正社員として働くメリット6つ

正社員のメリット
仕事の疑問

会社で働くに当たっては「正社員・契約社員・アルバイト・パート」など様々な雇用形態があります。

現代では自分の目標やライフスタイルに合わせた働き方が選べる様になっていますが、やはり「正社員になりたい」と希望する人が多くいます。

自由な雇用形態よりも正社員を希望する人が多いのは、以下の様なメリットがあるからです。

スポンサーリンク



1.雇用が安定している

多くの人が正社員として働きたいと思う理由として、雇用が安定しているというメリットがあります。
アルバイトやパートは「非正規雇用」であり、会社の経営状態次第で人数を増やしたり減らしたりできます。

一方、正社員は「正規雇用」ですので、会社と労使契約を結べば労働基準法が適用されますので、簡単に解雇することができないのです。

労働基準法では、会社は従業員を採用する時には、労働契約書や労働条件通知書などで「どの様な時に解雇になるのか」を書面で提示しなければなりません。
その場合でも「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には無効とする」という法律があるのです。

つまり、就業規則に反したことをしても即刻解雇になるとは限らないのです。

この他にも労働基準法では解雇通知を行う期間や、解雇が禁止されている期間などが定められていて、正社員は法律により余程の事情がない限りは雇用を守られているのです。

一度正社員として採用されたら、取りあえず普通に仕事をしていれば、まずある日突然仕事がなくなるという心配はありません。

雇用が確保されているということは収入も確保されているということで、毎日安心して生活を送ることができます。

2.ボーナスがある

正社員として働くメリットとして一番大きいのが、ボーナスがあるという点です。ボーナスとは、企業の業績が良い場合に社員に特別支給される報奨金のことです。

従来の日本企業では、夏と冬に2回ボーナスが支給されるのが一般的でした。

企業にとっては必ずボーナスを出さなければならない訳ではなく、最近では経営状態が良くない中小企業では、年に回だったり、金額が少ないこともあります。逆に時代の流れに乗って急成長した企業などは、年に3回ボーナスが出るということもあるのです。

しかしボーナスはあくまで正規雇用である正社員向けの報奨金ですので、アルバイトや派遣社員よりも貰える可能性は高くなります。

3.休日でも給与が保証されている

正社員の給与形態は、まず月給制と言って良いでしょう。

毎月決まった基本給が保証されているので、土日や祝日があっても、会社の営業日に出勤すれば規定通りの基本給がもらえます。

アルバイトや派遣社員は、時給制が多く働いた時間数分しか給与が貰えません。

休日が多ければそれだけ収入が減ることになり、夏休みを取ったりゴールデンウィークなどの連休が多いと貰える給与が減ってしまうのです。

しかも正社員には有給休暇という制度があります。会社が定める日数で営業日に休暇が取れて、しかもその分の給与が保証されています。

ただし、有給休暇がない、或いは使い果たしてしまい更に休暇を取ると、欠勤となり日割りにして給与から差し引かれる企業もあります。

4.昇給していける

多くの企業では、正社員を対象に年に1回、或いは勤務年数により昇給を行うところが多くなります。
昇給により基本給が上がれば、基本給を基準に算出される残業代やボーナスが増えるのです。

中には大きな成果を上げた正社員に対して臨時に昇給が行われることもあり、同時期に入社した正社員よりも給与が増える人もいます。

アルバイトや派遣社員でも雇用状態により昇給の可能性はあります。但し余程専門性が高い職種で、しかもその人材の能力が高く、他に確保できない様な状態でないと難しいと言えます。

5.雇用保険がある

正社員として採用されると、殆どの場合その企業が所属している社会保険と厚生年金に加入できます。社会保険と厚生年金の保険料は給与からの天引きですが、会社が半額を負担してくれるというメリットがあるのです。

しかも扶養家族がいる場合、その分の保険料も会社が折半して支払ってくれます。

非正規雇用の場合、自分で役所へ出向いて国民健康保険や国民年金の手続きを行わなければなりません。しかも全額負担ですので、毎月数万円の金額を支払う必要があり、家族が多い大きな負担になるのです。

6.社会的信用がある

最近では住宅ローンやカーローンなど、銀行に融資を受ける人も増えてきました。中にはクレジットカードやカードローンなどを申し込む人もいます。

各種クレジットやローンの審査を受ける際に、正社員であるというのはメリットになります。雇用が確保されていて毎月一定額の収入があるということは、それだけ返済能力があるということに繋がり、融資が認められ易いのです。

また、婚活を行う際にはフリーターよりも正社員の方が断然有利です。

正社員というだけでその人が信頼できるという証明にもなり、スムーズに婚活がし易くなります。

現在では正社員として就職するのは大変ですが、採用されると様々なメリットが得られます。これから就活するならば、まずは正社員狙いで行った方が良いでしょう。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ