仕事で疲れた体を癒すのにおすすめな11つの方法を紹介します

仕事で疲れたからだ
仕事の疑問

仕事には必ず心身ともに疲労というものが付いてくるものです。

あなたはそんな仕事で疲れた体をどう癒していますか?

今回は仕事で疲れた体を癒すためにおすすめの方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



1.ゆっくりお風呂に入る

忙しい日が続くとお風呂に入る暇がなくシャワーだけで済ます人もいますが、仕事で疲れた体を癒すことを重視するならやはり湯船にゆっくり浸かるべきです。

血行も良くなりますし、好きなことをしている時間はストレス発散にもなります。また、湯船でぼーっとすることで頭も休まります。気分を変えて温泉や銭湯に行くというのも同じです。

至福の時間を過ごせば明日からの活力にもなるでしょう。

2. 気の合う友達と食事や飲みに行く

友達と食事や飲みに行くことで行くという手間はかかりますが話を聞いてもらえてストレスから開放されます。

ここで大切なことは「気の合う人と行く」ということです。いくら大好きなレストランや飲み屋でも気の合わない人とでは気を遣い、疲れてしまいます。

心許せる親友や仕事の悩みをわかってくれる同業者の友達などがいい相談相手になってくれるでしょう。気の合う人と過ごしていると疲れているのは自分だけじゃないと思うこともでき、気持ちが救われます。

3. マッサージで労わる

仕事で疲れた体をマッサージで癒すことができれば体も心もすっきりします。わざわざお店に行かなくてもお風呂上りに自分でやるだけでも心地いい時間となるので試してみてください。「マッサージすらする暇がない」となると不幸の気分がたまり、仕事がますます辛く感じてしまうでしょう。

疲れたと感じても癒す時間があると思えばまだ幸せな方だと自分を励ますことができるのです。

4. 親に会って心を癒す

仕事で疲れたなら一番の理解者でもある親に会うこともおすすめします。子供の頃の気分に返り、心が癒されます。親なら無条件に自分のことを心配してくれますし、食事を用意してくれたりして甘やかしてもくれます。

友達に愚痴を聞いてもらう時のように苦労話自慢のような展開にはならず、こちらの苦労話に真剣に耳を傾けてくれるでしょう。時には労い、時には厳しく諭し、本人に合ったやり方でやる気を起こさせてもらえるのが親という存在です。

5. とにかく寝る

仕事で疲れた体を癒す方法としてこれは一番かもしれませんが、とにかく寝ましょう。寝れば体力も回復しますし、寝ている間は嫌なことも忘れられます。

鏡を見て疲れを感じたらたっぷり寝るようにしてみてください。目の下のクマややつれた表情が治れば気持ちも元気になってきます。特に寝るのが大好きな人は眠らなければ何をしても疲れが取れたと思えないこともあります。無理に何かをして紛らわそうとせずに寝てだらだらしてくつろぐのでもいいのです。

6. 栄養満点の食事やサプリメントを摂取する

栄養満点の食事を撮ったり体にいいサプリメントを摂取すると実際に体に良い変化が起きることもあります。寝起きが良くなる、便秘が治る、肌トラブルが治るなどから体だけではなく気持ちも軽くなります。

そして仕事をしていても元気でいられるという自信もつきます。「仕事で忙しいからちゃんとした食事ができない」と考えるのではなく、「仕事で忙しいからこそちゃんとした食事を摂る!」と意識しましょう。しっかり自炊する暇がなくてもバランスを意識したり食事の時間を守るだけでもかなり違ってきます。

7. 恋人との時間で疲れを忘れる

仕事で疲れていたって恋人と会うのは別という人も多いのではないでしょうか。

恋愛体質な人なら疲れていても恋人に会い、心を癒してもらうのがベストですね。デートは気を遣いますしでかけるので体力も使います。しかし、自分を心配してくれてチヤホヤしてくれる恋人との時間は心が愛情で満たされて疲れを忘れさせてくれます。疲れた時こそちょっとでも時間を作り、恋人に寄り添って甘えてみてください。

自分にはそんな相手がいるだけでも幸せだと感じられます。また、そんな恋人のためにも仕事を頑張ろうという活力もわいてきます。

8. ペットと戯れる

仕事で疲れた体をペットに癒してもらうという方法もありますね。なかなか戯れる時間が取れないのであれば休みの日にはたっぷりペットと過ごして癒されましょう。

話しかけるだけでも心の中で閉じ込めておくよりずっと気持ちが軽くなります。ペットの可愛さと従順さで自分を励ますのです。毎日見ているペットでもしっかり向き合うとまた違った魅力に気づいたりさらに可愛くなったりもしますよ。

9. 軽い運動やストレッチをする

「仕事で疲れているのに運動なんて余計に疲れるじゃない?」と感じるかもしれませんが、仕事の疲れとは違って軽い運動やストレッチは体がシャキッとし、すっきりします。

健康的な気分になることで考え方も前向きになり、疲れからくる睡眠不足や食欲不振にも効果が期待できるでしょう。

一人でやるよりも教室やジムなどに通ったり人に会えるコースでジョギングをしたりした方が人とのコミュニケーションも楽しめます。仕事の中で話す相手とは違い、気楽に話せる相手との時間は心に余裕があるように感じられて楽しいものです。

10. 部屋の掃除をする

仕事で忙しいと部屋も散らかっていることでしょう。それを見てますますイライラし、何もかも仕事のせいだと悶々としてきます。そこで、時間がある時に部屋の掃除を頑張ってみてください。

断捨離もおすすめです。部屋がすっきりすると忙しい日も余計にイライラしなくなり、次から片付けの負担も減ります。それに「これでしばらく掃除のことは考えなくていいんだ!」という気持ちにもなれて気が楽です。

疲れた体を癒すには気になる問題を片付けてその後の自分のためにもうひと頑張りです。

11. 自然がいっぱいの場所へ行く

自然がいっぱいの場所へ行くとパワーがもらえる気がしませんか?

公園でひなたぼっこをするのもいいですし、部屋に観葉植物を置いてそれを眺めるのも同じ効果があります。しかし、できることならやはり屋外で風と鳥のさえずりを感じながらゆっくり過ごしてみて欲しいものです。

空を眺めながらぼーっとしていると忙しい日々も忘れられそうな気がしますし、「自分だけじゃない!みんなも頑張っているんだ!」とか「生きているだけで素晴らしいことなんだ!」というような壮大な考えも浮かぶことでしょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ