人に流されやすい人のデメリットと解決策

性格の悩み

ついついだれかの意見に流されてしまって自分の考えとは違う行動を取ってしまう人やひどい場合だとそうしないと行動できないといったいわゆる「流されやすい人」というのは私たちが思っている以上に多く存在しています。

それは日本独特の同調圧力とも似たようなもので、人の意見に流されやすいことは日本人の国民性といっても過言ではありません。かくいう私も以前まではその一人でどうしても人の意見に流されやすかったです。

それはなぜか?と考えたときに

  • 誰かに合わせたほうが楽
  • 自分を貫くのは今の社会では心が疲れる
  • 別の意見を言って人間関係で波風を立てたくない

というような保守的な気持ちがあったことで人の意見にずるずると流されて

「あの時こうしていれば…」

と後悔するということを繰り返していました。結局誰かに流されるのはそれでなにかしらの失敗や後悔をしたときにその相手のせいにできるからなんですよね。自分で決めると自分だけの責任になってしまうから。だから私は今まで人の流されて生きてきたんだと思います。

そうやってはっきり言ってしまえば逃げてきた人生なんですからそりゃうまくいかないもので、大事な場面であるほど誰かの意見に同調して言ってしまえば同調する相手を盾にして行動して失敗しても相手のせいだと思い込んで気持ちをごまかして結局同じことの繰り返しで…

それに気づくことができたからこそ、今は後悔のない人生を歩めるように日々努力をしています。今回はそんな人の流されてしまうことで悩んでいる方もいると思い、流されてしまうことのデメリットや解決策などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



人の流され続けると自分がなくなる

人の流され続けていると自分がなくなります。どういうことかというと常にだれかの考えや行動などを真似して生きてきたため自分らしい考えや行動ができなくなるのです。

 

なにをしてもだれかの真似では人としての魅力がなくなってしまいます。人はそれぞれ個性を持っているからこそ輝いて見えるものであり、自分を持てないということはそれだけ魅力のない人間に見られてしまうということです。

それだけではなく、自分から動くということもできなくなりいわゆる「指示待ち人間」となってしまいます。自分から動けないということはチャレンジや何かを自分で工夫すること、生み出すことができないということです。

そういった日々を繰り返しているとふと自分はなんのために生きているのか?と疑問に感じるようになります。自分がなんとなくやっていることもなんとなく過ごしていることもほとんどはだれかの真似でそれが自分にとって好きなことなのかどうかもわからなくなってしまうのです。

私も一時期こういった気持ちになり、とても辛い思いをしました。自分はどうしたいのか?何を考えているのか?が自分なのによくわからなくなってしまうんです。

 

人に流されやすいということは自分が傷つきたくないという気持ちがあるからだと私は思います。そういった心の弱さをごまかすために誰かを盾にする必要があるんです。ですがその結果が上記のような結果になってしまうんです。

 

もちろん誰かに流されることで今まで自分が知らなかった世界を知ることができたり新たな趣味を見つけることができたなどなどデメリットばかりではないのですが、何でもかんでも流されてしまうとデメリットしかなくなります。

それを踏まえての解決策

  • 自分はこうしたい
  • 自分はこうでありたい

そういった具体的なことを考えるのは今まで流され続けてきた人にとっては難しいことだと思います。私がそこから抜け出すために一番最初に行ったことはYESかNOかということです。どういうことかというと上記のように具体的な事を考えるのが難しくとも

  • YES
  • NO

の二択ならば自分で考えることが簡単だからです。ですが考えるのは簡単でもそれを口に出さないと意味がありません。そこは勇気を振り絞るしかないのですが自分がYESならYESと決めた時ははっきり言うようにしましょう。

例えば遊びの誘いがあったとします。

流されやすい人は本当は嫌なのにどうしても断れずにいいよと言ってしまうものです。そうなるとどうでしょう。遊ぶと決まっているその日まで憂鬱になってしまいませんか?

私の場合は本当に憂鬱で仕方なかったです。そしてそんな気分で遊んでも正直楽しくないんですよね。

だからこそ私は誘われて少しでも悩むようであればきっぱりと断るようにしています。断ることができるようになってからは自分が遊びたいと思っている時に遊べるのでとても気持ちが楽になりました。

友人には

「気分がどうしても乗らない時があるから、そういう時は断ってしまうけども、そっちもそういう気持ちの時があるならはっきり断って欲しい。お互い遊びたいって気持ちが一致するときに遊ぼう」

と伝えたことで理解もしてもらえました。

このようにYESかNOだけでも自分の意思をしっかり伝えるだけでもすこしずつ流されやすいという呪縛の様なものから抜け出すことが可能です。

言葉に出すことは勇気がいることですし、相手をもしかしたら傷つけてしまうのではないか?と勘ぐってしまうものですがそのおおきな一歩を踏み出すことができればきっと流されやすい問題も解決の方向に向かうはずです。

最後に

自分の意見を言うということはわがままとは違います。決して相手に合わせて流されるままに穏便に事を運ぶことがいいことだとは限りません。

これを勘違いしている人が大人の方に多いのですがそれはただ自分が楽をしたいがために流されているだけです。

自分らしさや個性をしっかりもってときには流されときには自分を出してとうまく工夫することによって人生はもっと楽しいものになるはずですよ。

最後に流されやすいということはいいことではないと思うような漫画のセリフを紹介したいと思います

漫画カイジにて

以下引用

苦しく難しい決断になると、自分で決めない…そうやって流され流され生きてきた…その弱さがこの土壇場で出た…この結果は言うならば必然…これまでのオレの人生のツケ…!

どう感じたでしょうか?こういった気持ちにならないように今からでもすこしずつ改善していきましょう。

スポンサーリンク



ページの先頭へ