仕事の疑問

考えてみよう!仕事ができない人が勘違いしている4つのこと

投稿日:

仕事が出来ると思い込んでいる

仕事が出来ない人が勘違いをしていることで多いのが、仕事が出来ない人ほど仕事が出来ると勘違いをしていることが多いです。

仕事が出来ない人は、自分が仕事が出来ず、迷惑をかけていると言うことを知らず、自分は仕事が出来ると勘違いをしているケースが非常に多いです。

仕事が出来ない人ほど、仕事が出来ると勘違いをし、仕事が出来ると思い込んでいる人が多いです。こういった人は、根拠なく自信を持っていることが多いです。このため、周りから、仕事が出来ないと指摘をされないことには、気づかないままであることが多いでしょう。

仕事が出来ない人には、大体にしてこのような勘違いが多いといえるでしょう。自分は、仕事が出来ると思い込んでいる人は、実際に仕事が出来るのかどうか、周りからどう思われているのかを考えて見ると良いでしょう。自分自身で、仕事が出来ると思い込んでいると、危険であることが多いです。

まずは、周りからの人事評価などをしっかりと受け止める必要がありますし、反省を含めて自分を省みることが必要です。

常に謙虚で居ることが必要であるといえるでしょう。

スポンサーリンク



職場が悪いと思っている

仕事が出来ない人に多い勘違いとして、その職場が悪いと思い込んでいる人が多いです。仕事が出来ない人は、自分が仕事が出来ないのではなく、その職場環境が悪いと思い込んでいることや、全て会社のせいにしているという人が多いです。しかし、これは大きな勘違いであるといえるでしょう。

仕事が出来ない人は、どんな職場に居たとしても、成果を上げることが出来ず、周りの人々から疎ましく思われますし、評価が上がらないことが多いです。このため、どんな職場に居てもなじむことが出来ません。

 

このため、職場が悪いのではなく、自分が悪いのですが、それに気がつかず、ずっと職場が悪い、会社が悪い…という風に思い込み、勘違いをしていることが多いのです。

転職を繰り返している人には、職場が悪いと言っている人は多いですが、こういった考え方をまずは見直してみる必要があります。仕事が出来ない人ほど職場環境や、労働環境に文句を言っていたり、会社が悪いと思い込む傾向にあるといえるでしょう。

もちろん、労働環境がよくない会社もたくさんありますが、実力が不足しているのに、会社のせいにしているのはよくありません。

自分自身は、何か仕事上のミス、そして何かクレームや、トラブルがあった際に、会社のせいにしたり、職場環境のせいにしたりしていないかどうか、一度振り返ってみるようにしましょう。

どこかに適職があると考えている

仕事が出来ない人に多いのが、どこかに自分の適職があると考えていて、今の仕事が自分に合っていないと思っていることが多いです。

今の仕事に自分は向いていないからできない、と思い込むのはとても簡単だからです。

 

しかし、これは大きな勘違いであるといえるでしょう。仕事が出来ない人は、適職に就いたとしても仕事が出来ないことが多いですし、そもそも向いている仕事がないこともあります。

仕事が出来ない人は、そういう風に考えず、自分が今向いている仕事が出来ていない、適職に就けていないからというのが原因と思い込んでいることが多いです。

仕事が出来ない人は、自分の向いている仕事がどこかにあると思い込んでいますが、それは勘違いであるといえるでしょう。

自分の向いている仕事が探せていないと勘違いをしている人は多いですが、ケアレスミスをしてしまっているという場合には、向き不向きは関係なく仕事そのものができない可能性があります。

こういった人は、自分は仕事が出来ないと自覚をする必要があるといえるでしょう。どんな仕事でも評価されないという人は、一度仕事が出来ない可能性を疑ってみましょう。

周囲のサポートに気がついていない

仕事が出来ない人に多い傾向として、周囲のサポートに気がついていないというケースがあります。仕事が出来ない人は、仕事を一人でこなすことが出来ないので、周りの人がフォローやサポートをしていることがほとんどなのです。

 

しかし、仕事が出来ない人は、これを全て自分の実力だと勘違いをしていることが多く、周囲のサポートあっての自分であると言うことを自覚していないことが多いです。

実際には、周りのサポート無しでは、仕事が出来ないため、一人なら何も出来ないのが実際のところであるといえるでしょう。しかし、仕事が出来ない人は、それに気づいていないことが多いのです。

自分は、周りにどれだけサポートをしてもらっているのか…ということをまずは振り返って考えて見ましょう。

自分一人では仕事を回すことが出来ていないという場合や、自分一人に仕事をだれも任せてくれないという場合には、仕事が出来ていない可能性があります。

周りのサポート無しで出来ない自分を自覚する必要があるといえるでしょう。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.