仕事がうまくいかないときの対処法きを伝授したいと思う

仕事がうまく行かない
仕事上での心の悩み

皆さん、お仕事は順調ですか?割合としては、大半の方が順調とはハッキリと言えない状態だと思います。人は誰もが平等ではなく、希望する職種に就きたくてもつけない人の方が多いのです。

また、人によって得意な分野や性格が違うので、その人に合った天職に就けているかどうかでも、仕事の順調さは大きく変わっていきます。

プロスポーツ選手のように、試合や練習中の事故による怪我で、順風満帆だった人生経路がアッという間に違う方向へ向いてしまう事もあり得ます。

一般の会社員等でも、仕事は順調だったが家庭内の問題、配偶者との離婚や親族の借金などにより、精神的ストレスが大きく仕事にも影響して、すべてを失ってしまうケースもあります。

個人の才能に合った職種に就けなかった場合や、せっかく順調な仕事に就けたとしても上記のように事故や事件によってすべてが狂ってしまう場合があるので、安定した将来が約束された人など、全体的に見ればほんの一握りでしょうね。

では、才能に合った仕事に就けなかった人、そもそも自分にどんな才能があるのかわからず適当な仕事に就いてしまった人、順調にいかなくなってしまった人は、諦めて耐えるしかないのでしょうか?

スポンサーリンク



【必死に耐えながら努力し、泣きながら対処法を探り続ける】

仕事がうまくいかなくなってしまったら、必死に耐えて頑張るしかありません。優秀な方なら、すぐに対処法を自分で見出して解決する事もできるでしょうが、

それができるような人ならば、そもそも仕事がうまくいかないときの方が少ないでしょうね。

仕事がうまくいかなくても、諦めてはダメだと思います。とにかく必死に泣きながらでも対処法を探り続けるしかないでしょう。同僚や上司に相談したり、会社内の関係でそれがやりにくい人は、家族や友人に相談するのが良いでしょう。

「そんな簡単な問題じゃない!」

というように、深刻過ぎる問題を抱えた場合は、プライドを少し緩めて『心療内科』で診察を受ける事をオススメします。

医者やカウンセラーに話を聞いてもらってアドバイスを受け、それによって社会復帰できた人も大勢います。

それ以上に深刻であれば、『心療内科』で専用の薬が処方されるでしょう。

『精神面』が原因なのか、『脳神経』に異常が発生したのか、は個人の症状によって違ってきますが、それに合った薬を処方されるので大丈夫です。

飲み薬なので手軽に服薬できますし、私の周りの経験者の話では、頭がスッキリして飲む前よりも仕事がうまくいくようになったそうです。

もちろん薬の副作用や体質によって、薬が合わない人も少人数ではありますが実際にいるようです。そういった方は、違う種類の薬を試したり、思い切って転職して環境を改善したり、カウンセリングを継続して行う等、仕事がうまくいくように様々な対処法を試していく必要があります。

仕事をしなければ人は食べていく事ができませんからね。

「そこまで深刻な問題じゃないけど、仕事がうまくいかないときが多いから、何とかしたい」

といったようなレベルの問題であれば、僕が試した対処法を以下に記しますので、よろしければ試してみると良いかと。

【とにかく限界近くまで努力する!それでダメなら転職する!】

僕の対処法は、ひたすら努力する事です。他人と自分とは違う人種だと思い込んで、他人が普通にできる事でも、自分は苦手だと感じたなら、もう国家試験でも受けるかのように練習する必要があります。

電話での営業トークでしたら、ノートにあらゆる場合の対処法を書いて書いて書きまくり、どのような質問をされても対処できるようにしておきます。

不器用な方でしたら、それでも対処できない場合があるので、そういった場面に遭遇したら、その問題をノートに書き、こうすれば良かった!というような対処法をたくさん考えて書きます。

その中でベストと思える対処法を数点ピックアップし、同僚や上司にこの対処法で良いかどうかを尋ねます。そこでアドバイスされた内容も、落ち着いたらノートに書き出します。

アドバイスされたその場でノートに書きまくると、上司たちにも時間を取らせてしまうので、簡単なメモに書いておいて、後でノートに編集して書き出すのが良いでしょう。

書き出したノートの内容は、仕事が終わり家に帰って落ち着いたら、ひたすら復習しましょう。

「え?家に帰っても仕事をしているのと一緒で辛くない?」

と思われるかもしれませんが、仕事で困難にぶち当たった場合、優秀でない方の場合はそこまで努力する必要があるのです。

「そんな毎日は辛すぎる!家族の相手もできなくなるし、仕事ばかり考えていられないよ!」

といった方は、何とかそのままの状態で耐え続けて問題が解決すれば万事OK。

しかし、状況がどんどん悪化して我慢の限界を超えてしまったら・・・やむを得ないので思い切って転職してみましょう。

仕事でのストレス過多により、大事な家族にもストレスをぶつけてしまうようになり、家庭すらも失ってしまう可能性があります。

そうなるよりかは、思い切って転職するのも手ではあります。ただし、そのようなエスケープ転職をする人の場合、生涯年収は転職前よりも大幅に下がるのは覚悟しておいてください。

多大な借金やローンがあったり、子どもを大学まで行かせてやりたい場合は、辛くても転職を思いとどまった方が良いかもしれません。

もしくは、現在の企業と同等の給料やボーナスが貰える企業を必死に探して転職を成功させるしかありませんね。

【仕事がうまくいかないときの対処法は、よほどの困難でない限りは努力するしかない】

結論としては、「精神が崩壊してしまう!」「ストレスで病気になってしまった!」といったように、大きな被害に遭う可能性が高い場合以外は、努力で突破するしかない!という事です。

他人と自分は能力が違うので、他人が軽い感じで仕事を器用にこなしていようと、自分がそれをできないのであれば、割り切って対処していくしかないです。

その人の3倍練習すれば、同じような成果が残せる可能性が高いです。

「何かそれって不公平じゃない?」

と不満に思うかもしれませんが、何度も言うように自分と他人とでは能力が違います。才能の有る無しによっても、努力する時間は大幅に変化してしまうので、割り切って頑張るしかないのです。

もし、どんなに努力してもダメであったなら、自分には向いていない!と割り切った方が良いです。
勇気を出して部署異動するか、違う支社に転勤届を提出するか、最終手段として転職をするかを実行して、自分に合った本当の天職を見つけに行きましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ