仕事の疑問

私がサービス残業は嫌われてでもする必要はないと断言できるわけ

投稿日:

この記事を見ている方は、自分の現在の仕事でのサービス残業について悩んでいると思います。

そんな方達に僕は一言「サービス残業なんて辞めちまえ」と言いたいです。

そんな簡単な話じゃないんだよ、と言う方がほとんどであると思うのですが、物事というのは考え方次第だと思うのです。

では、どのように考えればサービス残業についての悩みが消えるのか、これから書いていきたいと思います。

今までの常識が覆されることを願っていますので、ぜひご参考までに。

スポンサーリンク



1、サービス残業は何のために?

まず、考えて見て欲しいのが、サービス残業は誰のため何のためにしているのか、ということです。冷静に考えて見て欲しいです。

まさか会社のため、という方はいないでしょう。

なぜならサービス残業について悩んでいる時点で、その会社に魂を売るほどボロボロになって働こうなどという考え方ではないでしょうから。

サービス残業が何のためか考えたときに、多くの人はパッと思いつかないのではないかと思います。

それは当然のことだと思うのです。

なぜなら、何のためでもないのですから。

何を言っているのかわからないという方々、あなたがサービス残業をしている理由を一言で表すならば、「空気を読んでいるから」ということではないですか?お金ももらえないのにサービス残業を進んでやるという少数派の人も中にはいらっしゃると思いますが、この記事をご覧になっている方はそうではないでしょう。

みんながやっているから自分だけやらないわけにはいかないから、とか、会社全体がそうでもしないと危ういから、とか色々と理由はあると思いますが、よく考えて見て欲しいのです。

それは果たして本当にあなたがサービス残業をしなければいけない理由になるのでしょうか?

2、そんなサービス残業はやめてしまおう

結局あなたがサービス残業をしている理由は、日本人特有の「空気を読む」という行為に他ならないのです。

会社の存続が危ういから、とか、みんながやっているから、とかいう理由などは関係なく、あなたが空気を読んでしまっているのです。

会社の存続が危ういようなところで働いている場合も、みんながやっているからやらざるを得ないというような環境においても、そんな奴らに構っていては人生損ということを言いたいです。

いきなりサービス残業をやらなくなってしまっては、今の状況的に人間関係的にも仕事量的にもうまくいかないと思っている方もいると思いますが、今すぐやめてしまっていいと思います。

自分がその状況にいないからそんなこと言えるんだ、という方にもわかって欲しいのですが、人生を長い目で見て考えて欲しいのです。サービス残業で無駄にした時間は、お金にも思い出にもならないのです。

一時的な人間関係や、環境に惑わされてはいけません。

何をしてもその無駄にした時間は戻ってきません。それを考えると少しでもやめる気になりませんか?

やめる気になったその時がチャンスなのです。嫌われるかもしれないし、何か自分圧力がかかるかもしれません。

その先のことはわかりませんが、やはりお金にならない仕事というのはどんな理由があってもやるべきではないのです。

帰属意識や、自分の会社だから…と思っているかた、完全に矛盾していますよ。

本当にそう言ったものがあるならば、サービス残業について悩むことはないと思います。

そもそも、サービス残業について悩んでしまうような会社はまともなのでしょうか?

世間一般に見ても、世界的に見てもおかしさしかありませんよ。今すぐにサービス残業をやめましょう。

死ぬ間際に後悔しても遅いのです。

 

3.それでもやっぱりそんなすぐにはやめられない

やはり日本人です。

集団の中で自分だけ楽な行動を取ろうとすれば敵視されることは間違いありません。

そもそもそう言った環境がおかしいのですが、日本人特有の文化ですから、それをすぐに変えろ、という方が難しいのかもしれませんね。そういう時は思い切ってほかの職場に逃げてしまうのもアリですよ。

日本には会社がいくらでも溢れていますし、人口が減りつつあるので別のところに逃げることだって可能です。そういうことをした方がいいくらいサービス残業というのはおかしなことなのです。

嫌われてもいいのです。会社側から圧力をかけられてもいいのです。

稼ぎがなくなったら人生が危ないから空気読んでサービス残業をする、というのは本当に後悔することだと思います。

サービス残業をしている日本人に言いたいのは、もっと広い視野で物事を考えて欲しいということです。世界的に見て日本人は働きすぎだし、ましてや給料が発生しない仕事というのは狂気の沙汰です。

さらには人生の終盤そのような働き方を後悔しているのは目に見えていることです。あなたが今そういうことを自覚してすぐにサービス残業というような狂ったシステムをなくすことを意識し始めることが大切なのです。

 

今は集団の中で蔑まれるかもしれませんが、そのような方が増えていくことで最終的にそのようなものはなくなっていくのです。さらには蔑まれていたのに、いつしか正しいと評価されるようになるのは間違いないでしょう。

意志を強く持って欲しいのです。

集団の中の人間関係などそんな小さいことに流されて大切な人生を無駄にしてほしくないと思っているのです。嫌われてもいい、もしくはまた別の選択をして、環境を変えてしまえばいいと思って欲しいです。

実際そうなんです。

サービス残業をしている方の多くが、自分の今の環境がなくなったら人生が終わってしまうかのような姿勢で考えているのですが、そんなことはありません。
一時的に稼ぎが少なくなってしまうかもしれませんし、しばらくうまくいかないかもしれません。

そんなことは気にしないでください。

人生長い目で見て成功すれば結果オーライなんですから。波乱万丈でも死ぬ間際に達成感に溢れて死ぬ幸せな人生と、億劫になりながら時間を無駄にしてなんとか逃げ切ったというような人生どっちがいいですか?

筆者は確実に前者がいいと思っています。すぐに行動することの大切さは何事においてもあると思います。

今回の件に限らず、そのようなことを意識していれば必ず成功は見えてくると思うので、とりあえず無駄なサービス残業を無くしてみることから始めて見てください。

スポンサーリンク



仕事の悩みの負担を小さくするためにできること

  1. 給料が安くて悩んでいる
  2. 会社の理不尽に疲れ果てている
  3. 辞めたいのに辞められない…
  4. 将来に不安を感じているけど、なにをすればいいかわからない…

などなど働いているとありがちな悩みですが、それは現状のままで変えることが出来るでしょうか?

人それぞれ考えは違うと思いますが、私はその度に転職をしてきました。

もちろん、それで失敗したことも有りました…しかし、変える努力を続けたことで現在は自分の好きな仕事に熱中できる様になりました!(ウェブ制作会社)

向き不向きもありますし、苦手な環境、好きな環境も人それぞれです。人生の大半の時間を仕事に使うわけですから自分に合う仕事を探すべきだと私は思います。

そこで私は転職を考えている方にDODAという転職サイトをおすすめします!電車内の広告やCMでも取り上げられているメジャーな転職サイトですが、だからこそいいんです!

無料で実際に担当者と話して仕事を決められますし、求人内容の質もハ○ーワークとは比べ物になりません。

自分の本当に求めている仕事、環境を一緒になって考えてくれるところに私は魅力を感じました

そのときの条件が

  1. あんまり残業したくない…
  2. 体育会系の人が多いところはちょっと…
  3. 休みはしっかり取りたい
  4. 学びながら高いモチベーションで仕事に向き合いたい!

でした。

これくらい正直でも真摯に向き合ってくれ、話していく中で私の適性や性格を把握した上でこういった仕事はどうか?と提示してくれました。

一度、実際に事務所に行って面談をしなければいけないのがちょっとネックですが、直接会うことで私の適正をしっかりと見極めてくれ、話しやすいような環境を作ってくれていたことに非常に魅力に感じました。

事務所は全国にありますし、話しやすいということもあってか、後半は仕事の悩み相談になってしまったのですが、その悩みを解決するためにがんばりましょう!と言っていただけたことは今でも覚えています。

そんなDODAは下記から見れます!興味を持った方はぜひ見てください。



私個人でも仕事の悩みの相談に無料で乗っているので詳しくは

お問い合わせ

からよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
sasakiryo

sasakiryo

管理人のsasakiryoです! 転職を繰り返し、仕事で悩み、辛い思いをしてきたからこその 仕事の悩みの解決策や対処法などを紹介していきます。 無料相談なども行っていますのでぜひご利用ください!

-仕事の疑問

Copyright© アシストワーカー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.