将来の不安

仕事の疑問 仕事上での心の悩み

働いていると考えがちな将来の不安をすこしでもなくすために今からでもできる5つのこと

投稿日:

仕事の悩みがない人はまずいないと思いますが、その最たるものは職場での人間関係によるものでしょう。

顧客からのクレーム、約束を守らない同僚、言うことを聞かない後輩、など様々なものがあるでしょうが、その中でもやはり上司との関係が一番の原因となると思います。

サービス残業の強要、無理な要求、それが社会や会社のためになるならまだしもですが、まったく無意味であったり害になったりするものだったら精神的にまいってしまいます。

 

しかし、上司に嫌われてしまっては最悪クビにされるなどのリスクが発生します。

表向きクビにはできなくても、つまらない嫌がらせをしたり、場合によっては望まない出向や転籍を要求したりするなど自発的な退職にもっていく手を使ってくるかもしれません。

そのため嫌々と上司に従っている人が大多数ではないでしょうか。しかし、そのように上司の顔色を見て過ごさなければいけない毎日が何か月も、何年も続く生活に耐えることは悲惨なものです。

そんな状況では人生が楽しいはずはなく、まさに生きるために食べるのではなく、食べるために生きるだけになってしまいます。

では、一体私達はどうすれば満足のいく人生を送ることができるのでしょうか。将来の不安を少しでもなくすために今からでもできることを考えてみましょう。

スポンサーリンク



まず現状を確認してみる

悩みについてよく考えもせず、ただ悩んでいるのは思考停止です。

まずはしっかりとその正体や原因について考えてみましょう。突然ですが、まずは動物園に行ったと考えて下さい。そこでは様々な動物が檻に閉じ込められています。

それを見て、不自由で可哀そうだなと思うことがあるかもしれません。そして、自分は自由だと改めてありがたく思うかもしれません。

 

しかし、それは間違いです。

何故なら私達人間も決して自由ではなく動物達と同じく檻に閉じ込められているからです。

動物達との違いは2つです。1つは、その檻が見えるか見えないか。そしてもう1つはその檻が小さいか大きいかです。動物達の檻は見えるし小さいです。それに対して人間を閉じ込める檻は見えなくて、大きさは人によりますが少なくとも動物のよりは大きいです。

ではその檻の正体は何で、その大きさは何で決まるのでしょうか。それはズバリ自由に使える金であり、その金額です。

檻を大きくすることを考える

極端に言えば、自由に使える金が莫大であれば当然働く必要はありません

。従って仕事の悩みなど発生しようがありません。莫大ではなくても、当面暮らせる自由な金があれば会社を辞める選択肢も出てきます。

 

また、当然結婚して家族を持つよりも1人でいた方が自由に使える金は多くなります。このことは基本的事項として押さえておくべきです。もちろん結婚が多大な幸福感をもたらすことはありますが、重要なのはリスクを把握したうえで選択する必要があるということです。

小さな檻の中で暮らすことは、まさに毎日上司の顔色におびえながら暮らすことです。自由にできる金が多くなれば、会社を辞める自由が発生する、つまり檻も大きくなるのです。

悩みの原因はまさにこの檻が小さいことから発生しているのです。つまり、檻が大きくさえあれば悩みは消えるのです。

具体的にどうすればよいのか

ではその見えない檻を大きくするためにはどうすればいいのでしょうか。

簡単な所では、その会社ではなく他社でも雇ってもらえる人材であれば何も問題ありませんね。上司が気に入らなければ会社を辞めればいいだけです。それには当然他者に認められる実力を身に着けることが重要です。

汎用的な有能性を身に着け2つ以上の分野に強くなる

しかし、今の世の中転職してもそれまでと同等あるいはそれ以上の収入を期待するのは大変難しいです。

少なくとも日本では転職回数が多いほど年収は下がる統計的事実が出ています。その原因として、まず日本人労働者の多くがその会社内でしか役に立たない人材となってしまっていることが挙げられます。

業務プロセス、知識などその会社でしか通用しないルールばかりです。更に、同労働者の多くが1つの分野の強みしか持っていません。営業、人事、経理、SEなどそれぞれの分野でしか活躍できません。

 

逆に言えば、会社をまたいでも通用する汎用的な有能性を持っていて、しかも2つ以上の分野に強い人材であれば会社をまたいでも大いに活躍できることになります。

例えば、非常に汎用性の高いプログラミング言語の多くをマスターしているSEが、しかも多くの外国語を話せるのであればまさに好条件で各所から引く手あまたとなるでしょう。

私が好きなコミックエッセイ「ぼく、オタリーマン。」の作者も、SE且つ漫画が描けるのでSEとして勤めていた会社を辞めて専業漫画家に転職できたのです。

そこを意識して、資格の勉強などに励むことが必要です。そのような実力さえあれば、会社を辞めなくても「いつでも辞めてやるぞ」という上司への抑止力となり、理不尽な要求をはねのける力になります。

 

無抵抗となるしか仕方ない実力のない人材ではいじめられ放題ですから抑止力は非常に重要です。スイスが永世中立国としてあのナチスですら手が出せなかった背景には、いざ攻められたら道路、トンネルなど徹底的に破壊し尽くしてでも抵抗する武力と意思が各市民に備わっていたからです。

決してただ平和を祈るだけではなくそれだけの覚悟を持っていたからです。更には社内から尊敬の目で見られて、大きな権限をもって生き生きと仕事ができるようになるかもしれませんね。そのような姿は想像するだけで楽しくなりますね。

支出の少ない生き方を選ぶことも考えましょう

見えない檻の大きさは自由に使える金で決まると言いました。

そのため、収入を多くすることも選択肢のひとつですが、それだけではなく支出の少ない生き方をすれば檻は大きくなります。独身貴族という言葉もある通り、結婚するよりは独身でいる方が可処分所得は大きくなります。

 

更に、結婚したとしても、子供を作るより作らない方が同所得は大きいです。また、そう考えると一生日本に住むことを前提としなくても良くなります。土地や物価の高い日本よりも、それらが低い外国に永住する選択肢があれば収入は低くても檻を大きくすることができます。

ちょっと例が極端になっているかもしれませんが、極端なものから身近なものまで、とにかくたくさん選択肢を用意して、どうすれば悩みをなくす、あるいは少なくできるかを考えることが重要です。

例えば、上司との人間関係に悩んでいる時に、会社を辞めることがもっとも手っ取り早いですが、部署を変えることで解決させる手もあります。最近は社内FA制度を用意している会社も多いので、そうした制度がないかしっかり情報を集めてみるのも良いです。実力があれば他部署が必要とするでしょう。

また、上司のパワハラがひどいのであれば社内社外を問わずに各所に訴えることもできます。とにかくいけないのは選択肢をろくに用意もせずに、とにかく我慢し続けることです。

最後に

以上述べた悩みの解決法については、動き出すのは早ければ早い方がいいのは当然ですが、遅すぎるということはありません。また、動くこと自体が悩みの解決につながることもあるのでぜひともすぐに実行してみて下さい。

結婚相談所の先生が、年齢を気にして動けないでいる会員に対して「今が一番若いんやで」と諭している話が私は好きなのですが、まさにそれです。私が悩みを解決したように、これを読んでいる方の悩みも消えるよう祈っております。

スポンサーリンク



仕事に悩み転職を考えている方へおすすめの転職サイトを紹介します

仕事の悩みを解決しようとした時に「転職」を考えることも1つの有効な手段です。

そこで管理人の私がおすすめする求人サイトを紹介させていただきます

理想の仕事を求めているならこちら!!

  1. 派遣やフリーターとして働いていて、いずれは正社員を考えている方
  2. 会社の待遇に不満を感じている
  3. 人間関係に悩んでいる
  4. 異業種にチャレンジしたい

という方におすすめしたいのが、DODAという転職エージェントです。

必ず面談をDODAの方としなければいけないのが面倒なのですが、その分マンツーマンで自分にあった企業を探してもらえるというのが強みです!

面談する場所も全国にあり、職種の幅も広いです。転職が成功するように面接練習。履歴書の書き方など様々なことも教えてもらえます。

一度面談すると連絡がちょくちょく来て少しうざいと感じるかもしれませんが、それを抜かせばとてもいいエージェントです。

転職する際の悩みを相談するだけでも損はないと思います。気になった方は下記をクリックしてください

私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問, 仕事上での心の悩み

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.