一緒に働きたくない

仕事の疑問

こいつとは一緒に働きたくない!!と思われてしまう人の8つの特徴

投稿日:

あいつとだけは絶対に一緒に働きたくない!と誰もが社会に出れば一度や二度はそう思う人がいたのではないでしょうか?

そんな周りからこいつとだけは一緒に働きたくないと思われてしまう人にはどのような特徴があるのかということについて今回は記事を書いていきたいと思います。もしかしたらあなたも誰かにそう思われていたかも?ということがあるかもしれないのでこの記事を機に改善してみてはいかがかと思います。

スポンサーリンク




 

1.言い訳が多く責任転嫁をする

「あの人とは一緒に働きたくない」と同僚に思われる人の特徴として、まずあげられるのが、「言い訳や責任転嫁が多い」ということでしょう。

仕事にはミスがつきものですが、大切なのはミスをした後の対処です。ありがちなのが、自分のミスをすなおに認めて、迷惑をかけた同僚や上司に詫びることをしないという人。

ミスをして同僚やに迷惑をかけても、何かしら言い訳をして、「自分は悪くない」と主張します。

さらに、ミスしたことを上司や同僚から責められると、ほかの人に責任を押し付けて、責任逃れをしようとさえするのです。

ほかの同僚に責任を転嫁して「あの人のせいでこうなった」というように言い逃れをしようとします。

単なる言い訳ではなく、責任転嫁は他の人に実害を与える卑劣な行為ですから、「あんな人とは一緒に働きたくない」と人に思われるのも当然のことと言っていいでしょう。

2.仕事中のムダ話が多い

こちらが忙しく仕事をしている時、同僚から話しかけられるほど、迷惑なことはありません。

もちろん、仕事上の必要な話であればかまいませんが、そうではない話をする人もいます。

同僚に話しかけられれば、冷たく無視するわけにも行かないでしょう。仕事をしながら、あるいは、仕事の手を止めて、話につきあいことになります。

その分、仕事が滞るわけですから、これは実害以外のなにものでもないでしょう。
仕事中に仕事とは関係のないムダ話をするというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴なのです。

3.仕事のグチや不平不満ばかりを口にする

ネガティブなことばかり話す人も、一緒に働きたくないと人から思われてしまいます。

働いていれば、だれしも仕事上のグチをこぼしたくなることはあるでしょう。時には、同僚に、仕事や人間関係の不満を口にすることもあるに違いありません。

人間ですから、それはやむを得ないことですし、ある程度はおたがい様と言っていいでしょう。

しかし、それが過度になると、「おたがい様」と許容するわけにもいかなくなってきます。

休憩時間や飲み会など、顔を合わせるたびに、仕事に関するグチを聞かされ、不平不満ばかりを聞かされたのでは、こちらの気持ちも滅入ってしまいます。

そういう人は負のオーラを出しているものですから、近くにいるだけで、ネガティブな気持ちになってくることが少なくありません。

そんな人とは距離を置きたいと思うのが、自然な心理と言っていいでしょう。

ネガティブな性格で、仕事に関するグチ話ばかりする人も、同僚から、一緒に働きたくないと思われるのです。

4.すぐにパニックになって大騒ぎする

仕事をしていれば、思いがけないアクシデントが起こることもあるでしょう。自分のミスによってトラブルが発生することもあれば、予測不可能な思わぬ事態が起こることもあるに違いありません。

困るのは、ちょっとしたことですぐにパニックになってしまう人。ふつうの人ならそこまで大騒ぎしないようなトラブルでも、「大変なことになった。どうしよう」と騒ぎ立てる人がいます。

 

「そんなこと、自分で処理しなよ」と言いたくなるようなことで、大騒ぎし、同僚に助けを求めてくるタイプの人です。

こういう人が身近にいると、自分の仕事にも悪影響を及ぼしかねません。その問題処理のために手を貸さなくてはいけなくなり、その分、自分の仕事が滞ってしまうわけです。

こういう人が同僚だと、自分の仕事に実害が及びますから、「あの人とは一緒に働きたくない」と思われてしまうのです。

5.気分屋で、その時によって態度が変わる

気分屋というのも、一緒に働きたくないと同僚から思われる人の特徴と言っていいでしょう。

気分屋は、その時の気分によって、人に対する接し方が変わります。きげんの良い時は、自分から明るく話しかけてきたり、同僚に対してやさしく接しますが、ひとたびきげんが悪くなると、別人のように冷たくなるのです。

日によって態度が変わるだけでなく、一日の中でも、気分しだいで接し方を変えるケースが少なくありません。

こういう人と一緒に仕事をしていると、毎日、よけいな気を使わなくてはなりません。

「今は、きげんがいいかな。悪いかな」と顔色をうかがいながら仕事をしなければならないのですから、できれば一緒に働きたくないと思われるのも当然でしょう。

関連記事→気分屋の上司をどう攻めようか?そんな上司の5つの攻略法

6.上にはゴマをすり、下には高圧的に接する

人によって態度や接し方を変えるというのも、一緒に働きたくないと人に思われる人の特徴です。

よくある話ではありますが、上司や先輩、職場内の力のある人にはゴマをするという人が少なくありません。
そういう態度を見せられるのは、それだけでも不快なものです。

こういう人は、逆に後輩や力の弱いに人に対しては、上から目線で高圧的な態度をとるという傾向があります。

自分がそういう接し方をされれば、「この先輩とは一緒に働きたくない」と思うに違いありません。

7.自分のやり方を人にも押しつけようとする

同じ仕事をしていても、仕事には人それぞれのやり方というものがあるでしょう。「こうしたほうが、自分にはやりやすい」という段取りであったり、仕事に対するその人の流儀というのは、人によって違って当然です。

しかし、中には、自分のやり方、仕事に関する流儀を人にも押しつけようとする人がいます。

おせっかいな自信家タイプの人で、「こうしたほうがうまくいく」という親切心から、自分のやり方を人にもさせようとするのです。

親切心からであっても、押しつけられる人にとっては迷惑以外のなにものでもありません。

その人のやり方に変えた結果、前よりも作業効率が落ちてしまったということも少なくないでしょう。

これも、まちがいなく実害を伴う、一緒に働きたくない人なのです。

8.コミュニケーション下手で必要な報連相を怠る

複数の人が一緒に仕事をしていく以上、仕事に関するコミュニケーションを欠かすことはできません。

いわゆる「報連相」が仕事のコミュニケーションの基本ですから、毎日、必要な報連相をお互いにしながら、仕事を進めていくのが常識です。

 

しかし、中にはコミュニケーション下手であったり、めんどくさがりな性格であったりするために、必要なコミュニケーションを怠る人がいます。

仕事上の報連相はその人にとって必要なだけでなく、それを受けるこちらにとっても必要不可欠であることが少なくありません。

ある連絡を受けなかったために、こちらの仕事に支障が出てしまうということもあるでしょう。

「なんで、連絡してくれなかったのか」と怒りを感じるのは当然の話です。

必要な報連相を怠るというのも、一緒に働きたくないと思われる人の特徴の一つなのです。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が少なくて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…
  5. 時間に縛られたくない…
  6. などなど働いているとありがちな悩みですが、それらは副業、つまり金銭での余裕を持つことで解決できることがほとんどです。

    お金に余裕があれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけますし、残業をする必要もありません。理不尽にも屈する必要がなくなります。このようにお金の余裕は心の余裕に繋がります

    ですが実際問題、「副業って何をすればいいの?というより自分にできることってなんなの?」

    こういった方って多いと思うんです。今回はそんな方たちに投資という考え方を視野に入れていただけたらと思います。

    メリットとしては副収入、知識を得ることで選べる仕事の幅が広がる、現職が本当に辛いと思ったときに潔く辞められるといったメリットがあります

    そこで初心者だからこそ、仕事において悩めている方だからこそおすすめしたい投資のスクールを紹介します。

    月額5000円で無制限に質問、通話での指導可能。そして実際に専業で投資をしている方がどういったトレードをしているのかをリアルタイムで知ることができる非常に画期的なスクールです!下記に詳しく内容をまとめたのでぜひご覧ください!

    今回管理人の私がお試し無料入会をやっていただくようお願いし、許可してもらえたので、この機会に是非投資について学んでみてはいかがでしょうか?

    投資は簡単に稼げる!だとかそこに行き着くまでの過程を端折りすぎた広告が多いため、怪しいと思ってしまうことは当然だと思いますが、こちらの投資スクールでは基礎をしっかり学び、少しずつ成果につなげるという手法を推奨しています。

    「人生を変えたい!」「これからの将来に備えたい!」「仕事に振り回されたくない!」

    上記に1つでも当てはまった方はまずは無料のお試し入会から初めてみてはいかがでしょうか?

    詳しいメリットや、無料お試しの流れなど詳しく私が記事にまとめました。下記の画像をクリックすると見ることが可能です!

    今後の人生をよりよくするためのきっかけになる可能性も十分ありますので、ぜひ御覧ください!

     

    私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

    お問い合わせ

    からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.