なぜ仕事が嫌いになる人が多いのかについて原因と解決策を考えてみた

仕事が嫌い
仕事上での心の悩み

世の中人は仕事に生きがいを感じる人もいれば、せっかく自分の好きな得意分野の仕事に就くことができたのに、それが嫌いになってしまう人もたくさんいます。

仕事というのは趣味とは全く違い、ノルマなどを達成する必要もありますし、難しい仕事であればより精神的にも苦痛に感じるが多くなります。

なぜ仕事が嫌いな人が多いのかという事については、様々な要因が降り重なり引き起こってしまうことがあるのです。

仕事というのはある程度のリズムがありますから、場合によってはそれが楽しいと感じる場合もありますが、極端に仕事の時間が長期に長引いてしまったり、自分のライフスタイル自体も崩れてしまうと、仕事は嫌いになってしまうのもある程度は仕方がないことでもあるのです。

今回は仕事が嫌いになる原因をいくつかについても掲載していきます。

スポンサーリンク



自分に合っていない仕事を選択してしまい仕事嫌いになってしまう

仕事の中には様々な業種があるのですが、自分に向いていない仕事を選択してしまう場合もよくあることです。黙々と仕事をこなす事が好きな人が営業のような接客サービス業に就いてしまうと、取引先とのやりとりなどで疲れてしまうこともあります。

このような場合にもやはり仕事が嫌いになってしまうことが多々あります。自分に向いている仕事なのかどうかということも、今一度検討してみるべきかもしれません。

たとえすこぶる給料が稼げる仕事だとしても、その仕事は嫌いであれば長続きすることもできませんし、精神的なバランスを崩してしまうことすらもあるのです。

解決につながる記事はこちら

今の仕事向いてないかもと思ったときに知ってほしいこと

企業のシステムが劣悪すぎて仕事が嫌になってしまう

今の時代というのは必ずしも好景気だとは言いがたい部分もあります。もちろん優良な企業も数多く存在するのですが、いわゆるブラック企業というのもこの世には多く存在しています。

名ある企業に就職してもステータスが高いと感じられるだけで、実際の業務は多忙すぎてついていけないという事も少なくはありません。また、ブラック企業ばかりではなく、グレーゾーンな企業というのも存在します。

こういった事企業に勤めていると、次第に心の余裕が持てなくなるという現象が発生し、仕事が嫌いになってしまうという事態になってしまうのです。

解決につながる記事はこちら

ブラック企業から逃げたい!ブラック企業の3つの確実な辞め方

仕事場の人間関係などの周囲の環境が悪く仕事が辛くなる

最近のコミュニケーションのあり方自体が、ネットやスマホなどのツールなどで行われているので、対人関係自体はうまくいかないということも多々あります。

企業の中には派閥などもありますし、その中で生き抜いていくには相当の努力と根性が必要です。それを受け流しながら勤務できれば良いのですが、上司との関係や部下とのあり方についても悩んでしまう事もよくあることです。

解決につながる記事はこちら

仕事の人間関係のストレスを軽減させる4つの思考

仕事が多忙すぎて生活リズムを崩し仕事が嫌いになる

仕事が嫌いになってしまう最も大きな要因は、自分の時間をとれないということも原因になっています。

中小企業等では有給休暇等は設けてあるものの、実際に休むとなると仕事仲間に非難されたりすることもあります。

有給休暇を取るというのは、労働する者にとって当たり前の契約でもあるのですが、人数が足りないなどの会社側の原因で休みが取れないということも仕事は嫌いになってしまう原因の1つなのです。

解決につながる記事はこちら

有給が取れない・・・少しの工夫で有給が取れるテクニック

私がサービス残業は嫌われてでもする必要はないと断言できるわけ

残業したくないときに出来る3つのこと「残業をしない人化計画」

求人情報と全く違う待遇を受けて仕事が嫌いになってしまう

例えば入社する時には、給料のシステムやボーナスはどれぐらいもらえるかなどの仕事をする際の条件が掲載されているものです。

ハローワークなどに登録されている仕事であっても、条件が必ずしも満たされているとは限りません。入社してみて始めて、自分の給料はどれぐらいなのかという事がわかるということも少なからずあります。

さらに、年度前には必ず昇級するものなのですが、昇級する金額自体が微々たるものすぎて正当に評価されていない場合もあります。

このようなことが続いてしまうと、結果的にその仕事自体も嫌いになってしまうことがあるのです。

解決につながる記事はこちら

今の仕事が嫌ならすぐにでも辞めるべき理由を転職を6回した私が話します

仕事に慣れない環境や多発するミスによって仕事嫌いとなってしまう

その仕事の業種にもよるのですが、どの仕事においても失敗は許されないという部分があります。自分の犯したミスは取り返しがつかないという部分もあるので、あまりにも仕事のミスが多いと、仕事自体がどうしてもやりたくないというような心理状況に陥ってしまいます。

誰もがやるようなミスであれば問題は無いこともありますが、特に金融関係の仕事などは、数字を間違えてしまうと決定打のミスになってしまうこともあります。

さらに食品加工などの仕事においては、衛生面にかなり配慮しなければなりません。作業場に入る前に入念な洗浄等を行わなければならないので、お手洗いに行くことさえもままならないということも稀ではありません。

 

このように仕事の内容というのは、ただでさえ大変なものでもあるのです。仕事に慣れている人であれば、何の問題もなく仕事に専念することができるのですが、なかなかその仕事のスキルを高められない人は仕事が嫌いになってしまうということも多々あるものなのです。

解決につながる記事はこちら

ミスがミスを呼ぶ「負のスパイラル」を断ち切る3つの方法

スポンサーリンク



ページの先頭へ