他人の仕事の粗探しする人との付き合い方について

粗探し
人との接し方

仕事をすると、上司でも部下でも他人の仕事の粗探しをする人、いますよね。そんな人たちと仕事をするのは疲れる、一緒に仕事をしたくないと思う人も少なくないと思います。

しかし、粗探しをされるというのは、あなたが仕事をしている証拠。粗探しされるというプレッシャーに負けずに、自分の仕事をしっかりとこなすための3つの考え方を提案します。
スポンサーリンク



①粗探しされることを感謝しよう

粗探しをされるということは、上でも書いたように、仕事をしているという証拠です。なぜなら、仕事をしていない人に対して粗探しをする必要がないからです。

あなたが任された仕事をしっかりと遂行する中で、粗探しをされると面倒くさいなと思いますよね。

  • 「そんなこと言われてもしょうがない」
  • 「わかっているけど、どうしようもできない」

そのような場合もあると思います。

粗探しをされると、反射的に相手の粗探しをしようとすることもあると思いますが、それをやってしまうと、あなたも面倒くさい人の仲間入り。絶対にやってはいけません。そもそも粗探しというのは、足らない部分を指摘してくれているということを忘れてはいけません。その表現方法や伝え方によって、指摘なのか粗探しなのかというとらえ方になるのです。

 

ということは、あなた粗探しに対して感情的に受け止めず、相手の話している内容だけを機械的に理解することで、それは粗探しではなく、仕事の不足点を気付くきっかけになるのです。

会話というのは、話す努力と聞く努力が必要です。あなたが相手の話をどのように聞くかによって、捉え方が変わります。

相手がどのような意味で、あなたに対して粗探しをするのかはわかりませんが、あなたが捉え方を変えれば、それはあなたの仕事をより良くするためのアドバイスになるでしょう。

このように考えれば、粗探しをしてくる人に対して、苛立ちではなく感謝の気持ちをもたせてくれるのではないでしょうか?

②粗探ししかできない人かどうかを見極めよう

粗探しというのは、他人の欠点を探すこと、または、他人の欠点を探し出して悪口をいうことです。ここでは、悪口を言うことまでを含めた意味で使います。

では、あなたが粗探しをすると思っている人が本当に粗探しをしていますか?

悪口を言うということは、生産的ではありません。あなたは、相手が指摘してきたことを粗探しだと決めつけて捉えていませんか?

粗探しされたと思う場合は様々なパターンがありますが、多くは嫌味な言い方で不足点を指摘されたり、必要以上に不足点を追及されてる時に感じると思います。
ここでポイントは、その指摘された内容自体が生産的なものなのかどうかです。本当に粗探ししかできない人は、非生産的で、攻撃的な内容をあなたに話してきているはずです。

 

逆に言い方は嫌味っぽかったり、必要以上に追及されていると感じても、仕事にとって生産的な内容を話してきている人もいるはずです。

話し方は十人十色なので、あなたが思っている伝え方の常識は他人には通用しません。嫌味っぽくしか指摘をできない人もいるということを認識してみてください。

そうすることで、あなたのことを思って真摯に指摘をしてくれている人なのか、粗探しをする人のなのかをしっかりと見極めて付き合うことが大切でしょう。

③粗探しする人になり切って、自分の仕事を見つめてみよう

上記2つの内容から、粗探しをする人との付き合い方で大切なのは、自分の捉え方だということを書きました。人付き合いとは、結局あなたがどのような立場で付き合うかで変化が起こります。

感情ではなく、仕事を上手く遂行するための付き合いだと割り切れば、粗探しをする人たちは、大きな味方にもあるでしょう。

つまり、粗探しをする人たちの力を借りると、仕事がもっと上手く可能性があるわけです。その力を自分の物にするためにも、粗探しをする人たちときちんと付き合って、相手の考え方を学びましょう。

この仕事を遂行する上で、あの人ならこういうところで粗探しをしてくる、この人ならああいうところで粗探しをしてくるという予測が立つようになれば、そこを指摘されない計画を立てれます。

 

もちろん、非生産的な意見を取り入れる必要はありません。しかし、その非生産的な意見までも、クレーム内容の予測には取り入れることが出来ます。

粗探しをする人になりきって、あなたが任されている仕事を見ると、あなたの仕事を今よりももっと良いものなる可能性が十分にあります。

結論的には、粗探しは仕事をよくするという考え方を持って接することで、粗探しをする人たちへの感謝の気持ちを持つことをオススメします。

まずは、全ての話を受け入れる。その中で生産的な内容は積極的に取り入れて、非生産的な内容はクレーム対応の練習と思うこと。

粗探しをされて感情的にならず、相手の話している言葉の意味をしっかりと理解する。そうして、仕事を洗練させる。これが一番の付き合い方ではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントをどうぞ

ページの先頭へ