仕事のミス

仕事上での心の悩み

仕事でミスをしても次の日まで引きずらなくなる11つの考え方

投稿日:

仕事でミスをしてしまった時にあなたはすぐに気持ちを切り替えることができるでしょうか?

次からまた頑張ろう!と思える人少ないはずです。どうしてもまた同じミスをしてしまうことやミスを気にしすぎるあまり別のミスをしてしまうということが多いのではないのでしょうか?

 

今回はそんなありがちな仕事のミスをしてしまった時にそのミスを次の日まで引きずらないための考え方をいくつか紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



1. まだ成長の途中だと思えば当然だと思える

仕事を完璧にマスターするまではミスがあるのも当然のことです。

なぜならまだまだ成長の途中なので、わからないことや間違いがあっても当たり前だからです。

ミスしたことを悔やむということは自分はもう完璧にやれるなんてかいかぶっていたとも言えます。謙虚に考えればまだミスをする自分だと理解できますし、向上心も芽生えてきます。

2. ミスしながら覚えていく方が確実である

ミスすることでその仕事が印象に残り、次に同じ場面が来た時に「あの時ミスしたあれだ!」と思い出すことができます。それによって次からは確実にミスを回避し、ミスを生かして成功へと導くこともできるはずです。

ミスせずになんとなくこなしてしまうとやったかどうかも意識に残りません。そして、ミスをミスのまま覚えてしまうこともありますし、より良い方法に気づくこともできません。

そう思えばミスをしていい経験をしたと言えます。こんな風に前向きに考えてみてください。

3. 誰だってミスをするものだ

どんなにできる上司だって始めのうちはミスをしたはずです。人は忘れる生き物ですし、ミスをしながら成長していきます。ミスをしない人なんて可愛げがないですし、教える方も教えがいがないというものです。

「ミスをする」という当然の行いに過剰に悔やむことはありません。もちろん反省して次に備えることは重要ですが、それが終わったらいつまでも悔やむなんてやりすぎです。

ミスした事実は変えられないのですから、次に向かって対策したらもう考え過ぎるのはやめましょう。

4. ミスに気づけてよかったと思えばいい

ミスに気づかずに書類を提出してしまったり、忘れたまま数日間過ぎて取り返しのつかないことになったかもしれないと思ってみてください。ミスに気づけただけでもよかったと思えませんか?

ミスに気づくということは人から言われた時以外は自分の意識の問題です。

ミスをしたら困ると思って確認をしたからこそ気づけたのです。それは誰にでもできることではなく、素晴らしいことです。気づけたことや正直にミスを上司に話すことで潔い人物だと思ってもらえることもあります。

5. 小さなミスで防げた自分をナイスと思うこと

ミスを早期に気づくことができたおかげで最悪な状況は免れたとしたらナイスではないですか?

それが偶然気づいたことだとしても自分の直感や運の良さを褒めてあげましょう。もちろんミスはいけないことです。しかし、ミスに早く気づけたことで他の仕事にも集中力が増します。

ひとつのミスが次のミスを防ぐことにも繋がるので、良く考えてみたらミスも自分のためになっていたりします。今一度仕事に対して気を引き締めるために役立てましょう。

6. ミスするほど重要な仕事を任されたことを喜ぶ

ミスをする仕事ということは簡単ではないということです。それほど重要な仕事を任されるようになったということを喜んでみてください。仕事を任せた上司はできると思って与えてくれたのですし、それだけ成長や能力を評価された証拠です。

それに応えられなかったことは残念ですが、ミスするほどの仕事を与えてもらったと思ってやる気を失くさずにまたチャンスを与えてもらえるように対応しましょう。

ミスした後にどうフォローするか、いかに反省を見せて次に生かすかにもかかってきます。

7. 自分が思っているほど周りは気にしていないはず

ミスをしてしまったことを悔やんでいる時にふと周りの人の表情や発言を思い浮かべてみてください。自分が思っているほど周りは気にしていないかもしれません。

「よくあることだから」「大丈夫だよ」という言葉を単なる慰めの言葉として聞き逃していませんか?

それは慰めでもなんでもなく本心なのではないでしょうか。

ベテランの人からすると後輩のミスなんて見慣れたものですし、初々しくて可愛いと思えるものです。いつまでも気にせずに前を向きましょうね。

8. ミスをカバーするのは上司の役目

部下のミスをカバーするのは上司の役目です。自分だけが責任を取らないとなんて思わず、上司や先輩に相談してフォローしてもらえばいいのです。

指導が至らなかったからこそミスが起きたという可能性もあります。人のせいにして自分だけ楽になれとは言いませんが、そんな風に思うことで任せる部分は任せ、少しだけでも自分の荷が軽くなります。上の人を頼って甘え上手でいることも大切ですね。

9. ミスせずにできる人だと期待される方が辛い

いつもミスをしない人が職場にいるとします。その人は今さら初歩的な質問をしずらいですし、ミスをしても認めたくはなくなるでしょう。周りに期待されることでハードルが上がり、ミスした時の本人のショックも大きくなります。

それならいっしょミスをして「またミスをするかもしれない人」と見られている方が気持ちが楽です。

ミスをするかもしれないということで丁寧に教えてもらえますし見守ってもらえます。そのおかげでミスも減るという一面もあるでしょう。

10. 明日は今日より成長した自分である

今どんなにミスしたことを悔やんでいても仕事を続けている以上は毎日少しずつ成長しています。

ミスしたこと以上に覚えたことやできるようになったことを思い浮かべてみてください。そっちの方がはるかに多いはずで、それを当然と思ってしまっているのはもったいないことです。

今日のミスを生かして明日はもっと成長している、そう思えば毎日仕事に行くのも楽しみになってきます。自分を客観的に見てミスを含めて進む自分を評価してあげましょう。

11. 考えない!夢中になれることでリフレッシュする

ミスをしたことを次の日まで引きずらないようにするには考えないことです。夢中になれることをして忘れてしまいましょう。それが許されるのは十分反省した後か対応した後に限ります。

もう片付いたことをいつまでも悔やむより、自分を励ますために好きなことをして明日を迎えます。そしてストレスを溜めないことです。仕事がストレスとなると集中できなくなりまたミスも増えます。

その都度リフレッシュしながら仕事を好きなものだと思っておくことも大切です。

スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.