製造業に向いている人に多い8つの特徴

製造業 向いている
製造業の悩み

同じ作業を続ける集中力がある人

製造業を長く続けている人には特徴があります。まず向いている人の条件として、同じ作業を続ける集中力があることが挙げられます。

人によっては沈黙に耐えられない人もいますし、どうしても話をしてしまうタイプもいます。

製造業は基本的に1人で黙々と作業に取り組む仕事です。

1人で集中して作業する人には向きません。

逆に人との関わり合いが苦手な人や話をするのが苦手という人には向いているでしょう。

その上で、長く集中して取り組めることも必要です。製造業では正確性が問われますし、不具合を出すと作業効率が低下します。

集中力が途切れてしまうとミスも起こりやすくなるので、持続性のある人が向いていると言えます。

スポンサーリンク



時間効率を考えて行動ができる人

また製造業では、いかに効率良く作業を行うかが課題となります。

同じ時間内により多くの製品を製造することで、利益率を向上させることになるからです。その点においれは、各作業員の作業効率向上も求められます。

その観点からすると、自発的に効率化を考える人は製造業に向いていると言えます。

実際に期間従業員には、正社員登用制度が用意される会社も多くあります。

その登用の条件のひとつに、業務効率の向上に常に取り組んでいることが挙げられています。

会社によってはレポートを提出し、日々どのような取り組みを行っているのかをチェックするところもあります。

そのように自発的に作業効率を高める取り組みをしている人が、製造業では求められています。

物を作るのが好きな人

根本的にモノを作ることが好きな人が向いていると言えます。

モノ作りが好きな人の多くが、創意工夫をすることを得意とするからです。

何かを生み出すことはもちろんのこと、どのようにすれば求めるものが形になるのかを考えることが好きであるというわけです。

この考え方があるからこそ、効率良く作業する方法を自然に考えるようになるというわけです。

また、そのような人は常に色んなアイデアを生み出すことを楽しんでいることも多いものです。

様々なことに興味を持ち、そこからインスピレーションを得てアイデアを生み出せるような人も製造業に向いています。

そのような人は生産工程の作業員から管理者へ登用される可能性もあります。工場全体の作業効率を高めるための能力を見込まれるというわけです。

几帳面な人

また、実際に製造業に携わったことがない人でも、その特性を持つ人には共通する特徴が見られます。例えば几帳面な人は、ライン生産における製造作業に向いていると言えます。

ライン生産は同じ作業の繰り返しになりますし、人によっては退屈に感じるものです。

けれども几帳面な人は細かなところが気になるものですし、その作業の1つひとつにはどんな意味があるのかを理解しようとします。

そしてその重要性を理解するからこそ、きっちりと同じ作業でも行えるようになるというわけです。

つまり人材採用の担当者は、そのような点に注目すると適性を持つ人を見分けることができることになります。

危機管理能力に長けている人

同じような理由で、危機管理能力に優れる人材も製造業に向いていると言えます。ライン生産はトラブルが発生すると、全体の作業がストップしてしまいます。

そしてそのようなトラブルには大抵の場合、何かしらの兆候が見られるものです。

それを察知してトラブルの発生を予見できるという意味で、危機管理能力を持つ人材は製造業に向いているというわけです。

正社員登用においても、そのような人材に話を進めることで工場全体の作業効率を大きく高めることができます。

機械の知識を吸収するのを苦に思わない人

また製造業では色んな機械を使うことにもなりますし、業務によっては覚えることも沢山あります。

そのような知識を吸収することを苦に思わない人が必要と言えます。

また扱う機械は案外とアナログ的な調整を必要とすることが多いものです。

マニュアル通りに操作をしても、求める成果が得られないことも多くあります。

これは職人としての技術が問われるものとなりますが、そのようなセンスも問われることになります。

探究心を持っている

その技術の習得に必要になるのは、探求心です。物事を理解し追求することが好きな人は、そのような技術の習得も難なくこなせるようになります。

町工場での製造業ではこのような職人技術を必要とするものが多くあります。けれども後継者が少なくなっています。

これは単に職人としてのセンスを持つ人が少なくなっているわけではなく、探求心を持つ人材を採用していないだけの話です。つまり必要な人材を把握して的確に採用することができれば、職人技術を伝えることができるというわけです。

そのような意味で職人を育てるためには、適性を持った人材がどのようなものかを理解しなければなりません。

上記に挙げた製造業に向いている人の特徴を当てはめれば、きっちりと仕事を継承できる人材に育て上げることは可能です。

その意味においては工場を存続させるために必要な人材も確保することが大事です。

単に製造作業にのみ特性を持つのではなく、製造業という業務そのものを理解し管理できる人材が必要ということです。

品質管理をしっかりできる人

品質管理をしっかりと行える人も製造業に向いていると言えます。製造業は今では多品種小ロット化しています。あらゆる要望に高品質で応えることが求められるというわけです。

そのためにはあらゆる製品に関する品質管理と適合基準の策定ができるような人材が必要です。

行程管理ができる人

また希望納期にきちんと納品できる行程管理ができる人材も必要になります。

そのためには複数の工程を並行して管理できる人を探すことが大事です。

さらに生産ラインにおける工程管理と人材管理、さらには育成まで行える管理能力を持つ人材も必要です。

このように考えると、製造業に向いている人は実務としての作業にじっくりと取り組めるパターンと、その管理ができる人材というパターンに分かれることになります。

もちろん、製造作業を的確に創意工夫を持って行える人は、その管理に関しても能力を発揮するものです。

上記に挙げた特徴を持つ人材を採用することで、実務段階での経験を積んだ上で工場の運営に関わる管理職へと転向させることも可能であることが分かります。工場の利益率を工場させるためには、そのような人材を集めることが必要と言えます。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ