を明るくしたり、「あんな風に言っていたけれどこの前はこんなことをしてくれたよね」などというようなことを言ってその上司の印象を最低限守ってあげるよう努めてみてください。

それがもしその上司の耳に入れば少なくとも自分だけは気に入られます。そしてそんな人のために困らせないようにしなければと思うようにもなります。

「余計なことを」と言われるようなことがあれば出しゃばったということにして謝ってしまえばいいだけです。本当にみんなを守りたいならこのくらいの覚悟も必要です。

5. 潔い受け答えでしつこく言わせない

神経質な上司は社員のじれったい受け答えにもイライラし、嫌味を言ってくることがあります。そういうやり取りによってさらに相手の怒りをかうことになるでしょう。

場の空気を悪くする気難しい上司に対してはなるべく潔い受け答えをするように心がけ、それ以上しつこく言わせないようにしてみてください。

わからないなら「わかりません」と言ってしまった方が評価されることもあります。勝手にやると「判断を仰げ」と叱られたり、いちいち確認を取ると「自分で考えろ」と注意されることも。

 

今までのやりとりを振り返り、その上司がどういった判断をした際に認めてくれたかを今一度考えましょう。人によって評価する部分やイライラするポイントは差がありますから、ある程度臨機応変に受け答えを変えながら付き合うことも世渡り上手になるためのコツです。

体育会系のノリの上司ならはっきりとした返事が有効です。

迷った時は素直に相談し、頼ってしまうと可愛がってもらえることもあります。周りからは調子がいいヤツと見られるかもしれませんが、その姿を見て参考にする社員もいるはずです。

6. あまりにも目に余るようなら他の社員に相談する

その上司の態度や暴言があまりにも目に余るようならいつまでも我慢せず他の社員やもっと上の上司に相談しましょう。

その際は一人ではなく複数で訴えることが有効です。場の空気を悪くする上司とわかっていながらも立場を大切に考えてこのまま我慢し続けようとしている人もいるでしょうから、勝手に「あの人も迷惑だと言っていました」と勝手に巻き込んでしまうのはトラブルを生むので控えるようにしましょう。

みんなはどう思っているのかその社員や上司の方から改めて確認を取ってもらってください。そうすれば当事者達の口から直接様々な意見が出てよりリアルに被害が伝わります。

訴える際は本人に指摘する時と同様に人前での発言は避けましょう。どんな人であっても尊厳を守ってあげる必要はあります。

7. できるだけ関わらずに済むように距離を置く

合わない上司だと気づいたらなるべく関わらないで済むように距離を置きましょう。それが無理なこともありますが、その時だけは我慢するしかありません。

その分それ以外の場面では避けるようにすると最低限の接点で済みます。飲み会があれば近くに座らないようにしたり、休憩時間をずらして取るとか仕事の相談は他の上司に聞いてもらうなどというようなことです。学生時代にも苦手なクラスメイトとこのように付き合ってきた人も多いのではないでしょうか。

会社も学校と同じです。関わらないようにすれば気持ちが楽になれますよ。

スポンサーリンク




ページの先頭へ