仕事から逃げたいと思った時は実はチャンス!そのチャンスを生かすための方法

仕事から逃げたい
仕事の疑問

仕事は調子の良いときもあれば、調子の悪い時もあります。ほとんどの場合は、仕事の調子が悪い人の方が多いのではないでしょうか。

仕事とはそういうものですが、そんな仕事だからこそ、どんな仕事であれ、誰しもが一度は仕事から逃げたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

どんなに自分の好きな職業に就いても、一度は必ず仕事でつまづくものです。

そんなとき、どうやってその状況を抜け出せばよいのでしょうか。

いやいや仕事を続けても辛くなるだけです。かといって、生活があるので放り出す訳にはいきません。

ここでは、仕事から逃げたいと思ったときに、どうその状況から抜け出せばよいか、そしてそれをチャンスに変える方法をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク



なぜ、仕事から逃げたいのか考える

まず、考えるべきことは、なぜ仕事から逃げ出したいのかを考えるということです。

今の仕事の内容に不満があるのでしょうか。それとも、責任のあるポジションについておりプレッシャーを感じているのでしょうか。

まずは、仕事から逃げたい理由を考えてみましょう。

どうです?仕事から逃げたい理由は分かりましたか?

そのうえで、今度は、今の会社に入社したときのことを考えてみましょう。あなたは、どんな想いで入社したのですか?

当時の事、思い出しましたか?

今、入社当時に想い描いた仕事の夢を叶えるために、あなたはとても頑張っていることに気づいて下さい。逃げ出したいという気持ちはみんな一緒です。この嫌な思いはみんな味わっているのです。

仕事から逃げ出すのは簡単です。しかし、そのような行動をとっていると、他の仕事でもあなたは同じことを繰り返すことでしょう。

どこの仕事についても同じような環境は続きます。

仕事から逃げたいと思ったときこそ、チャンスをつかめ!!

仕事から逃げ出したいという気持ちは誰もが持つ感情だということを話しましたが、実はこの感情こそが、あなたの仕事を成功させるポイントになるべきチャンスなのです。

つまり、仕事を辞めたいと思っているのはあなただけではないということです。仕事がハードな仕事であるほど、ライバルである先輩や同僚も同じように仕事から逃げたいと感じ、仕事への情熱をなくしやすいのです。

ゆえに辛い仕事であればあるほど、仕事のライバルたちが勝手に脱落したり、仕事への気力を失ってくれるので、ここであなたが踏ん張って頑張れば、あなたの独走状態となり一人勝ちができるのです。

仕事から逃げたいと思ったときこそチャンスです。

ライバルたちもあなたと同じ苦しい感情を抱いています。そこに気づくだけでも、かなり精神が楽になりませんか?仕事の苦しみは、あなただけではないのです。

 

また、仕事から逃げたいと思ったときこそ、仕事をいつも以上に熱意をもって取り組んでみましょう。悪あがきでもいいから、まずは必死になって仕事に取り組んでみます。

ライバルたちが仕事への熱意を失いつつある今こそが、仕事の出来に差をつけられるチャンスです。とにかく、がむしゃらに頑張ってみましょう。

こうしたハードな仕事姿を周囲に見せることは、周囲のあなたへの評判もあげることができます。あなたという人間を周囲の人に売り出すチャンスなのです!

もし、あなたの仕事がいとも簡単にこなせるものなら、替えはいくらでもいますし、脱落するライバルもいません。簡単にこなせる仕事は、一見、楽なように思いますが、実は脱落者がいない分、競争率も激しく、出世するのが困難な場合があります。

今が仕事の踏ん張り時です。さぁ、胸を張って頑張ってみましょう。

乗り越えた先にあるもの

嫌な仕事を乗り越えた先にあるもの、それは、仕事に対する自信です。

自信をもつことは、とても大事なことです。

自信をもつことで、自己肯定感が高まり、前向きに仕事に取り組めることができます。また、自分の仕事にも誇りをもつことができます。

さらに嫌な仕事をやり遂げたという達成感を味わうことができるので、脳からたくさんドーパミンが出て、仕事に快感すら覚える人もいるのではないでしょうか。

嫌な仕事だからこそ、達成したときの快感は忘れられません。

 

そして、良い仕事をしたと心から思うことができるのです。途中で仕事を放棄した人には絶対に味わえない快感です。そして、この達成した時の快感や満足感をあなたは一生、忘れることができずに、再び、仕事に邁進することでしょう。

くじけそうになった嫌な仕事を自分は乗り越えることができたとき、その仕事はあなたの自信となり、励みとなり、また次の仕事に繋がっていきます。

周囲の人もそんなあなたの奮闘ぶりを認めるはずです。

仕事から逃げたいと思ったときこそチャンスです。

これを乗り越えることで、入社当時に想い描いたあなたの夢に一歩近づくことができるのです。仕事で成功を収めたいと思うなら、迷わず突き進みましょう。途中で仕事を放棄しては、せっかくのチャンスが勿体ないです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ