ダメ上司の特徴と付き合い方5選

ダメ上司
人との接し方 仕事の疑問

今回はどんな職場にも一人くらいはいるであろうダメ上司について考えてみます。

その特徴がわかれば付き合い方も見えてくるかもしれません。少しでもあなたが職場で楽に過ごせるように知っていきましょう。ということでダメ上司の5つの特徴についてこれから書いていきたいと思います

スポンサーリンク



1 仕事をしない

立場が上でもよく働く上司はみんなに尊敬されます。

しかしその逆で、上司だからと言って指示ばかり出してろくに仕事をしない上司はダメ上司と言えるでしょう。仕事をしているフリをしても大した事をしていないのは見ていてわかるものです。

ごまかしていると知った時は呆れてしまいますし、ごまかしもしない時は本当に手に負えないと諦めてしまいそうですね。こんなダメ上司に気に入られるにはやはり仕事ができることですが、あまりバリバリこなしてしまうとさらにダメになってしまいそうなので上手く甘えることも覚えましょう。

 

そして「やっぱりあなたに頼んで正解だった」「さすがです」という態度を見せてその気にさせ、上司の仕事欲をもう一度呼び起こしてあげるのです。誰しも長く勤めると慣れから手を抜いてしまうこともあるのでいきなり厳しい目で見ずに自分ができるところから始めてみましょう。

2 人によって態度を変える

上司に限ったことではないですが人によって態度を変えるのはダメな人間のやること。

尊敬すべき上司がそんな特徴を持っていたら悲しくなってしまいます。でも誰しも自分を評価する人間には良く見られたいと思いますし、年下や後輩には尊敬されたいとかっこつける一面もあるはず。

 

上司だって人間なのでそんな人間らしい可愛さもあって当然と思ってあげてください。上司が上司にヘコヘコしている時、自分はこんな風にしないであんな風に…などと反面教師にする材料としましょう。

 

また、それを見たくないなら見ないように仕事に集中したり席を外せばいいのです。もしかするとダメ上司と思っていた上司はみんなの評価や立場を良くしようと下げたくもない頭を下げてくれているのかも。

そんなことだって上司の仕事だと思えばありがたいことでもあります。部下にえばっている時は「もちろんすごいですよ!」とぐうの音も出ないほど褒めてあげれば相手もいい気分になり、その時間もいつもより早く過ぎ去るかもしれません。

3 責任をとらない

ダメ上司の特徴として、頼りにならないとか責任をとってくれないということがあります。

これは仕事をする上で非常にやりにくく不安にもなります。だからこそダメ上司などと呼ばれても仕方がないのではないでしょうか。もしこんな場面に遭遇したらまずは自分が試されていないか考えてみてください。部下を育て経験を積ませるためにはあえて手を貸さずに自分でやらせる上司もたくさんいます。

 

今その時ならそれだけ自分が可能性を伸ばしてきた証拠。前向きに考えてもう少し自分の力で頑張ってみましょう。それでも無理な時や非常事態であればやはり上司を頼るしかありません。

まず、上司の中には頼られることでやる気を出してくれる人もいます。そして自分を頼りにしれくれるかどうかも試しているということもあります。

 

だから頼るべき時はいつまでも無理せずに頼りましょう。それでも何もしてくれないなら同僚や他の先輩に相談して助けてもらうしかありませんし、それが続くようならみんなで会社に伝えて上司との話し合いの場を持つしかないでしょう。

4 褒めてくれない

人を伸ばせる人間は褒めるのも上手ですが、新人を褒める事ができないプライドの高すぎる上司はダメ上司でしょう。できる新人をいじめる上司もいます。

もし自分がその立場になってしまったら、自分の能力を自慢げに見せ付けていないか振り返ってみてください。周りに褒められた時に謙遜しているでしょうか?

 

周りの協力に感謝しているでしょうか?具体的に手を貸してくれなくても他の仕事の負担が来ないようにスムーズに仕事を進めてくれている同僚という目で見ればやはりありがたい存在なのです。

もし自分が傲慢な態度を少しでもとっていると感じたら態度を控えめにしてみることで上司の受け取り方も変化するかもしれません。

 

また、自分ではなく他の人が厳しい目で見られているならこっそりヒントをあげてみましょう。露骨に手伝ってしまうと相手のプライドも傷つき、上司も「やっぱり自分でできないんだ」と思ってしまいます。

5 イライラしている

妙にカリカリしている上司も好かれないと思いますがいちいち気にしないことです。

暑い日は誰だってイライラしますし、仕事がたまって忙しくなると冷たい受け答えになってしまったりもします。話しかけるタイミングを見計らったり上司のその時の感情を察してあげられる気遣いを持ちましょうね。

そうするとぶつかることも減り、自分も嫌な思いをしません。

そして上司もそれ以上イライラすることもなありません。気が利かないと思われると怒りがこちらに向いてしまうので避けるべき時もあるということを理解して仕事をするのは人間関係において大切なポイントです。

スポンサーリンク



ページの先頭へ