サービス業に向いている人の特徴10選

サービス業 向いている人
仕事の疑問

1、 どんな時でも笑顔を作れる人

サービス業といえば、常に笑顔で接客することが必要です。サービス業はその名の通り、人にサービスをする職業なので、まずは笑顔でお客さんに接することが基本中の基本です。

お客さんから見て、話しかけやすい雰囲気や親しみやすい雰囲気を出すことが求められ、そのための大事な要素が笑顔なので、サービス業に向いている人はどんな時でも笑顔を作れる人でしょう。

初対面であろうが、苦手な人であろうが、きちんと最低限の作り笑顔ができる人でないとサービス業には向いていないでしょう。誰でも気分のいい時、悪い時があります。

良い事があった日は、笑顔でいることは簡単ですが、失恋したり体調が悪かったりと笑顔を作るのが難しい時でも、作り笑顔で仕事をこなす必要があります。サービス業は、どんなに落ち込む事があっても、笑顔でお客さんに接することができる人が向いているといえるでしょう。

スポンサーリンク



2、 チームワークガ取れる人

サービス業は職場の人全員がチームとなった連携プレーが大切です。例えば、ホテル業やデパート業で、その場所で働く従業員が情報を共有して、自分の持ち場だけではなく、その場所全てのことを把握して働かないとクレームになります。

飲食店では、キッチンで作っている人と給仕する人とが上手く意思疎通して行わないと繁忙時間帯にはお客さんをさばくことができません。マイペースすぎて周りが見えてない人だと、同じ作業をしている人にも迷惑がかかります。

3、 相手の立場に立つ想像力がある人

お客さんの立場に立って、お客さんの求めていることは何か、今どんなことを考えているのかを察して、適切な行動に移すことのできる人がサービス業に向いている人といえるでしょう。自分が思うがままに独りよがりな接客をしても、相手は不快な思いをして、あなたのサービスの継続的な顧客には今後なってくれません。お客さんの立場に立って、満足するサービスを与えることが必要です。

4、 主観的に接客業が好きな人

サービス業では顧客からのクレームはどんな職場でもあり、避けることはできません。接客をしていると、お客さんが色々質問してきたり、文句を言ってきたり、世間話をされたり・・という事が日常茶飯事です。それに笑顔で対応できる能力があったとしても、大きなストレスを感じる人もいれば、あまりストレスを感じない人もいます。接客することにより起こる様々なトラブルを解決することに達成感を感じ、やりがいを感じるというような人がサービス業に向いています。

5、 身だしなみに気を使える人

初対面では人は見た目で判断されるので、サービス業に向いている人は第一印象の良い外見の持ち主だといえるでしょう。清潔感のある髪形や服装をこころがけ、肌や爪の手入れも必要です。毎日の身だしなみを欠かさず、客観的に自分の外見を見られる人がサービス業には向いています。また、高級車の販売など、高級志向のサービスでは、顧客に見劣りしないような装いや振る舞いが必要ですので、センスが問われます。

6、 常識的な言葉使いができる人

サービス業では、最低限のマナーをおさえた言葉使いで接客をすることが必要です。そうしないと、クレームになります。もちろん、サービス業によって顧客層が違うので、年配の顧客が多ければしっかりとした敬語や、ゆっくり喋ることに重きを置かなければなりません。若者の顧客が多いサービスなら、多少フレンドリーな喋り方でも良いでしょう。

場面ごとにふさわしい言葉使いを気を付ける必要があります。また、きちんと聞き取れる発音で喋ることも大切です。何を言っているのかわかりづらいと、急いでいるお客さんをイライラさせる原因の1つとなります。

7、 ダメなものはダメとはっきり言える人

サービス業を続けていると、絶対にモンスター客に当たります。モンスター客とは、最初からクレームを付ける気で来る人や、ちょっとした事でキレて怒鳴り散らす人など様々です。

 

常識的なお客さんばかりだといいのですが、このようなモンスター客は避けては通れないんですね。笑顔で素晴らしい接客ができる人でも、サービス業が続けられない人の多くに、ストレスが溜まってサービス業が続けられなくなる人が多いのです。

サービス業に向いている人とは、モンスター客には冷静沈着にはっきりとダメなものはダメと言える人なのです。最終的にはそういう人でないと、接客業は続けられなくなります。

8、 体力のある人

サービス業は休みも少ない上に拘束時間も長く、身体を壊して辞める人が最も多い業種です。立ちっぱなしの現場も少なくないので、学生の頃に運動部だった人など、基礎体力のある人でないと続きません。

現実問題、サービス業では体力が最も重要な課題かもしれません。サービス業の経営者になった場合は、病気になっても休めない場合があります。家族経営など、小規模で営んでいる場合は、休むと店を閉めるということになり、すぐに収入が途絶えることになります。

サービス業は、体調を崩さないように日々の健康に気遣い、体力作りにも日々頑張れるような人が向いています。

9、 臨機応変に対応できる人

サービス業は、常に人間を相手にする職業です。なので、突発的なトラブルが起きやすく、顧客に振り回されやすく自分の思い通りには時間を使えない職場です。自分のペースを崩されることを嫌う人は向いていません。

サービス業に向いている人とは、周りの状況や相手の表情を常にチェックして、臨機応変に対応できる人が向いています。どんな事が起こっても、パニックにならず冷静に対応することが求められます。

10、そのサービスが好きな人

小売業なら、売っている商品が本当に人に勧めたい商品であるなど、自信を持てる商品を扱っている人の方がそのサービス業を続けやすいです。

また、ホテル業なら、ホテルマンという職に誇りを持っていたり、客室乗務員なら、客室乗務員になることが夢であったなど、その職自体に憧れていた人などは、嫌なことがあっても続けることができます。

なので、サービス業に就く際に、給料だけでなく、そのように思い入れのあるサービス業に就ける人が向いている人といえるでしょう。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ