意外と簡単な仕事の目標の見つけ方

仕事 目標
仕事の疑問

仕事で目標がない…と悩んでいる方はとても多いのではないでしょうか?

やり甲斐のあるお仕事であれば、仕事をしていても楽しく、そんなことで悩む暇もないというケースも多いと思います。

しかし、目標もなく、やり甲斐もない、という場合にはどんどん仕事に対してのモチベーションも下がっていってしまいます。

こうなると、仕事に慣れるにつれて、作業がマンネリ化してしまい、毎日が面白くなくなってしまいます。

一日の大半を仕事に当てているので、しっかりとした目標がなければ、やはり有意義な時間を過ごすことが出来ず、もったいないと言えるでしょう。

誰しもが仕事を始めた初期の頃は、うきうきとしていて、高い目標を抱えていたはずなのです。

そこで、もう一度仕事に就いたときの時期の自分自身を思い出すためにも、仕事で目標を見つけるための方法について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク



■自分が今抱いている願望を目標へと変えてみることが必要

まず、仕事で目標をと考えると難しく考えてしまいがちとなってしまいます。そこで、今自分が持っている願望などを具体的にメモなどにとってみましょう。

誰しもが願望を抱えているものですが、どんな小さなものでも良いと言えます。
たとえば、年収1000万稼ぎたいという願望や、貯蓄を増やしたいという願望を持っている方も居ます。具体的にマイ

ホームを持ちたいだとか、財産を築きたいというビックな夢を持ってみても良いでしょう。

また、老後の生活のための貯蓄をしたいという願望でも良いと言えます。

憧れの上司のようになりたいだとか、尊敬される人物になりたいという願望を持っている方もいらっしゃると思います。

願望というのは一種の望みであり、必ずかなうというものではありませんが、それを目標にへと設定してみることによって、実現をしようと努力することが出来ると言えます。また、願望というのは誰しも持っているので、思いつきやすいと言えます。それらの願望を目標へと変えてみることで、実は簡単に、目標が設定することができたりします。

今現在、具体的な目標が思いつかない…という場合には、自分の願望をまずは思い浮かべてみて、それをかなえるためには、どうすればいいのかを考えて見るようにしましょう。そうすることで、簡単に目標が見つかり、仕事にもやる気やモチベーションが沸いてくることもあるはずです。

■さまざまな情報を得ることが必要

たとえば、情報を…仕入れることが出来なかったり、情報があまり分からないと、目標設定をしても、その目標設定の幅が非常に狭まってしまいます。また、今後の視野も狭まってしまうと言えるでしょう。

あるいは、その仕事について、詳しいことを知らなかった場合には、将来のビジョンを描くことが出来ませんし、さらには、目標とするものも見つかりにくくなります。

 

まずは、業界で働いている人や、上司や先輩など、色々な人の話を聞いて、情報収集をしてみることも大切なことです。

また、同じ業界で、同じ仕事をしている人が、どのようなことをモチベーションとして頑張り続けているのかということなどを研究してみると良いでしょう。

自分自身がその仕事をしながら、具体的にどのようにステップアップしていくことが出来るのか、またキャリアアップをした方で、どのような人材がいるのかなども調べてみると良いでしょう。

今は、インターネットなどでもそうですが、ブログやそれらの記事などからもたくさんの情報をいつでもどこでも仕入れることが出来ます。

 

また、それに関する色々な書籍なども探して読んでみるということも大切なことです。

さまざまな情報を仕入れて、アンテナを広げていくと、目標が見つかったり、自分がどうなっていきたいのかということを漠然とですが、思い浮かべることが出来るようになったりしますし、ヒントを得ることが出来たりします。

こうすることで、ロールモデルを得ることが出来たりします。

目標とする人を設定したり、目標とする人を見つけることが出来ることによって、達成する道というものが自然と見えてきて、目標が立てやすくなります。

■目標は具体的に数値などで設定する

漠然とした目標が見つかったのであれば、それをなるべく具体化するということが大事であると言えるでしょう。目標が見つかったのであれば、それらを数値化して、どのように目指していくのかを考えることで、新たな道が見つかると言えます。

漠然と目標を抱えていても、結局すぐに忘れてしまったり、またモチベーションがあがらないまま、だらだらと仕事をしてしまいがちです。

 

そこで、目標を設定したのであれば、具体的な数値を設定するようにしましょう。

目標を数値で設定することで、未達成かどうかを、自分で判断をすることが出来るようになりますし、具体的にいつまでにどうするのかなど、期日も決めることが出来ます。

具体的なイメージを持つことによって、達成することが出来る確率もアップすると言えるでしょう。

このように、具体的に数値化することによって、より目標らしく掲げることが出来ると言えるでしょう。

■目標を達成した場合のご褒美を用意しておこう

ご褒美を自分に設定しておくことによって、目標を達成した場合の、喜びは増すと言えるでしょう。またモチベー

ションを高めることが出来ますし、早く達成したいという一つの希望が見えてきます。
ご褒美が自分にあるとなると、頑張りたくもなりますし、次もまた頑張りたいという気持ちになると言えます。

ご褒美は簡単なものでもいいので、設定しておくと良いでしょう。

 

たとえば、目標が達成できた場合には、高い洋服や、ほしかったものを購入するというご褒美を用意しておくなども良いですし、また温泉旅行や、旅行を用意しておくのも良いでしょう。

お取り寄せで高級食材を頼んだり、友達と豪華ディナーを計画しても良いかもしれません。

ご褒美を用意することで、自分にも励みになりますし、目標を達成する過程で辛いことがあったとしても、乗り越えられる可能性も高まります。

また、普段からの仕事も、さらに頑張ろうと気合いが入ったりすることも多いです。
スポンサーリンク



ページの先頭へ